「ほっ」と。キャンペーン

味わう記憶は様々に

「我々の人生は我々の後にも前にも、側にもなく、我々の中にある」
   ----- ジャック・プレヴェール
       (フランス人、詩人、1900年2月4生まれ)


節分でしたねー。

お嬢がいなくなって、行事モノからとんと縁遠くなったというか、嬉々として距離をおいたワタクシ、
つまり骨の髄までナマケモノ。
今年も恵方巻きを作ることなく、こちらですませてしまったわけですが。

こおゆうのを拝見すると、来年はこれだ!と思っちゃったりするのです。




* * * * *

【レストラン】

IMG_1878

お友達とランチを食べた後、どこかでお茶しよう、ってなって。
その時いたモールには適当なお店がないから、車で移動しようと言ったら、
実はそのモールに、新しくできたチョコレート屋さんがあるんですよ、とな。

チョコレート屋さんだけど、軽食メニューもちゃんとあって、もちろんコーヒーやエスプレッソもいただける。
おじゃましてみたら、うんうん、雰囲気も良いではないですか。

サンドイッチというかパニーニがあって、そっちもなかなかですよ、と教わったので、それはいつか試したい。
ということで、Kさんとのデートの時に、こちらでの待ち合わせをお願いしたんだよ。




IMG_1869

お店に入ると、目の前にあるガラスケースには、ずらりと並んだチョコレート。
1個からでも、ボックスでも。ご贈答用にもよろしそう。


     IMG_1868

カウンター横から、奥の厨房が見える仕組み。
チョコレートファクトリーの様子は、見ていて飽きません。

と言ってられないので、パニーニとドリンクをオーダーね。
ベジィな人でも困らないメニューがちゃんとあるところ、ほんとにベイエリアではストレスが少なくてありがたい。
クロワッサンもメニューにあったのだけど、残念ながら売り切れ。
次回はぜひ。


     IMG_1871

私はいつものSoy Latteで。
チョコレート屋さんのHot Chocolateを飲んでみたい気もしたんだが、私にはきっと甘すぎて無理だよね。(負け犬)


IMG_1875

そして来ました、パニーニが。
Kさんは、Bacon, Avocado & Egg Paniniを。
ぎゅっと具が詰まってる感が可愛いの。


IMG_1872

私がお願いしたのは、Mediterranean Paniniね。
チーズとマシュルーム、そしてアーティーチョークが入ってた。
添えられたのは、オーガニックのグリーンサラダ。

外側のパンがざっくりしてて、食べ応えあり。
結構固めなので、軽いのがお好きな方にはちょっと、かも。


IMG_1874

あと、ビスコッティもゲットした。ビスコッティらぶ、なんです。
プレーンなアニスのもので、ざっくりと美味しゅうございました。


IMG_1877

テーブルは、お店の中にも外にも、十分な数が揃ってる。
1回目の訪問時も2回目も、日本の方々が沢山いらっしゃったので、このモールにカフェができたことは、皆さん歓迎なのだなあ、と思ったよ。

実は渡米して初めて住んだ家が、このモールの近くだったので。
モール自体には、かなり頻繁に来ていたんだよね。
でも、まだスタバとかはできてなくて、日本のような「お茶ができる喫茶店」がないこと、美味しいケーキが買えないこと。
それが、周囲の日本の方々のメジャーな不満、だったのな。

あれからスタバができて、Peet'sができて、美味しいケーキ屋さんも増えてきて。
レストランのレベルもどんどん上がって、ほんとに目まぐるしい上昇気流のベイエリア。
レベルアップ、イコール、お値段アップであるのが切ない、ビンボー人の身だけどな……


以前住んでた頃の、このモール。
家の大工仕事や庭掃除の道具が必要になって、Orchard Supplyに何回も行ったよね。
Trader Joe'sのあれこれが全部美味しくて、野菜以外はほとんど買ってたね。
時計の電池がなくなって、Longs Drugに行ったなあ。
マクドナルドよりBoston Marketが気に入って、家族で時々訪れた。

でも一番は、高級家具店のEthan Allen
日本の家で、ようやく気に入った飾り棚を見つけて、集めたデミタスなどを飾ってたんだけど。
引っ越してくる時、その大部分を持ってきて、こちらでも飾りたいと思ってて。
近くだからと寄ってみたEthan Allenで、シンプルだけど良い感じのキャビネットがあって、すんごく、すんごく悩んだの。

駐在で、4年ぐらいで帰ると思ってたから。
それなりのお値段のする大きなものを買ったところで、持って帰れるわけもなく。
何より4年ほどの為に、高価な(当人比)ものを買うなんて、いかんだろ。

そうやって自分に言い聞かせるのだけど、でもでもっ、とばかりに、また訪れて。
キャビネットの前で、うーん、うーん、と悩んだ後、ダメよダメダメ、とうなだれて帰ることを、何回繰り返したことか。
お店の人には、きっと気味悪がられていたに違いない。

あの時、こんなに長くいることになるとわかっていたらなあ。
というのは、家具のみならず、そらもういろんな、いろーーんなシーンで思ったこと。
人生、ほんとに、なにがどうなるかわからんね。


という、年寄りの思い出にふけることができるので、またこちらのカフェにおじゃましようと思います。(激違)


Dolce Bella Chocolates & Cafe
Westgate West Shopping Center
5325 Prospect Road
San Jose, CA 95129
[PR]
by senrufan | 2016-02-04 06:03 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/25329732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 異国情緒の空の下 (1) 旅の仲間を慈しもう、共に背負う... >>