会えない間の恋しさは

「未来は今日始まる。明日始まるのではない」
   ----- ヨハネ・パウロ二世
       (ポーランド人、ローマ教皇、1920年5月18日生まれ)


     IMG_9198

週末に一泊二日で、三度目のシャスタ旅行に行ってまいりました。
前回・前々回とは別メンバーとでありますが、またまた女子4人の旅。
あっという間に時間が過ぎてしまった、本当に楽しい旅でございましたよ。

前にシャスタに行った時の記録は、旅行インデックスから見ていただけますが、
今回初めて行った場所が一箇所あるので、追って、そちらを追加したいと思います。
……まだ4月の旅の記録も書いてませんが。

今回の旅行も、我が家のカムリ君@TOYOTA組で行ったのですけど、
前2回の時も、その燃費の良さに驚きましたが、今回は更にそれを上回りまして。
片道320マイルぐらいの距離で、行きはメーターの半分、帰りはメーターの2/5しか減らなかったという(驚愕)
いっそ帰りは、給油しないでどこまで行けるか試してみたかったぐらいですが、
さすがにそれはヤメといた。(当たり前だ)

10年以上乗ってる、走行距離は18万マイルのカムリ君。
先日サスペンションを変えたばかりの彼、どうやらシャスタが好きでたまらないようでございますな。

* * * * *

【個人的事情】

IMG_8903

ひっっさびさに、tamachanレストランの訪問記録だよー。
どれぐらい久々かというと、前回が去年の5月の訪問だったから、ほぼ一年ぶりになるんだね。

tamachanから、再開のお知らせを受け取った時、ファンの皆さんの歓喜の歓声がはっきりと聞こえたです。(断言)
またあの滋味溢れるお料理がいただけると思うと、感無量の一言に尽きるよね。
早速、お友達を誘って、予約させていただいたのでありますよ。




IMG_8918

昨年秋にtamachanが引っ越したおうちは、山の中にある、ちょー素敵な一軒家。
残念ながら、この日は曇っていたけど、晴れてたら、素晴らしい景色が楽しめるに違いない。

和食・洋食を交互に提供してくれるレストラン、4月のメニューは和食の番。
つまり、お料理が一度に並べられて、tamachanもずっと一緒に座って、食べながら楽しくおしゃべりできるということね。(喜)


IMG_8915

そして運ばれてきたお膳は、こんなに見事な一揃い。
あああ、会いたかったよおおお、と思わず涙がにじんだよ。
一皿ずつ、大切に味わっていくんだよ。


IMG_8906

カラフルな具が入った、じゃがいものすり流し汁
レインボーキャロットとスナップピーが入ってるという、カフリフォルニアらしいお味噌汁だね。
相変わらずの絶妙の塩加減と旨味に、思わずうなっちゃう。


IMG_8907

香の物は、セロリの塩レモン漬け
しゃきしゃきという歯応えも嬉しく、食欲が沸いてくる、爽やかな味。


IMG_8910

春玉ねぎが束で売られる時期なので、その葉である青ねぎを使った、葉玉ねぎのぬた
自家製ひよこ豆味噌と玄米酢で作ったというぬたが、すんごおおく美味しいの。
葉玉ねぎの食べ方については、私も頭を悩ませていたのだけど、これなら材料が足りなくなるぐらいに食べちゃうかも。


IMG_8913

主菜の美しい一皿は、豆腐の葛寄せね。
豆腐の中には、そら豆やにんじんなどが入っていて、タヒニを使ったコクのある味わいが、すんばらしい。
上からかかった生姜あんで、ぽかぽかと身体が温まってくる味わい。


IMG_8911

そしてご飯は、お寿司なの。旬の筍が嬉しい、若竹寿司
こりこり筍が嬉しく、ワカメの風味も良い上、酢飯の味加減がまた、私の好みにどんぴしゃり。
一緒に行ったお友達もすごく気に入って、お代わりしてたぐらい。


IMG_8920

締めのデザートは、フルーツの甘酒マリネだよ。
ほろほろと優しい甘さの自家製甘酒に、フルーツの甘酸っぱさが加わって、
お腹いっぱいなのに、するすると食べられて、お口の中がさっぱり・すっきり。


いただきながら、これだよ、この味だよ、と何度も言っちゃった。
自分がどれだけtamachanご飯を恋しく思ってたか、改めて自覚したんだな。
いろんなお気に入りレストランがあるけれど、どんなメニューも全て私の好み通り、というのは、マジでtamachanご飯以外にないもんなあ。

5月も開催してくれたので、また新しいお友達と一緒におじゃました。
6月以降の開催があるなら、少しずつ新しい人も誘っていけたらいいな、なんて思ってる。


 tamachanレストラン訪問記録 : 
   2013年:グランドオープニング 5月 7月 11月 12月 
   2014年:1月 2月 3月 4月 5月
[PR]
by senrufan | 2015-05-20 10:07 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/24493472
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ustomi at 2015-05-21 14:32
miyukiさん; こんばんは。
たまちゃん レストラン が一年ぶりに再開ですか、嬉しいですね、御呼ばれしていない私まで ワアイー
と声をあげてしまいそう、それにしても体に良さそうな食べ物ばかり。
今 私はアレルギーに罹って何が原因だかわからないのですが 顔がヒリヒリして化粧水も付けられないのです アロエがいいかなーと思って家に有るのを付けようと思ったのですが あの匂いがね、それで夫が持って居る アロエ原料のクリームつけて居るんですが首までぶつぶつ見たいのが出てきてねー、野菜ばかり食べているのに 明日はドクターに聞きに行こうか
はたまた薬屋に行き薬剤師に相談しようか迷っているのです、 Kaiser だから ドクター ウオークインになるので余り気が進みません。

この様なお料理食べたいわー。

と 本当は シャスタ山に行かれたことを色々お聞きしたかったのに、私は3年前に 「クレーターレーク」に行きました、LAからだと遠いです サクラメント最初に1泊なんて車に乗りに来たみたいです。
貴女のところは近くて良いですね、シャスタ山 の水は LAに来ています、又ボトルドウオターの クリスタル ゲイザー は シャスタの水と宣伝していますがホントウカナー?どうでも良いけれどどうせLAの水は シャスタ産だから LAで瓶に詰めても同じですね。シャスタ山 はヒーリングの山でもあるのですね。
Commented by Miyuki at 2015-05-22 13:31 x
*tomiさん
こんばんはー!
そうなんです、祝☆再開なのでございます~。
身体に優しく、身体に美味しく、本当に素敵なご飯でした。
なんて言ってる場合ではありませんです、アレルギー、それは大変ではないですか……お聞きしているだけで涙が出てしまいます。うちの娘も、アトピーがひどい時は顔がぼろぼろになって、水もしみるぐらいでしたから……
ドクターのところには行かれましたでしょうか。早く原因がわかることをお祈りしております。

私も何年か前にクレーターレイクに行きました! オレゴンですから、LAからではやはり一泊しなければ辛いですよね。シャスタは比較的近くてありがたいです。
クリスタルガイザーのお水、ほんとにシャスタのなんだな、と思わされることがありまして。友人の友人が、シャスタに行った時にどうしても水が身体に合わなくて、後日クリスタルガイザーを飲んでみたら、やはり合わなかったそうで。
シャスタで、クリスタルガイザーの工場を見ましたよ。今は日本の大塚食品が買い取ったんだそうですが、この水不足なので、生産を停止するなり出荷量を減らすなりしてほしいという話が持ち上がっているとかなんとか。
実際、この冬も全然雪が降らなくて、いつもなら真っ白なシャスタ山が、1月は黒かったそうです。深刻ですよね、水不足……


<< 求める光の在り場所は (1) 月に向かって伸ばす手を >>