「ほっ」と。キャンペーン

創作意欲の源は

「人間の現実社会は、他者の群れのなかに、
なんとか多数派である自分の姿を見つけようとするゲームだ」
   ----- ジャック・ラカン
       (フランス人、精神科・哲学者、1901年4月13生まれ)


熊本地震で被害に遭われた方々に、心よりお見舞いを申し上げます。
まだ余震がしばらく続く見込みということですが、
避難されておられる方々が、どうか一日でも早くご自宅に、そして日常に戻られますように。

災害が起こった時、何もできないのに気持ちばかりが逸るのは、もう何度経験したことか。
今はまだ現地でも、寄付や救援物資を受け取るルートは確立されていないでしょうから、
取り急ぎ、Yahoo!募金に心ばかりの寄付をして、追ってまた、何かを探したいと思っております。

Yahoo! JAPANによるマッチング寄付で、寄付額が倍になります。
ありがたいことです。

【あなたの寄付が2倍】熊本地震災害緊急支援募金

* * * * *

【レストラン】

IMG_3215

お嬢が帰省していた時、どこか行きたいお店はある?と聞いたら、真っ先に答えたのが、サンフランシスコの老舗ヴィーガンレストラン、Millennium
昨年4月末日をもってSFの店舗を閉じ、夏から心機一転、オークランドの新店舗で営業してるのね。

私達はまだ行ったことがなかったんだけど、Sarahさんご夫妻から、新しいお店もすごく良いよ、と聞いていて。
よっしゃ、行ってみるか、と予約して、いそいそと訪問だ。
お嬢が会いたがっていたので、Sarahさんご夫妻も拉致お誘いした。

この日、Sarahさん旦那様もうちの旦那も、国外出張からの帰宅翌日。
時差ボケは、体調はダイジョブですか、と、ちみっとはらはらしながらのディナーでありました。




IMG_3216

IMG_3218

前のお店はホテルの一階だっただけあって、クラシックな雰囲気だったけど、新しいお店はかなり今風な。
店内は人でいっぱいで、どこに座れるんだろ、と思ったら、案内されたのは、お店のずっと奥にあるテラス風のスペース。
まだまだ肌寒い夜だったので、早速テーブル傍のヒーターを点けてもらったよ。
寒さは別として、ここもとっても素敵だね。


IMG_3219

さてさて、皆でメニューを覗き込み。
SFの時と同じメニューもあるけれど、ちゃんと季節の新メニューもあって、迷います。

前に来た時はメインから多めに注文したら、ちょーお腹いっぱいで食べ切れなかったので。
今度はアラカルトを多めにしよう、となって、各自食べたいものをオーダーだ。


     IMG_3227

まずはドリンクで乾杯から。
21歳になったお嬢、カリフォルニアでも堂々とアルコールが飲めるようになった、
のは良いんだけど、キミがPear Cinnamon Sidecarで、母ちゃんがKombuchaというのは、なんか解せない気もするのは、きっと親心。(違)


IMG_3229

突き出しは、お馴染みのカントリーブレッド&自家製スプレッド。
今回はにんじんとひよこ豆のペーストだそうだけど、これまた旨くて大人気。


IMG_3234

前菜メニュー、一気に3皿運んできてくれた。
まずは、Edamame Griddle Cakes
枝豆のお焼き(おい)に、枝豆とわさびのアイオリソースをかけたもの。
グリルした舞茸、蕪の葉のキムチ、Pea shootsとジンジャーのハーブサラダ、柚子胡椒風味。

お焼きはもっちりとボリュームがあって熱々で、すごく気に入った。
ピリ辛サラダ、ジンジャーとハーブのサラダなど、辛さやスパイス、甘味など、あれこれ楽しめる豪華な一皿になっている。


IMG_3244

2皿目は、Sesame & Arborio Crusted King Trumpet Mushroom
Arborioって、お米の? 胡麻と米粉の衣のフライとか?
レモン・グリーン・アイオリソースに、キャベツ&にんじんサラダ添え。

揚げたてが香ばしくて、美味しいよー。
衣が心持ち固めだったけど、エリンギのくにゅくにゅ食感と一緒だと、悪くない。


IMG_3242

3皿目は、House Made Gnocchi
Farroとポテトとアーモンド”リコッタ”で作られたニョッキに、アーティチョークのピューレ。
Fava greensとアスパラ、そして、スモークしたオリーブのタプナード添え。

全然ニョッキっぽくなくて、良い意味で裏切られたメニュー。
材料を見て、納得だ。むちっ・もちっとしてて、美味ー。
季節をちょっと先取りのアスパラとファバグリーンも、嬉しかったなあ。
そら豆の葉っぱ、大好きなの。

スターターメニューはここまでで、次はメインから3皿ね。


IMG_3246

メインの1皿目、Cornmeal Crusted Cauliflower
カリフラワーのコーンミールのフライがどーんとあって、下にはかぼちゃにコラード、カリフラワーなどのソテー。
パンプキン・ポレンタは、リークとカリフワラーのカシューナッツ・ベシャメルソース和え。
スモークされたBlack eyed peaのレリッシュに、タバスコシロップだって。ふへー。

個別のフライかと思ったら、カリフラワー1/4個分ぐらいの丸ごとフライだった。デカいです。
ちょっとチーズっぽい風味で、口の中にさわることないザクザク食感が快い。
ポレンタはあっさり味付けで、しっかりめの味の揚げ物やソテーに添えるには、これぐらいで良いのかも。


IMG_3247

メイン2皿目はインド風、Yukon Gold Potato Uttapam
ポテトで作ったUttapamに、ローストしたにんじん、フェンネル、豆腐のPaneer。
フェンネルとマスタードシードのサラダが上に乗って、下にはココナッツのKormaペーストがたっぷりと。
梨の甘辛チャツネがペアリング。

インドのお好み焼き(え)・Uttapamは、ポテトが材料なだけにもっちりと。
甘さ、辛さ、酸っぱさの3つが同時に楽しめる一皿で、楽しいったら。
梨の食感も加わって、これもまたバラエティに富んだ料理だね。


IMG_3248

メイン3皿目、そしてお料理の最後は、Celery Root-Potate Rosti
ボリュームのあるセロリルート&ポテトのレシュティ。
その下に、スモークされたポータベロとヘッジホッグマシュルーム、Runner beans、ロマネスコ。
ケイパー・ハーブサラダ、Candy Cap bourguignon、ホースラディッシュ・クリーム添え。

ポテトの下のポータベロ、スモーキーフレーバーが美味で、気に入った。
ホースラディッシュのアクセントがほのかに効いたソースも、グッドだよ。
味が濃いのに、しょっぱくなくて、後味すっきりな一皿。
豆やロマネスコなど、食材の種類がハンパじゃなくて飽きないね。


締めのデザートも、Millenniumなら頼みたい。
つーことで、2品注文。


IMG_3264


グラスに贅沢に盛られているのは、Biondie Fudge Sundae
チョコレートモルトとバニラのアイスクリームの上に、ダークチョコレートのファッジがどん、とね。
ローストしたペカンナッツをのせて、ホワイトチョコレートソースがかかってる。

濃厚そうなのに、ほろ苦さがほのかにあって、美味しいの。
大人のチョコレートデザート、って感じだね。


IMG_3268

華やかな一皿、Chocolate Ganache Tartlet
ココアペーストのパートシュクレに、カシス・ガナッシュを詰めて、チョコレートニブのBarkとピーナッツバターのムースがのせられて。
ピーナッツ・ブリトルと、カラント&チョコレートシロップのデコレーション。

ダークチョコにほんのりカシスの甘酸っぱさが感じられ。
ピーナッツバタームースとの味の違いも楽しめて、これまた、どこを食べても楽しめるデザートだったこと。


     IMG_3224

相変わらず、使われている野菜の種類の豊富さや、目を瞠る素材の組み合わせに、脱帽の連続。
勿論、目新しいものを使えばいいってもんじゃないけれど、こちらのお店の場合は、そのほとんどが成功していると思うんだ。

相変わらず料理下手な私だけど、こういうお料理をいただいた後は、あれこれ作ってみたくて仕方がない。
こういう風に使っても美味しいんだ!と何度も教えてもらった、素敵なディナーでありました。
あー、また特別な時に来たいなあ。
もしくは、料理への意欲が沸かなくて、何か刺激が欲しい時とかね。(それは日常)


ところで、カリフォルニアで初めて、外で堂々とお酒を飲んだお嬢。
お店のお姉さんが、旦那達からドリンクのお代わりオーダーを聞いている時、
アンタはいいの? と私が聞いたら、うん、一杯でいいや、と答えていた、正にその時、
お姉さんがお嬢に、何かいりますか?と声をかけた。
その瞬間、
「あ、じゃあ、えーと、このドリンクを」
と頼みやがったのを、私達は目撃した。
舌の根も乾かぬうちに、という言葉の見本のようなシーンであったなあ。(遠い目)

いくらヒーターがそばにあるとはいえ、温め範囲に限界があったテラス席。
このディナーの後で、Sarahさん旦那様がここ数年で最悪という風邪を召されたことに、ヒジョーに罪悪感を感じたのでありました。
すみませんすみませんすみません……!!


Millennium
5912 College Avenue
Oakland, CA 94618
[PR]
by senrufan | 2016-04-14 13:47 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/25666906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kako_usa at 2016-04-16 04:33
Miyukiさん、こんにちは~。
お久しぶりです^-^

凄く凄く美味しそう♪
もうお野菜が喜んでいるというか、
誇り高くお皿の上でポーズを取っているかのようです。
こういうのを見ると、色々お野菜プレートを作りたくなりますね~
創作意欲が沸くと言いますか、日本食のような味付けではない、
何か他のものを作りたい!とファーマーズに足が向きます(笑)
ブログ記事、いっぱい参考にさせて頂きます☆

こちらはやっと春らしいお天気になってきましたよ~
Commented by Miyuki at 2016-04-16 14:53 x
*kakoさん
こんにちはー!
そうでした、こちらではお久しぶりですね~。

ね、美味しそうでしょ? んでもって、実際美味しいんですよ♪
そう、こおゆうお料理に接すると、あれこれ試したくなりますよね~。
これからますますマーケットが楽しくなってくる季節ですし。

冬の間が大変な分、どうぞ春を心ゆくまでエンジョイしてくださいね!
こちらもだいぶ暖かくなってきて、また旱魃を心配するようになりました……もっと雨を!
Commented by kako_usa at 2016-04-29 03:30
Miyukiさん、こんにちは~。

我慢できなくて、こちらのレストランのレシピ本
The Millennium Cookbook を買ってしまいました!!!!!(笑)
レシピの量はたくさんありますが、
写真がないのであの美しいプレーティングは
再現出来ませんが、食べられると思うと嬉しいです♡
他にもMiyukiさんオススメのレストランがあれば
是非是非教えて下さい!!!!!(気合)
Commented by Miyuki at 2016-04-29 11:13 x
*kakoさん
えーっ、買われたんですか!? つか、本が出ていたんですか、知らなかったー!!(そこかよ)
こちらのレシピ本は写真が少ないのが悩みどころですよねえ。
でもきっとkakoさんのセンスなら実物より美しく盛り付けられそうだわ♪
私が好きでレシピ本が欲しくなってるのが、Azizaというサンフランシスコのモロッコレストランでございます。また行きたい……
http://www.amazon.com/Mourad-New-Moroccan-Lahlou/dp/1579654290/ref=la_B004WABYQS_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1461895852&sr=1-1
Commented by kako_usa at 2016-04-30 00:32
Miyukiさん、オススメ本ありがとうございます♪
パッと見、あらっ?間違えた?!って思う表紙ですね。料理本とはちょっと違う雰囲気にビックリしました(笑)
モロッコ料理、私もSFでお友達に誘われて行った事があります。しかも入る直前で地域一帯が停電になってキャンドルを灯してお料理を頂いたという思い出深いものです。ただ、食べたのはそれが最後なので、また食べてみたいなぁ~と思っています。
モロッコ料理も奥が深そうですね。。。

本ですが、2冊出ているようですよ。
私が買ったのは古い方のです。
レシピ数が多いので、見るのが大変です~

これから、Miyukiさんのジューサーの記事を読み返そうと思っています。
子育て(小学校編)のところも読みたいんです。最近、結構悩んでいます。助けてえ~~~~~!!
Commented by Miyuki at 2016-04-30 08:48 x
*kakoさん
ですよね、私も最初見た時、あ、自伝はいらないので、とスルーしそうになりました。なんて失礼な。
モロッコ料理、大好きです~。と言いつつ、中近東や地中海との区別がついてないアホですが。
要はあの辺りのお料理は、どれでも美味しく感じられる体質のようでございます。

ジューサー、私が書いたのは随分前なので、今では事情も変わってきているでしょうし、もっともっと良いジューサーも沢山出ていますよね。
あー、昔はそうだったのね、ぐらいで考えていただければ。
子育てについては、さらにもっと限定的に考えていただければ! お嬢様については、kakoさんが世界の誰よりわかってらっしゃいますよ。絶対大丈夫です!!


<< 最終地点は見えねども 癒しと清めの水の下 >>