求める光の在り場所は (4)

「私は『言論の自由』と聞くとカッとなるくせがある。
それは危険なときは黙っていて、安全とみてとると我がちに言う自由のことかと思うからである」
   ----- 山本夏彦
       (日本人、コラムニスト、1915年6月15日生まれ)


     IMG_9418

ハーブクラスでも色々教わっておりますが、お友達とわいわい、というのも大変楽しいもの。
doTERRAのアロマオイルでお世話になっているさくさんが、少し前から、
アロマオイルを使って、皆であれこれ手作りしちゃおう♪ という、
楽しい集まりを開いてくださっているんですよ。

大体月イチペースで、化粧水を作ったり、クリームを作ったり。
全然クラスという感じではなく、おしゃべりと情報交換の楽しい場となってます。

こちらは先月教わった、手作りのハンドサニタイザー
市販のハンドサニタイザーは強力過ぎて、必要な常在菌まで殺してしまうとか。
その点、アロエジェルや抗菌効果のあるアロマオイルで作られたこちらは、安心度高し。
さらっとしていて、クローブやシナモンの香りのするサニタイザーです。

今月は、日焼け止めを手作りしましたよー。
いつもいつもさくさんに、そして、楽しいお仲間の皆さんに感謝です。

* * * * *

【旅行】

3. カレル橋

IMG_7102

プラハ内でヴルダヴァ川(モルダウ川)にかかる橋の一つ、カレル橋
1357年、時の神聖ローマ帝国皇帝であったカレル4世の命により建築が始まった、ゴシック様式の石橋です。
旧市街とマラー・ストラナという2つのエリアを繋ぐ、プラハ最古の石橋でございますね。




IMG_7315

当時27歳の若き建築家、ペトル・パルレーシェが設計を担当し、完成したのが1402年だそうですから、建築にかかった歳月は、なんと約50年。
……果たして、生きている間に完成されたんでしょうか。
あ、残念ながら、果たせなかったみたいですね……。(1399年没)

全長516m、幅9.5mという威風堂々なこちらの橋、
当時はヴルタヴァ川の東西を結ぶ唯一の橋であり、歴代の王の戴冠式の行列の道でもあったそうですよ。


   IMG_7122 IMG_7123

こちらの橋をさらに有名にしているのが、橋の両側に15体ずつ設置された、計30体の石像です。
といっても、橋と同時に製作されていたわけではなく、最初の像が17世紀、1629年に設置されたのを皮切りに、様々な彫刻家が競うように彫刻を生み出して、
30の像が勢ぞろいしたのは、20世紀に入ってからなんですと。
つまり、今のカレル橋が今の姿になったのは、私が生まれる、ほんの数十年前ということですな。(具体的には言わない覚悟)


     IMG_7152

どの彫像も大変見事なのですが、特に人気が高いのは、橋の真ん中あたりに位置する、聖ヤン・ネポムツキー像
全彫刻の中で2番目に設置されたもので、ローマ・カトリック教会の聖人、ネポムクの聖ヨハネの像ですが、
なんでも、台座部分のレリーフに刻まれた聖人をなでると、幸運が訪れるとの言い伝えがあるおかげで、台座がつるつるになっているそうですよ。

って、あとになって知りました。
どおりで、何人もなでてるなー、と思ったんですよね。まいっか。


     IMG_7165

そしてこちら、聖ルイトガイダ像も、最も美しい像として人気が高いそうで。
いやあ、どの像も美しいので、個人的にはとても順位はつけられませんが。

ちなみに、橋塔や橋自体はゴシック様式建築の代表作として名高いですが、
それより数世紀後に作られただけあって、彫刻はバロック様式のものが多いそうですよ。


IMG_7309

IMG_7305

また、橋の上から眺められる風景も、素晴らしかったです。
往きは旧市街側からマラー・ストラナ側へ歩いて、帰りは逆方向だったのですが、
朝早めだった時はいなかった大道芸人や屋台が、帰りはかなりの数が並んでいて、また味な光景を生み出していましたね。


     IMG_7149

あと、これですね、愛の南京錠
世界各地で見られるそうですが、景観を損ねる上、中にはその重みでフェンスが折れたところもあったそうで、撤去と抗議がやりとりされているらしいです。


   IMG_7126 IMG_7148

さて、こんなにも美しい彫像達ですが、えらく黒いのと、あら、そうでもないわね、という像が混じってるんですよ。
なんでかね、とお嬢に言ったら、
傷みが激しいものや価値が高いものなど、オリジナルは国立博物館に収蔵して、橋の上には複製を立ててるんだよ、
と教わりましたです。
なんで知ってるん。ねえ、なんで。
[PR]
by senrufan | 2015-06-15 12:06 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/24593547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by eatsleeplove at 2015-06-18 08:23
お、わりと早くこの間の事が!笑。自分の知ってる話題だと、コメも書きたくなるものでございますね。普段は読み逃げばかりしててすみません。はたきで追い返さないでーー。二年前の記事も興味深いですね!初めてこのオイルのパーティに行ったのは、カクテルとアペタイザーだったの。あたしらしい?ペパーミントが利いたカクテルとバジルオイルが利いたサラダがめっちゃ美味しかったです。楽しかったですね。今度は何やるんだろうーー
Commented by Miyuki at 2015-06-19 01:57 x
*悦ちゃん
そうそう、こうやって小出しにしていかないと、いつまで経ってもここは3ヶ月前のまま(笑)
コメ、いつでも嬉しいですよー♪ 私こそ、いつも読み逃げですみませんすみません。
うわあ、そのアロマ料理、食べてみたい&飲んでみたい! 次の会はなんでしょうね~。私も何かリクエストがないか考えよっと。


<< だってウチらは女子だから 繰り返すにはわけがあり >>