来るもの拒む、ものもあり

「誰が選んでくれたのでもない。
自分で選んで歩き出した道ですもの、間違いと知ったら、自分で間違いでないようにしなくちゃ」
   ----- 森本薫
       (日本人、劇作家、1912年6月4日生まれ)


米発「タルティーン ベーカリー」「ブルーボトルコーヒー」、代官山出店取りやめ

先日、ブルーボトルとターティーンのことをちらっと書いたすぐ後で、お友達がTwitterで教えてくれたニュース。
ええええ、マジですかあああ、となりましたよ。
もしかして、サウスベイにもまだなのに、日本に行くなんて、という私の愚痴が聞こえたのかしら。(んなわけねーです)

ブルーボトルとの提携が何か影響したのかな、とは思ったのですが、
はっきりした理由はわからず、悶々としていたところで(ちょっとだけな)、↓の記事を読みました。


全米一のパン屋が日本上陸延期を決めたワケ

はあ、なるほど。
ブルーボトルのあまりのお客さんの数を見て、そういう考えに至ったんでしょうか。
……最初は特に多いんですよ、その後の例として、クリスピークリームを見てください、
とか言っちゃいけないんですかね、ううむ、ううむ。

なんにせよ、この記事を読んでようやく、日本のメディアが「全米一のパン屋」と呼ぶわけがわかりました。
マガジンのランキングで1位だったから、なんですね。ほー。
まあ確かに、こちらのクロワッサンは、私も大好きです。

* * * * *

【アクティビティ】

     IMG_6617

やっば、まだ3月の記録が残ってた。
しかも、大好きなハーブクラスの記録ではないですか。

この回では、前に作っていただいた絶品チャイの、簡易版の作り方に、
虫刺されに効くクレイ、ハーブオイルなどなど、またもや盛り沢山でありました。




IMG_6625

以前にYさんがクラスで作ってくださった本格チャイが、もーーすんごおおく美味美味で、でも、なかなか自分で作るのは大変で。
手間を惜しんでは美味に出会えないという、良い見本。

そのチャイを、もっとお手軽に楽しめるように、ペースト状にしたものの作り方を教わったの。
本格版よりはやや落ちるものの、十分美味しいし、一旦作ってしまえば、あとは温かいミルクで溶くだけで、いつでも飲めるようになるもんね。
チャイの為にルイボスティーの大袋を買ってしまったぐらいだけど、ほかのお茶でも試してみたいもの。


IMG_6621

それから、疲労回復に効くハーブについて。
タイムやオレガノなど、普段良く使ってるハーブもその中に入っていて、にっこりだ。
私の好きなマテ(茶)とか、ジンセンもそうだよね、とかね。

ハーブを摂るには、お茶だけじゃなくて、パウダーにしてカプセルで飲む、という手もあるんだって。
胃腸を保護してくれるスリッパリーエルムなど、その手が良さそうなハーブ、あるよねえ。


IMG_6627

さて、暑くなってくると、アウトドアを楽しみたくなるんだが。
Poison oakがあったり、蚊やダニの害がシャレにならない場合もあるので、それなりに気をつけなければいけない、このエリア。

Yさんが用意されたこの植物、あちこちで見たことがあるなー、と思ったら、カリフォルニアのネイティブプラントなんだって。
マンザニータという名で、チンキにすれば、うるしかぶれに効くそうな。
あと、膀胱炎にも良いそうなので、過去何回か経験のある私は、ちょっと常備を考えた方が良いのかな。


IMG_6632

それから、虫刺されに効くクレイの作製を。
虫避けハーブといえば、シトロネラ。シトロネラのキャンドル、良く見ます。
クレイにシトロネラやレモングラスなどのハーブオイル、水を足して、よーく混ぜ混ぜ。


IMG_6645

出来上がったクレイは、1年間保存可能だというから、ありがたい。
虫に刺された時に塗るのは勿論だけど、屋外に出る前に、これを顔や手足に塗って外出しても良いらしい。
クレイなので、白く乾いたパックが残ってるー、みたいな感じになるのだけど、自分が気にしないならいいもんね。
今年のキャンプには、忘れずに持参しなくては。


IMG_6637

ハーブオイルも作ったよ。
オリーブオイルをベースにして、疲労回復ハーブを色々と入れて、あとはカラフルなペッパーも。


     IMG_6649

おお、こおゆうの、お店で何度も見たことある。
そだよね、自分でも作れるんだよね、って今頃な。

ほかにも血液循環促進、抗菌、殺菌、防腐、リューマチや関節炎などへの抗炎症、消化促進など、入れたハーブそれぞれにいろんな効能が。
ガーリックが入っているので、美味しくお料理に使えそうで、これはほんとに嬉しいね。(わくわく)


IMG_6667

最後は、待望のYさんお手製ランチで締め。
きゃー、今回もちょー豪華ーー。

くるみの味噌和え、和風ザワークラウト、三種野菜のきんぴら、さつまいもの柚子甘煮。
手作りこんにゃくと梅干まであって、もう大興奮。
おうちを提供してくれているKちゃんの糠漬けやリーク味噌もあって、うおお、ご飯も止まらないー。


IMG_6669

Yさんのお友達のパティシエさんから、桜餅の差し入れもいただいて、感動の涙がだーだーと。
はあぁ、美味しい、美味しいねえ。
桜の葉は一緒に食べる派か食べない派か、議論は分かれるところナリ。(私は食べる派です)


こんなに楽しいハーブクラスも、もうすぐ夏休み。
休み前のクラスの記録は、また後日。
[PR]
by senrufan | 2015-06-04 08:58 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/24554871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 求める光の在り場所は (3) 受ける光を彩りに、纏う衣は鮮や... >>