手足の先まで行き届く (前)

「自分自身を扱う際には、頭を用いなさい。
ただし、他人を扱う際には、心を用いなさい」
   ----- エレノア・ルーズベルト
       (アメリカ人、ファーストレディ、1884年10月11生まれ)


難民中傷:日本人漫画家に批判集中 FBにイラスト投稿

先月末ぐらいに、とあるネット署名が回ってきたのですが、
開始してから1日ぐらいしか経っていなかったのに、すでに5,000人を超えようとしていて驚きました。

でも、それ以上に頭が真っ白になったのが、ターゲットであるところのイラストで。
及ばずながら私も署名し、以降、成り行きを見ておりました。

当のイラストについて、Japan Timesに掲載された後、BBCを始めとする海外メディアにも幾つか取り上げられたのですが、
とうとう日本の毎日新聞でも記事になった時には、すでに署名は1万人超え。
現時点では、もうじき1万3千人に届こうとしております。

最新記事で、こんなのも。
世界に名前を売った漫画家です。

7 of the worst reactions to the Syrian refugee crisis


赤ちゃんやお年寄り、生活保護を受けている人、身体が不自由な人、国籍が違う人。
そういう人達に向けられる悪意に出会った時、怒りや呆れと共に驚くのは、
悪意を発する人達の、想像力の無さに対して、です。

自分が来た道とは思わない。
自分がいつか行く道とも思わない。
自分がそうなったら、もしくは、そうなった時にどうして欲しいのか、ということを想像する力も、相手に共感する力もないこと。
なのに、相手に対しては、自分の立場になれ、自分の気持ちを理解しろ、と主張すること。

下の動画は、Save the Childrenが作成した、あるシリアの少女に起こったこと、です。
難民なのに、なぜ携帯を持ってたり、上等な服を着ている人がいるのか、という疑問に対する答えの一つになっている、と思ってます。


Most Shocking Second a Day Video



A young girl's life gets turned upside-down in this tragic second a day video.
This is what war does to children.


* * * * *

【買い物】

IMG_0104

10月になったのに、90F(32℃)を軽く超えるって、一体どしたのベイエリア。
すでに紅葉している木もあるのが、なんとも季節の変わり目というか。
車をしばらく停めておいた後に戻ったら、車の中の外気温計の表示が111F(44℃)でありました。蒸し焼きです。

涼しくなってきたので、もうあまり行かなくなるかな、日記にも書かないでもいいかな、と思ったジュース屋さん訪問記録。
これだけ暑いなら、オバチャンまた行っちゃうぞ……(ぐだー)、ということで、3軒の記録を順繰りに。

我が家にも愛しいジューサー君があるよ、というのと、ジュースを飲む理由は、過去日記から。
変わらず愛用しております。つか、そろそろパーツを買い換えなきゃいかんかも、なレベル。

Hurom(ジューサー) 1 2 3

そんな愛用ジューサーがあるのに、なんでやねん、とは思うのだけど、
たっぷりジュースを飲もうと思ったら、どんだけ野菜を買い込まなきゃいけないのか、つーことですよ。
青果はほぼファーマーズマーケット調達なので、週末に冷蔵庫がパンパンになる我が家、更にジュース用の野菜もエクストラ調達とするなら、いやはや大変な事態になるのだな。(ぶるぶる)
なので、手軽にぱっと購入できる質の良いジュースというのは、ありがたい存在であるのだね。

ポイントは、Cold-pressed juiceであることと、できるならオーガニック材料を使用していること。
それがイコール、かなりのお値段になってしまうことは、以下の記事をご参照。

Why Your Cold-Pressed Juice Is So Expensive

健康志向の強い方々が多いベイエリア、ジュース屋さんが増えてきたのも嬉しいな。
グローサリーで市販のものも買ってみてるけど、お店として独立しているところも行ってみた。




1. Pressed Juicery (HP

     IMG_0764

スタンフォード・ショッピングセンターの中にあるジュース屋さん。
この夏、こちらに数回おじゃましたのは、お得なセットのキャンペーンがあったから。
ジュース5本で$24.99、ジュース6本+アルカリ水2本で$36.99、だったかな?
このキャンペーンのうちに、と5本セットを買いに行ったのね。


IMG_0760

Greens、Roots、Citrus、Fruitsなど、それぞれに数種類のジュースメニューがあって、色々選べるのが楽しいお店。
コーヒードリンクやナッツドリンクもあって、5本の組み合わせを考えるのが楽しかったよ。

沢山あるので、どれにしようか迷ったら、お店の人がどんどん試飲させてくれるのも嬉しいところ。
質問すれば、はきはき答えてくれて、サービス面でも良かったよ。


IMG_0107

どれも美味しくて、味が濃厚。
や、濃厚というか、フルーツが入ったのを選ぶと、私にはどうしても甘すぎて、半分ぐらいに薄めて飲むんだよ。
なので、1ボトルでコップ数杯分楽しめます。(おい)

なるべく早めに飲んだ方がいいのはわかってるんだけどね。
量を加減するなら、そしてなるべく新鮮なものを飲むなら、家で作るのがベストなのはわかってるんだけどね。
まあその辺は、都合良く大らかに妥協して。
自分の家だけで、これだけの種類のジュースを作ろうとした時に、買い込むべき材料の量を考えたら、ほんとにありがたい限りであるのです。


IMG_0763

お得なセットのキャンペーンは終わってしまったみたいだけど、今ならCostcoで、こちらのお店のギフトカードが買えるのだ。
$40で、$50分のギフトカード。この場合、自分へのギフト。

一度試したいなー、と思ってるのが、こちらのお店のアイスクリームなの。
乳製品や砂糖を使わない、もちろんグルテンフリーのアイス達。
やっぱりGreens、Rootsなどの種類に分かれてる。
ナッツミルクアイス、大好きなんだよねえ。


2. Project Juice (HP

     IMG_0631

こちらのお店は、随分前にサンフランシスコにオープンして、おおお、とうとうベイエリアでもジュース屋さんがオープンしたのかあ、と、ちょっと感動した覚えが。
一度お店に行った時、やっぱり良いお値段だな、仕方がないけど、と思ったんだが、
いつの間にやら、サウスベイエリアにもオープンしてたのね。


IMG_0633

ビルの一角にひっそりとあって、どこかのオフィスのような佇まい。
上品なおじさまがカウンターにいらっしゃって、優しく挨拶してくれた。

ずらりと並んだジュースから、はてさて、どれを選ぼうか。
とりあえずグリーン系から1本と、容器が可愛いショットを1本。
レジにいったら、あら、ローチョコレートもあるんですね。んじゃ追加。


     IMG_0770

ジュースのお値段は、1本$8~$12と、今まで見た中で最高値。
でも、たまたま選んだのがドンピシャで、今まで飲んだジュースの中で、一番私好みの味でした。

ショットの方も良かったよ。
この容器が欲しくて買ったみたいなものだったから、まあ、容器代と思えば。


     IMG_0768

友人と、なんでこんなに高いのかな、という話になった時、Project Juiceの方が、もっと中身が濃いような気がする、という意見をもらったので。
Pressed Juiceryのと並べてみたけど、沈殿物の量は大して変わらず。
って、沈殿物の量では測れないのか。
問題は、いかに食材から効率良く、より濃く水分を搾り出しているかということだから。

上記2軒とも、オンラインオーダーありで、日常的にジュースを届けてもらうことができるのね。
こういったまとめ買いの方がお得っぽくはありますな。
Project Juiceの方は、William Sonomaとも提携してました。


     IMG_0634

(続く)
[PR]
by senrufan | 2015-10-11 10:27 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/24989819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 手足の先まで行き届く (後) 見据える先は数十年 >>