棚から小判

晴天にふさわしく、友人2人から、それぞれとても嬉しい物をもらった日。

b0059565_6281152.jpg

なんとも懐かしい栄太郎飴。ザラメと水飴で作ってある、江戸時代から続く味。ああ砂糖って、お菓子って、原点はこういう甘さなのだよなあと思ってしまう。
昔は当たり前のように食べていたので疑問に思わなかったのだが、今頃梅ぼし飴という名前が目に付いた。調べてみたら、あの紅い色と三角の形が梅干を連想させるから、ということらしい。
帰ってきたお嬢@酸っぱいもの命が缶にある名前を見て、大層期待して口に放り込んだ。一瞬後にがっくりとした顔になったのは言うまでもない。

b0059565_6314142.jpgb0059565_6355667.jpg


お嬢を迎えに行く為に家を出る時、玄関にさらに嬉しい物を発見。なんと自家製の青紫蘇の鉢。昨日、友人が庭で育てていると聞いて、思わずねだってしまったのを、昨日の今日でもう持ってきてくれたもの。感動のあまり、しばし玄関にたたずむ私を、ただリスだけが見ていた。

うちは一家そろって紫蘇好きなので、ほとんどスペースのない庭で何かを育てるとしたら、のリストのトップにあがっていたのだけど、残念ながらナーサリーで種や苗を発見できないままで。
降って沸いた幸運の印、さてどうやって育てるか。ネットで調べ、別な友人に電話してアドバイスをもらい、どきどきしながら庭に植え替える。なぜか手がける植物は長生きできないという恐ろしい特技を持つ自分、実は触るのも怖かったりして。植えた後、しばらく苗の前で両手を合わせてしまったり。
どうかどうか、天ぷらにできるぐらい大きな葉がなってくれますように。(念)



紫蘇をくれた友人に電話をしたら残念ながら留守だったので、取り急ぎお礼のメールを出す。きっとドアベルも押してくれたはずなのに、どうして家にいて気づかなかったのか。(悔)
彼女から返事が来て、書いてあることには、

 「NHKの集金を装ったのがいけなかったかも」

本能が避けたのか。
[PR]
by senrufan | 2005-04-19 06:27 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/2559387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by みほ at 2005-04-22 00:32 x
抹茶もなかった!?>栄太郎飴
Commented by Miyuki at 2005-04-22 01:12 x
あったあった、抹茶と紅茶でトリオだったよね!
Commented by pannaGO at 2005-04-22 12:14
懐かしいのう、、、まだ売ってるんだねっ♪うれぴい。
Commented by Miyuki at 2005-04-22 13:05 x
ねー、ロングセラーって嬉しいね♪ 大好物というわけではないんだけど(笑)


<< 笑う門には福来る 芯にあるもの >>