汲めども尽きぬ源泉で

「ある程度の反対は、人にとって大きな助けとなる。
 凧は風と一緒に上がるのではなく、風に向かって上がるのである」
   ----- ルイス・マンフォード
       (アメリカ人、社会学者、1895年10月19生まれ)


     IMG_0610

今年も作りました、トマト味噌ソース
毎年、Heirloom tomatoが沢山出てきたら、多めに買って作ります。
作り方は、って、過去日記に書いてたので、割愛です。

作り終わったら、小分けにして冷凍。
来年まで持たせられるかなー。(それもどーなんだ)

* * * * *

【レストラン】

     IMG_0874

うし、だいぶ現在に近づいてきたですよ、この日記。
……4月の旅行記は置いといて。

先日、お友達4人と一緒に行った遠足の行き先は、かの有名なシェ・パニーズ。
なぜか、日本でも人気のシェ・パニーズ。

今まで私がおじゃましたのは、3回だったかと。
といっても、メインのレストランの方ではなくて、2階のカフェの方ばかり。
最後に行ったのは、一体いつだったかなー。

正直に告白してしまうと、初回は大感激だったシェ・パニーズのカフェ、
2回目、3回目となるうちに、段々と、ううむ、ううむ。(察してください)
サービスや雰囲気は満点だし、野菜はすごく美味しいのだけど、
お肉やお魚メニューが、好みより脂っこかったり、しょっぱかったりしてね。
や、ただの個人の好みの話、なんですが。

ベイエリアのレストランのレベルが急速右肩上がりの中、良いお店が色々増えてきて。
2~3年前(うろ覚え)に、シェ・パニーズがミシュランの星を落とした時、即座に異議を唱えられなかったことを覚えてる。(誰にだよ)
つーても、私が行ったのは、カフェ部門だけだから。
いつかレストランに訪問できたらなあ、とは思いながら、でも予約が取れる気がしない……

そんな時、仲間内で次の遠足先を相談してた時、候補に挙がったのがシェ・パニーズ。
Sちゃんが未訪だったので、それならぜひ一度、とな。
数年ぶりに訪れたお店は、2013年の火事の前と全く変わらない佇まいで迎えてくれたのだ。




IMG_0912

懐かしい、濃い木の色が大好きな内装。
店員さんの温かく丁寧なサービスも、変わらない。


IMG_0886

この日のメニューを渡されて、さあ、みんなで悩む、悩む。
せっかく5人なのだから、色々とって、なるべく沢山味わいたいけど、胃袋の容量は有限です。
コースも魅力的だったんだが、ここは前菜とメニューから、数品ずつオーダーする作戦で。


IMG_0878

StillとSparkling、2種類のお水をいただいて。
配られたグラスも各自ばらばらなのが、かえって良い。
お店の名前が入ったグラス、これ素敵。持って帰れればいいのになー。(真のオバハン)


IMG_0888

さて、運ばれてきました、前菜一皿目。
Marinated beets and leeks with mustard and egg

ほんとに、こちらでいただくビーツは美味しいね。
ベビーリークも、火を通しすぎない歯応えが、また嬉しくて。
マヨネーズみたいなソースがかかってたんだけど、これがまた、んまいのよー。


IMG_0891

前菜二皿目は、Shaved vegetable salad with creamy herb dressing and Clifornia king salmon rillettes
薄くスライスされた野菜達と、サーモンパテがのったバゲットね。

これもね、野菜がすごくフレッシュな上、サーモンパテが旨くてね。
それなりに塩味が効いているんだが、バゲットとはナイスなペアなのだ。


IMG_0897

メインに移って一皿目は、House-made rigatoni with basil pesto
チェリートマトとパルメザンチーズが入ってる。

見かけから、こってりしているかと思いきや、柔らかなお味で美味。
ペストの香りの良さと、トマトの甘味と、そして自家製パスタの美味しさが印象に残った一皿ね。


IMG_0902

メイン二皿目は、Grilled Riverdog Farm chicken saltimbocca
ほうれん草とセージ、そしてパースニップのピューレ添え。

このチキンがしょっぱくて、全員で結構驚いた。
つか私は、またか……と、ぼそっと内心で呟いた。
せっかくの美味しい野菜も、チキンの塩辛さに混じってしまって、残念無念。
グリルの具合はグッドだったのに、うーん、ワインを頼んでいたら良かったのかなあ。


IMG_0904

メインの最後は、Pizza with wild nettles, chanterelle mushroom, and Pecorino
ネトルときのこのピザですな。

クラストがすごく美味しくて、チキンと別な意味でびっくりだ。(失礼な)
上にのった具も、程好い焼き具合でチーズとタッグを組んでたよ。


IMG_0882

お腹も適度にいっぱいになってきたけれど、デザートもやっぱり頼みたい。
5品あったメニューから、2品を選んでお願いしてみたよ。


IMG_0907

Crème fraîche panna cotta with wood-oven roasted figs
このパンナコッタ、とってもミルキーですんばらしい。
そして果物はフレッシュ派の私も、焼きいちじくの美味しさには文句なし。


IMG_0911

最後は、Emerald Beaut plum galette with rasberry ice cream
プラムの甘酸っぱさも良かったけど、クラストがさくさくで、んまいのよー。
パスタやピザといい、こちらの粉物の上手さ&美味しさは、さすがの一言です。


お料理が来る前に、キッチンにアリス・ウォーターズさんがいらしてて。
うわあ、本物だあ、とこっそり騒いだけれど、写真はさすがに失礼かな、と躊躇しているうちに、どこかに行かれてしまったです。ぐすん。
この前、大統領から表彰されたばかり、だったよね。

今では、ベイエリアではすっかり当たり前になった、Organic・Local・Sustainable。
ウォーターズさんとシェ・パニーズが原点だった、とは、改めて思うこと。
今は、地域の食育活動に邁進されていらっしゃることも含めて、しみじみと尊敬の気持ちばかりが沸いてくる。
当たり前で、シンプルで、そして、どんな物事のベースで在りうること。
何年も先を見据えた活動というのが、どれほど価値があって、勇気と忍耐力が必要かというのがわかるようになったのは、この歳になったおかげかな。(遅すぎです)


     IMG_0875

友達と一緒に行けば、美味しいご飯は、なお美味しい。
運転してくれたむらさきちゃんを始め、皆々様に大感謝。
実はこの数日前に、右膝をひどく傷めてしまって、私だけキャンセルかな……と暗くなっていたのだけど、
思い切って参加させてもらって、ほんとに良かったです。
優しいみんなに甘えてしまって、申し訳なかったー。ご恩返しは、いずれまた。

色々好みの差はあっても、味からサービスまでひっくるめて、総合的に素晴らしいお店であることには変わりなし。
かえすがえすも、本領発揮であるはずのレストランにおじゃましてみたいもの。
……誰か、代わりに予約してくれないものか。(根性なし)


Chez Panisse
1517 Shattuck Avenue
Berkeley, CA 94709

*-*-*-*-*-*-*-*-*

ちなみに傷めた右膝が、なんとか遠足に同行できるまでになったのは、とあるマッサージのおかげです。
そのマッサージとワークショップ体験については、また後日。
[PR]
by senrufan | 2015-10-19 15:04 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/25011384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by eatsleeplove at 2015-10-23 05:36
美味しそう~~。あたしはカフェに一回しか行ったことがないのですが、5人で食べた時は、シェアしたんですか?それとも一皿自分で食べる感じですか?色々食べてみたいけど、シェアしたら嫌な顔されるものかどうか知りたくて。。。。わざわざバークレーまで来たんですから、他も散策したんですかー?
Commented by Miyuki at 2015-10-23 12:55 x
*悦ちゃん
これは全部シェアですよー。オーダーする時から「シェアするので」と言っておいたのですが、全然嫌な顔もされず、途中でお皿やカトラリーもまめに替えてくれて、ほんとにナイスにしていただきました♪
えへへ、この後ベーカリーでパンを買って、Crixaでお茶して、Berkeley Bowlで買い物して帰ったです。オークランド&バークレー、良いお店がいっぱいですね!


<< 求める光の在り場所は (10) 手足の先まで行き届く (後) >>