生まれも好みも違うから

「核兵器を作らず、持たず、持ち込まず」
   ----- 佐藤栄作
       (日本人、政治家、1901年9月27日生まれ)


「投石」には「銃」で対抗?──イスラエルの汚い戦争

お嬢はこの夏、こちらに帰省せず、8月のほぼ一ヶ月、パレスチナのとある村に、ボランティアで滞在しておりました。

現地の人達とあれこれ肉体労働しているそばで、村の子供達が拙い英語で絡んでくる毎日。
日々の食事は、チキン、トマト&きゅうり、スープ、フムス、ピタパンだったそうで、
中近東料理大好きなお嬢は、最初こそ嬉しかったものの、最後の方はさすがにあれこれ食べたくなって、成田に帰り着くなり、友達と空港内コンビニに走ったそうですよ。(わはは)


ある日、お嬢達がいる現場に、イスラエルの役人らしき人とイスラエル兵が、現場チェックに来たんだそうです。
当然のように、イスラエル兵は武器を持って。
パレスチナ内で作業する場合、イスラエル政府の許可がいる場所といらない場所に分けられていて、お嬢のいる現場はいらない場所だったそうですが、
睨みをきかせたいんだか、嫌がらせなんだか、な訪問だったとか。

その時、たまたまお嬢は、少し高い建物の上で作業していたので、
上からイスラエルの人達を見下ろしながら、いざとなったら、この手に持った道具とアレとアレで飛びかかるしかないな、
この位置をとってる私の方が有利だザマーミロ、などと考えてた、って、
いつからそんな好戦的な子になったのアナタったら。(アタタタ)

でね、その時一緒にいたパレスチナの人達が、
おー、来た来た、お嬢、さあ、あいつらに石を投げようぜ、
と、あっさりと言うんだそうです。実際、手に石を持ちながら。
びっくりしたよー、って、いやいや、その時のアンタの頭の中の方がもっと怖いだろ。

その後、村の小さな女の子が話しかけてきて。
ねえ、イスラエル人、好き? 嫌い?と聞いてきたんだそうで。
お嬢は、自分は高校時代に、何人かイスラエル人の友達がいたよ、
みんな、とても良い人達で、私は大好きだったよ、
と答えたところ、
なんで? だって、イスラエル人は悪い人達なんだよ。
見たら、石を投げなきゃいけないんだよ。私もそうするよ。

そんな彼女に、お嬢はかける言葉が見つからなかったそうです。

幼い頃から、それが当然と教えられて育つこと。
そうではない国と場所があるのだ、ということさえ知らないこと。
ただ、そこに生まれたというだけで、見える世界が違うこと。
その意味がわかるからこそ、どれだけ切なく感じても、説得したり説明したりはできなかったんだそうです。

お嬢がベイエリアで育つことができたことを、本当にありがたく、羨ましく思うのは、
肌や髪の色は勿論、宗教や国籍さえも、「その人の一部」であって、全体ではないということが、
人はそれぞれ、あらゆることが違って当たり前で、それは尊重すべき、という感覚が、
呼吸をするように自然に身についているところだなあ、と思います。


日本の安保法案に関する議論は、そのまま国際社会の中で、
日本がこれからどういう役割を担っていくつもりなのか、ということに対する議論と意志表明に繋がります。
少子化・高齢化が深刻な中、グローバルというお題目だけは華やかに口にのぼる国。
70年という、奇跡的な長さの平和な年月を重ねることができた国。
そこに生まれて育った、ということが、パレスチナや他国の人達と比べて、
偉いとか能力があるとかなどとは、全くもって関係ないのだ、という確固たる事実。

大切な母国が、これからどうなって欲しいと思うか。
その為に、自分ができることは何か。
呼吸をするように、当たり前に考えていければ、と思います。

外国人に優しくない国ワースト5

* * * * *

【買い物】

IMG_0617

冒頭が重かったので(当人比)、軽~く楽しい日記でな。
8月のとある日、お友達に誘ってもらって行ってきたのは、San Francisco Premium Outletsでございます。


outlet map

サンフランシスコとおっしゃいますが、いやいや、どれだけワイドな見立てなの。
イーストベイのLivermoreという市にあって、以前まではLivermore Outletsだったそうなんだが、
リニューアルオープンしたら、サンフランシスコに名称変更したんだとか。

アウトレット自体、この数年で2回ぐらいしか行った覚えがないワタシ、この旧リバモア・アウトレットにも行ったことがなく。(恥)
前と比較しようがないので、一緒に行ったお友達の感想を聞いたこととか、ちょこっとね。




IMG_0616

最初に向かったのは、インフォメーションのカウンター。
フードコートの中にあって、ここでAAAのメンバーカードを見せると、ディスカウントクーポンがもらえるという話だったので。

ところが、そのサービスはすでに終了してると言われてね。
そっかあ、それは残念だ。
じゃあ、ゆっくり歩いて、入りたいお店に入っていこうかね。


     IMG_0618

相変わらずブランドに疎いワタシ、お友達に色々教わるのが楽しくて。
例えばUnder Armour、いまやかなりの人気のブランドなんだとか。

NIKEやLucy、New Balanceなど、”アスレジャー”人気のせいか、
スポーツウェアのお店は、どこも結構な数のお客さんがいたような。


     IMG_0620

でも、この時の一番人気は、Tory Burchだったかも。
って、私達が行ったのは平日だったので、普通に店内に入れたのだけど、
その前の週末に行ったお友達によれば、すんごい行列で入店制限されていたんだと。
観光バスで乗りつけたアジアの団体さんの爆買いぶりが、すさまじかったそうですよ。

華やかでエレガント服や小物が並んでて、私には到底着こなせないのだけど、しっかり目の保養。
お友達2人は、ぴったりの服と財布を見つけてて、素敵だったよー。


IMG_0621

ほかにも、まだオープンしてなかったけど、GUCCIのお店もあったり。
あと、私でも知ってるようなメジャーどころでは、MaxMara、Prada、Etro、Vinceなど。

まだアウトレットに行ってた頃は、どこに行っても同じお店しかなくて、それで行かなくなったんだが。
こちらのアウトレットは、ほかにないお店が何軒もあって、これはありがたい。


     IMG_0619

私が特に嬉しかったのが、ブーツが人気のUGGと、シンプルスタイルのrag & bone
定価では結構なお値段(個人の感想です)だけど、アウトレットなら買えるかも。

と、わくわくしながらUGGに入ってみたら、え、フツーに正規品を正規値段で売ってませんかこれ。
まあ確かに、セールコーナーもあったけど、すみません、期待した私がアサハカでした。

でもrag & boneでは、好みのセーターが買えたので、良しとする。
……それがなんとか許せるお値段だった、ということは置いといて。

お友達によれば、今回のリノベーションで、この辺のお店のエリアが増設されたのではないかと。
そして新しいエリアに、こういった、今までなかったお店が入ってきてくれたのかなあ。


IMG_0629

なのに、フードコートはイマイチね。
つか、私が行ったアウトレットって、どこもフードはファストフードがほとんど。
買い物メインだし、子供連れも多いだろうから、フードコートで十分よ、
というのもわかるんだけど、もうちょっと良いお店が入ってもいいのになあ。

ちなみに午後は、スターバックスがすごい混雑ぶり。
ほかに、お茶できるお店がないんだな。
うーん、こおゆうのも、もう一軒ぐらい作ってもいいのに。
足を休めたい人も多いと思うのに。


IMG_0622

なんか甘いものが欲しいよね、ということで入ったのが、GODIVA
目当てはチョコレートより、チョコレートのソフトクリームだよ。


     IMG_0626

平日の午後3~6時は、アイスクリームかシェイクを1個頼むと、もう1個がタダになるそうで。
でも私達はソフトクリームを1個買って、3人で分けたので、まあ必要なかったね。(おい)

見かけが濃厚そうだったので、上からかけるチョコレートソースは断ったんだけど、
食べてみたら、意外と甘さ控えめだったので、ソースがあっても良かったかも。
つか、クリームだけだと、チョコの風味まで控えめだったかも。

ちなみに、ゴディバのアイスはカリフォルニアから撤退したという噂があるんだけど、どうなのか。
もしそうなら、ここまで来なきゃ食べられない、っつーことになるんだね。


IMG_0630

いろんなお店に入って、それぞれ戦利品アリで、充実の遠足でした。
センスの良いお友達との買い物って、ほんっっと楽しいわー。(しみじみ)

ウィークデーに行ったので、駐車場も困らず、歩くのも楽だったけど、
週末はかなりの混雑らしいので、できるだけ平日に行きたいものである。
つか、次はいつ行くことがあるんだろう……


San Francisco Premium Outlets
2774 Livermore Outlets Dr,
Livermore, CA 94551
[PR]
by senrufan | 2015-09-27 11:54 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/24944314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 木立の中で見つけよう、秋の印を... すぐそばにある深い知恵 >>