こんな私は美しい

「子どもたちよ 子ども時代を しっかりと たのしんで ください。
 おとなになってから 老人に なってから
 あなたを 支えてくれるのは 子ども時代の『あなた』です」
   ----- 石井桃子
       (日本人、児童文学作家・翻訳家、1907年3月10生まれ)


2011年3月11日から、5年が過ぎました。
忘れてはいけない、と思う方。
忘れたい、と思う方。
それぞれの消化の仕方があること、それはそれで良いと思うのです。

激するわけではなく、泣いて落ち込むわけではなく。
ささやかでも、できること。
そんな風に続けてきた、震災復興支援の為の小さなグループ、Bay Area HEARTもまた、
第5回目となるチャリティーセールを開催いたします。

開催日 : 2016年5月14日(土)
開催場所 : Santa Clara Valley Japanese Christian Church
        40 Union Ave., Campbell, CA 95008


つきましては、フード&クラフトを出品してくださる方を、絶賛募集中でございます。
勿論、当日のボランティアをお願いできる方も同様に。
以下のFacebookページから、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

Bay Area HEART

* * * * *

【レストラン】

IMG_3121

Rさんとの2月の夜デートも、Palo Altoのダウンタウン。
雨が降りしきる中、探し当てたお店は、え、オフィス?みたいなクールな外観でありました。
写真が最悪の出来だったので、お見せできないのが残念です……(阿呆)
yelpの写真をお楽しみくださいませ、しくしくうううぅぅ

ということは置いといて。
お店のオサレな外観、California & Japanese Cuisineという謳い文句から、想像していた雰囲気と料理、そのままの体験だったよ、という話。




IMG_3122

重たいドアを開けたら、非常にナイスに傘を預かっていただいて、席にご案内。
広い店内は、バーコーナーも彼方にあり。
壁に飾られた折鶴モチーフに、和食への愛とリスペクト。(思い込みだって)
オープンキッチンがゆったりしてて、いいなあ、あんなところで料理してみたい。


IMG_3126

まずはドリンクを頼んで、2人でメニューを眺めるよ。
材料だけが書かれたメニューも、今では珍しくなくなった。
前菜・主菜みたいに分けられてなくて、最低でも$11。
しし唐があったり、ポン酢の表示があったりと、確かに和のテイストが見え隠れ。

材料から、こんな感じかな?と予想して、数品オーダーしてみたよ。
良い意味で、その予想を裏切ってくれるといいのだが。


     IMG_3127

目の前のお皿、もしかして、と思って裏を見たら、やっぱりHasami Porcelain
見かける頻度が高くなってきたベイエリア。


IMG_3129

突き出しはパンではなくて、Rotiがサーブされたのが嬉しいね。
シラントロやパセリ、ガーリックなどが入ってるとのことで、ピリッとスパイシーな味わいだ。


IMG_3132

一品目は、お店の方から人気メニューと勧められた、Wood-Grilled Avocado
グリルしたアボカド、ポン酢とわさび添え。

これだけ?というのが、最初の印象で。
食べてみて、やっぱり、これだけ?というのが感想なり。
これに$14かあ……家でも十分作れるよね……
いやいやまさか、せめて新鮮な生わさびなんじゃないの? それぐらいはしてくれないと、
と、2人で批判です。


IMG_3144

Eggplantは、2種類の茄子を使用。
丸い方のナスが、一見いちじくかと思った、とRさん。

グリルしたしし唐が上にのっていて、メニューにはPearl Onionとも書いてあったけど、見当たらなかったような。
絵のように描かれたソースは、トマトとナスのピューレの2種類ね。

甘味と香ばしさが増して、美味しいグリル野菜。
ソースがいらないぐらい、そのままでも十分だったので、ソースの感想は特になし。すまぬ。


IMG_3135

これもお店の方お勧め、Fried Chicken Thigh
メニューにウニと書いてあったので、怖いもの見たさでオーダー。

まずチキンは叩いて柔らかくして、Green Curryの下味でフライ。
スパイシーで濃い味だけど、美味しいよ。

で、黄色いソース2種類のうち、半透明な方は卵黄そのもので、
もう一方がウニのアイオリソースなんだけど、ウニはどこに?というぐらいに風味が感じられなかった上、かなりしょっぱいの。
チキンはそのままですでに味付きなのに、なぜこのソースを添えたのだ。
いっそ、サラダを山盛り添えてくれ。


IMG_3140

最後のお皿は、Pork Belly
それにイカという組み合わせのメニュー。

ポークが柔らかくて、これは美味。
そして、一瞬切干大根かと思ったのがイカの細切りだったのだけど、クニクニしてて、これも旨し。

黄色いソースは、マンゴーピューレ。
うーん、まあ、あってもいいけど、別になくても十分な。

付け加えれば、各お料理の盛り方に特徴が。
大きめのお皿の一方に寄せて盛り付けて、スペースを多めに残す風。
それはそれで素敵なのだけど、全皿それだと、いやむしろテーブルの上が混むから、という思いが沸いてきた。
もっと小さいお皿でいいですよ。(身も蓋も)


IMG_3120

ということで、終わってみたところでの感想は。
味は良かったものの、お店に入る前に抱いていた予想が、悪い面で当たった感があり。
確かに和素材を使って、面白い組み合わせでの料理を提供していてくれたのだけど、へえ、と目を瞠るようなものではない、という、大変ゴーマンこの上ない言葉ですみません。

失礼承知で続ければ、それが洗練された味になっていれば、こちらもおおっ、と感動するけれど。(ほんとに失礼)
個人的好みでは、なくてもいいよね、的な感じだったり、これだったら自分でやってみるわ、と思ったり。
いやもう、写真もロクに撮れない味オンチがナニを抜かす、ってなもんだけど。

それでいてお会計は、チップを入れて一人$70ぐらいだったので、ちーと憮然とするのです。ええ、ビンボーです。
いかにも、今のシリコンバレーに出来そうなお店だね。

しかしサービスは悪くないし、雰囲気も素敵。
接待やファンシーディナーの機会には良いのであろうな。


Bird Dog
420 Ramona Street
Palo Alto, CA 94301
[PR]
by senrufan | 2016-03-10 09:04 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/25494578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ヨーコ at 2016-03-14 01:50 x
久しぶりに笑った。こう言うシャフ今は多いね。勘違いシェフ。若者が絶賛するので勘違いするんだよね。
盛り付け行き過ぎて滑稽、ソースは色とデザインを重視してお料理とのハーモニーが聞こえない。
「イタイレストラン」やん。 アボカド14ドル、ワロタ。
このままだと数年後は消え去るかもね、 創造力あるのに技工に懲りすぎて自信過剰やん。
奇をてらい過ぎるとお客はお食事をして疲れるねん。客が食べる前に硬直する料理って、どないやねん。
Commented by senrufan at 2016-03-14 12:17
*ヨーコさん
いやあ、もっとほめて書こうと思ったんですけど、本音でちゃいました(汗) エラソーにすみませんっ!
でもでも、おっしゃる通り、こういうレストランが多くなっているような気が……冒険も創作も大歓迎ですし、それがこちらのツボと合えば何よりなんですけどね。あと、お値段もねー(げんなり)
Yelpを見ると高評価も多いので、そのままうまくいってくれるといい、とは思ってるんですけどね。一応。それなりに。
それにしても、コーヒー1杯が$5とかサンドイッチが$10以上とか、ベイエリアの外食事情はほんとに異常です……(涙)


<< 異国情緒の空の下 (4) 会話も味わう佇まい >>