「ほっ」と。キャンペーン

それは貴方のお好みで

「私は、『仕事を通じた自己実現』を万人に求める風潮が続く限り、
大多数の日本人は幸せにはなれないと見ています」
   ----- 池田清彦 「がんばらない生き方」より


     IMG_8899

こんな写真をのせるのもどーよ、と思いつつ。
指の爪が、根元近くでぼこっ、とへこんでいるのがご覧になれますでしょうか。

こういった形の爪の横線は、食生活が変わった時に入ることが多いそうで。
で、爪の伸びる早さを1ヶ月に1cm弱とすると、えーと根元から3~4mmだから、
なんて考えるまでもなく、これは旅行の時に、普段食べないものをたんと食べていたから、でありますね。

東欧での食事は、ロシア料理と良く似てて、ボルシチやグラーシェなどの煮込み系やピエロギといったものを毎日いただいてたんですね。
寒い時期の寒い国ですから、野菜はどうしても少ないですし、私も寒いので、たとえサラダがメニューにあっても食べたいと思わなかったんですよ。地元産じゃないだろうしなー。

ビールが水より安くて美味しいので、毎日のように飲む上、お肉を柔らかく煮込んだシチューが美味しかったこと。
お肉&小麦中心という、普段と全く正反対の食事になったことで、腸は色々と大変でしたが、やっぱりその土地のものをいただけて、美味しくて、ありがたかったです。

こんな感じで、遠い地に旅行に行くと(日本でも)、爪に証が刻まれる体質。
これも、旅の良き思い出でございます。(ほんとかよ)

* * * * *

【買い物】

     IMG_5979

カナダに住んでいたことのある友人と、ダウンタウンをぶらぶら散歩している時、
あら、新しいお店がまたできてるわ、とな。
店名を見た彼女が、あ、これはカナダのお茶のお店ですよ、とすぐに言い。
カナダでは、結構メジャーなチェーンなんだって。

コーヒーショップがあちこちに増えて嬉しいけれど、毎日飲むのはお茶メインなので、これはありがたい。
しばらく後で、わくわくさんとお出かけした時に、食後のお茶はこちらにお付き合い願ったのであります。




IMG_5968

お店面積は狭めだけど、どぅーですか、このお茶の数。
ええと、White・Green・Oolong・Black・Pu'erh・Mate・Rooibos・Herbalの、合計8種類のカテゴリー。
どれにすればいいのだあぁ、と悩んでしまうけれど、お店のお姉さんがすごく優しくて、
茶葉の香りを嗅がせてくれたり、説明もいっぱい、サンプルドリンクもOKよ、的な。


IMG_5970

簡素なテーブル&椅子が4つ並んだスペースもあるので、じゃあ、ここで飲んでいこうかな。
わくわくさんはプーアール、私はハーブティーから、それぞれお願いしたんだよ。
To Go カップか、店内用のカップ、量が多めのポットティー。
ホットかアイスかも選べるよ。


IMG_5969

     IMG_5971

お茶なので、蒸らしの時間もあって、その間、ゆっくりお店の商品を見たのだけど、
茶葉はもちろん、ティーハニーやカップ、ポットも色々あって、しかもカラフルなので、見ているだけでも楽しいね。
日本へのお土産にいいかもー、とわくわくさんに言われて、おお、確かに。


IMG_5975

準備OKなお茶を受け取って、テーブルへ移動。
わくわくさんのは、Organic Pu'erh
ポットで注文されたので、私まで一杯いただいてしまって、ずうずうしいったらありゃしません。
苦味がまろやかで、んまかった。


     IMG_5974

私のは、Goji Pop
クコの実だけじゃなくて、りんごやハイビスカスとのミックスなので、さわやかフルーティ。
ハイビスカスの酸味は穏やかで、これまた気に入った。


     IMG_5978

開店して間もない頃だったからか、途切れることなく訪れるお客さん。
有能なお姉さんが、てきぱきと、でも丁寧に対応していて、好感度高し。

実は今日、たまたまBurlingame店の方にも行ったのだけど、面積はそちらの方がぐっと広かった。
で、そちらにいたお兄さんも、また大変ナイスな方でした。

ToGoカップに入れてくれて、1杯$3.50と、決してお安くはないのだけど、
お茶好きな私は、店員さんへの好印象もあって、やっぱり応援しちゃうんだな。


DAVIDs TEA
318 University Avenue
Palo Alto, CA 94301
[PR]
by senrufan | 2015-04-20 11:38 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/24388981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 出会うも学ぶも再びの 一石二鳥の言葉達 >>