科学と魔術の融合で

「われわれは自分のことは百も承知しているのですから。
むしろ、自分のものの考え方を縛っている鎖を、
解き放ってくれるような友人が必要なのです」
   ----- フィリップ・ギルバート・ハマトン
       (イギリス人、作家、1834年9月10日生まれ)


そろそろこちらでも、お知らせを。
Bay Area HEART、震災復興支援チャリティーガレージセールを行います。

・日時 : 9月19日(土) 午前9時~正午
・場所 : Mountain View 個人宅
 (Facebookページで告知予定)
・売上は全額、復興支援団体に寄付

Facebookページで物品寄付をお願いしたところ、
今回も沢山のご寄付をいただき、先日受付を終了させていただきました。
ご協力くださった皆様、改めまして心から感謝を申し上げます。
本当にありがとうございます!!

現在、Facebookページで、販売予定の品々の一部をご紹介しておりますので、
よろしければご訪問くださいませ。
小型家電、おもちゃ、育児用品、日本語書籍、衣類、靴、食器など、バラエティに富んだ品がお待ちしております。
開催場所も、後日↓で告知させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
あ、ベイスポさんやスポーツJさんのクラシファイドでも、お知らせをご覧になれますよー。


Bay Area HEART 

* * * * *

【個人的事情】

IMG_9863

一部の方、大変お待たせいたしました。
6月におじゃました、tamachanレストランの訪問記録でございます。

この時は、5月にご一緒したKさんと、初参加のYokoさん。
私の周囲で、特に食に関して尊敬するお三方が勢ぞろい。
なんせ皆さん、味噌や納豆、調味料類など、手作りされるものがすごいのよ。
皆さんがまだ作られてないのは、醤油ぐらいじゃないでしょうか。

博識極まる皆さんに囲まれて、美味しいご飯をいただけて、またまた幸せだった日の記録だよー。




IMG_9878

6月は和食の月だったので、どーん!と出ました、豪華定食。
ふおおぉぉ、とここで不気味な歓声を上げたのは、私です。

主菜・副菜・汁物・ご飯・香の物。
旬の味覚が詰まった定食なり。


IMG_9867

どれから紹介すべきか迷っちゃうのだけど、まずはこちら、かぶの塩糀漬け
蕪がしんなり甘くて、やばい、お代わりが欲しいぐらい。


IMG_9865

見るからにさっぱりと美味しそう、そら豆のみぞれ和え
そら豆がまだマーケットに出ていれば、と但し書き付メニューだったんだが、賭けに勝ったよ私達。(え)
優しい味のポン酢でまとめられていて、ポン酢は当然、自家製です。


IMG_9869

主菜のお皿に、なんと三品も。
どれから食べよう、どれにしよう。(わくわく)


IMG_9870

ブロッコリーニのくるみ味噌だれは、鮮やか緑とタレのコントラストまで綺麗。
甘めのタレかと思いきや、そこはぎりぎりの、ほんのり甘味がちょうど良く。
おかげで、ブロッコリーニ自体の味も、ちゃんと楽しめる。


IMG_9871

お魚?な外見は、豆腐の鰻もどき
蒲焼味に焼かれた豆腐は、ちゃんと形があるのに、口に入れると柔らかくて、ほろりと崩れるのが、また旨し。
こおゆう美味しいメニューがあるから、土用の日に、わざわざ絶滅危機のウナギを食べたいと思わずにすんでます。


IMG_9874

椎茸の磯辺揚げは、またまたtamachanの揚げ物の腕の凄さをまざまざと。
や、私が下手すぎるというのもあるんだけど(恥)、それにしてもこの、さっくり・ざくざくの歯応えの嬉しさよ。
パン粉も自家製だったよね、確か。

ほのかな塩味がちょうど良くて、塩の下味?と聞いたら、なんと使ってないんだって。
椎茸と青海苔で、程好い磯の風味が旨いったら。
無塩食を習った時、きのこ類が美味しかったのを思い出す。


IMG_9882

もいっちょ海草、とろろ昆布とえのきだけのお吸い物
ふんわり、と優しいとろろ昆布は、子供の頃からお気に入り。
母が良く作ってくれたので、思い入れもあるのです。(聞いてません)


IMG_9880

大葉と梅の混ぜご飯、私の好みの組み合わせ。
何年も寝かせた梅干と、新鮮な青紫蘇が入ったのは、ちょっとだけもち米を加えたという、五分搗き米。
程好いもっちり食感が、また良いのだよ。


IMG_9886

満腹ー、満足ー、とまったりしているところに登場して、再び気分高揚となるのが、tamachanデザート。
和菓子の殿堂メニュー、きんつばでございます。

もちろん餡子から手作りなわけだけど、それにしてもこの美味しさは、なんでしょう。
もっちり餡子と、ぐっと控えめな甘さが、私の心にストライク。(ぽえむ)
がっつり甘い和菓子も悪くないけれど、穏やかに身体に染みてくるような、こういうお菓子、大好きだ。


ご飯の間も、その前後も、とにかくおしゃべりの中身が濃かった日。
豆板醤を自家製のそら豆で作ってしまわれる方々からうかがうお話だからね、
もうほんとにずっと楽しくて、アドレナリンが上がりっぱなしだったような。

そしてこの数日後、同じメンバーで、とある場所に遠足に行ったのさ。
私は何年か前に行ったところなのだけど、果たして師範クラスの皆様は、どう思われるかな、と、どきどきしながらの遠足ね。

その記録はまた後日として、6月も変わらず絶品でした、なtamachanレストランでありました。
しばらく夏休みで、秋に再開されるご予定です。(今はまだ夏のベイエリア)


 tamachanレストラン訪問記録 : 
   2013年:グランドオープニング 5月 7月 11月 12月 
   2014年:1月 2月 3月 4月 5月
   2015年:4月 5月
[PR]
by senrufan | 2015-09-10 08:20 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/24890465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 貴女の顔色、うかがいます 私の中に在る風景 >>