触れ合う香りが生むものは

「人間は信念とともに若くあり、疑念とともに老いる。
自信とともに若くあり、恐怖とともに老いる。
希望ある限り人間は若く、失望とともに老いるのである。
自然や神仏や他者から、美しさや喜び・勇気や力などを感じ取ることができる限り、その人は若いのだ」
   ----- サミュエル・ウルマン
       (ドイツ→アメリカ人、詩人、1840年4月13日生まれ)


先日の旅行の記録は、きっとえっらく先になると思うので、ちょこちょこ小ネタは出していくですよ。

今回、お嬢は成田から、我々はサンフランシスコからそれぞれプラハに向かい、プラハ空港で待ち合わせしたんですよ。
激務の旦那が稼いでくれたマイレージで、全員分の飛行機チケットが確保できたのですが(大感謝)、
乗れるのは同グループ航空会社のみな上、お嬢との待ち合わせをうまく調整しなくてはならず、
結果、なかなか変則的な飛行機スケジュールとなったんですね。

お嬢は成田からトルコ航空を使って、イスタンブール経由のワンストップ便で来れたのですが、
我々はまずはダラスのフォートワース、そしてロンドンのヒースローに行って、ロンドンで一泊、
翌日にプラハに飛んで、我々の到着から1時間後に着くお嬢を待ったのです。
ちなみに、帰りはワルシャワからでしたが、やはり同様にヒースローに一泊したので、
往き帰りとも、ロンドンで半日ほど散策することができました。
10年以上ぶりのロンドン、やっぱり良かったです! あー、もっといたかったなあ。


で、往復の飛行機で見た映画は、「Big Hero 6」「The Imitation Game」
「The Theory of Everything」「Interstellar」「Annie」、ええと、ほかにあったかな。
お嬢がいなくなってから、全然映画を観に行かなくなってしまったので、この時とばかりに眠い目をこすりながら観たですよ。

個人的に身を乗り出して観たのが、アラン・チューリング博士を描いた「The Imitation Game」。
以前にこちらの本を読んで、特にチューリング博士&エニグマ解読のくだりが無茶苦茶面白かったので、博士について、少々調べてみたりしたことがあったんですよね。

生前は栄光どころか、こちらが泣きたくなるような人生を送られた博士ですが、
最近になって、ようやく恩赦を与えられたりして、彼を偉大だと思う人が沢山おられるということが、改めて胸に染みます。
ちなみに恩赦とは、彼に下された同性愛の罪に対して、でありますが、
その名誉回復運動には、ホーキング博士も名を連ねていらっしゃったようで、そのお二人の映画を同時に観られたことに、なんかじ~んとしてしまったりしたオバサンです。


アラン・チューリングの自筆ノート、約1億2,000万円で落札

そして昨日入ってきたニュースが、チューリング博士のノートが、オークションで高額で落札されたというものでした。
歴史に”もし”は禁句ですが、それでも今、この時代のシリコンバレーに彼が生きていたら、
なんて思わずにはいられなかったでございますよ。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_5769

今年に入って初めて参加したお勉強会は、AromaTouch Technique Certification Classというもの。
我が家の救急キット的ポジションにあるアロマオイルのブランド、doTERRAが主催する、
アロマオイルを使ってのマッサージを学ぶクラスなの。
つまり、これは1月初旬の日記です……

doTERRAを私に紹介してくれたのは、お友達のさくさん。
彼女が開いてくれた販売会でドテラを知って、こらぁいいわ、とファンになり、ごくごくベーシックな数本を取り揃え。
おかげさまで健康な(もしくは鈍感な)我々には、滅多に出番がないのだけど、
それでも筋肉痛に効くと旦那が愛用中のアロマクリームや、風邪の引き始めに効果があったブレンドオイルなど、切れたら絶対リピートするよね、というオイルが色々あって、
うん、やっぱり我が家のFirst Aid的ポジションにあるんだな。

で、そのドテラで気になっていたのが、アロマタッチ・テクニックというもので。
こちらを教わったのは、愛読させていただいているYumiさんのブログのこちらの記事から。
へえ、これは良いなあ、いつか習ってみたいなあ、とずっと思っていたんだよね。

なので、さくさんが紹介してくれたディストリビューターの方に、思い切って聞いてみたら、
ちょうど数週間後にクラスが予定されているとおっしゃるではないですか。
もちろん英語の勉強会だけど、これは参加するしかないでしょう。
知り合いの方も参加されるということで、思い切って申し込んでみたのだよ。




IMG_5778

この時の参加者は、全部で7名だったかな?
うち3名はプロのマッサージセラピストさん達だったので、ド素人の私は更にキンチョー。
皆さん、マイ・マッサージベッドを持参しておられたです。

クラスは、午前10時から午後4時まで。
午前中は講習会で、午後は実践テクニックを学ぶという形式ね。


IMG_5783

アロマタッチの時に使用するオイルは、全部で8種類。
それを2種類ずつ使いながら、4つのステップに渡ってマッサージしていくのだね。

アロマタッチの目的は、「身体のバランスを整える」こと。
じゃあ、身体のバランスを崩す大きな要因は?というと、Stress・Toxin・Inflammation。
なので、アロマタッチの4ステップは、

1. ストレスを緩和する

2. 免疫力をサポートする

3. 炎症を抑える

4. バランスを整え、恒常性を保つ

この順番で、各ステップに選ばれた2種類のオイルを塗布していくようになってるの。


IMG_5779

マッサージするのは、背中と頭、そして足の裏。
やり方は、オイル1種類ごとに2~3滴ずつ使いながら、Energy zoneに沿って、優しくマッサージ。
まあ、経絡に沿って、と思ってればいいんだな、と勝手に解釈。実は経絡の場所も知りません。(殴)

最初に、講師の方がデモを見せてくれて、その後、2人1組のペアに分かれて、お互いをマッサージして練習したよ。
自分がやってもらっている時は、もう、ふわ~っ、と心地良かっただけなんだけど、
自分がやる時は、テキストと首っ引きで、頭の中でデモを復習しながら、結構必死。

それでも、こんなド素人でもできる、というのが嬉しくて。
手順そのものは難しくないし、マッサージする場所も決まっているので、なんとかなるんだな。
とは言っても、きっともっとツボ的なものはあるんだろうなー、とは思ったので、
この講習会の後、早速プロのerinちゃんに教わることを、勝手に脳内決定したんだな。(迷惑)


IMG_5782

このクラスは、アロマタッチ・サーティフィケーションクラスとなっているだけあって、
講習会だけで終了ではなく、実際に3名の人にアロマタッチの練習をさせてもらった後で、サーティフィケートがもらえる、という仕組み。
なので、まずは最初にerinちゃんのところに押しかけ、erinちゃん宅のマッサージベッドでやらせてもらいながら、こういうところを押してみたら、もっと良いかも、というアドバイスを幾つかいただいたのだよ。
今までの恩も加わって、未来永劫、erinちゃんに足を向けて寝られないワタシです。

その後も、マッサージベッドを持ってるお友達と、erinちゃん宅のベッドを借りてやらせてもらったお友達で、合計3名様の強制ギニーピッグ体験終了。
お二人にも、心から感謝・感謝。
感想コメントをもらい、それを提出した数週間後、無事に認定書を受け取ることができたです。
わあい、なんとかYumiさんの後輩(?)になれたよお。


     IMG_8896

この講習会、つくづくお得だよねえ、とさくさんと話したんだけど。
だって講習ぷらす、テキスト、DVD、そして通常サイズのオイルが8本含まれて、$140。
オイルは、ものによっては結構な単価なので、それが8本も含まれてるということだけでもすごいし、テキストとDVDで何回も復習できるし、
この一式があればいつでもどこでも、というお役立ちなセットなんだよね。

ただ、やっぱりマッサージベッドがないと難しいかなあ。
普通のベッドでも、とは思うのだけど、マッサージの間、頻繁に左右両側に移動するし、
頭部をマッサージする為に、ベッドの上側にも立てるようになってた方が助かるし。
かといって、ポンと買えるような小さなものではないしねえ。
お友達で、誰か希望する人がいたら、いつでもやってあげられるようにしたいのだが。

いや、やって”あげる”という言い方は違うんだな。
むしろアロマタッチの一番好きなところは、やっている自分の方も、その香りと手を通じた触れ合いで癒される点にある、と思うから。
互いに気軽に、お手軽リラックスできる時間&場所提供。
「みぎや」のメニューに加えたい。(違)


ちなみに、旦那にはきっとやらないままになるのでは。
だって講習会に行く時、旦那の車で行ったんだけど、アロマオイルの素敵な香りに包まれて帰ってきた後、自分の車に入った彼が、
「なんか腐ったものでも置いた?」
と聞きやがったんだよね。
キミにこの貴重なオイルを使うことはないであろう、と、その時心に誓ったさ。
[PR]
by senrufan | 2015-04-13 12:10 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/24362497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ustomi at 2015-04-15 15:01
miyukiさん;
チェコ に行かれたのですか、そしてあの芸術の街 プラハですね、街中が美術館みたいですね、 その昔何年か前に ダニューブ川クルーズを ブタペストから出発、パソウ で降りて山を越えてプラハに行きました、アメリカ人は プラグ と言いますが 駅に Praha と書いてあるので私なにげなく
プラハと言ったら ガイドがよく言ってくれた アメリカ人は皆 プラグというと嘆いていましたね、あそこから焼き物町
ドリスデン、ドイツ は近いですよ。
それにしても旦那様が稼いでくださった マイレージ感謝ですね、マイレージの癪の種はあちこちこちらの意思は無視して
まわり道されることです、楽しかったでしょう。
Commented by Miyuki at 2015-04-16 13:12 x
*tomiさん
はい、プラハとワルシャワの二都市に行ってきました。もーー、全然時間が足りなかったですー! 歴史が深すぎて、どんどん周るのがもったいない街ですねえ。
そう、英語発音だとプラーグなんですよね。チェコはチェック、ワルシャワはワルソウ、みたいな。
旦那には本当に感謝です。私ができることといったら、マイレージがつくクレジットカードで買い物するぐらいで(爆)
笑えるのが、娘がUAのシルバー会員になっちゃったんですよ。去年3回海外渡航してるので。彼女のマイレージが切れる前に旦那が引き取ろうとねらってます。
Commented by sivasiva21 at 2015-04-18 05:12
Miyuki様!Aromatouch Technique Certificate取得おめでとうございま~す!

ご主人の反応!うちのジョフと似ていて爆笑。男の人はアロマ、とっつきにくいみたいですよねぇ。家族のためにと思って受講しても使えないのがちと悲しいデス。

そうそう、マッサージベッドがないと施術する方の体に負担がかかりがちですよねぇ。かといって、プロでもないのにベッドを購入するのも…と悩むところ。で、結局買ってませんが。

Miyukiさん、オイル持参するのでアロマタッチお願いします!うふ。
Commented by Miyuki at 2015-04-18 10:16 x
*Yumi先輩!
おかげさまで、無事に取得できました! 教えてくださって本当にありがとうございました~~。事後報告で誠にすみませぬ~。

ジョフさんと同様でしたか、わはは、やっぱりー。そうなんですよね、ごり押しするわけにもいかず。まあ、私一人が健康になればいいということだなーと(激違)

ベッド、悩みますよね! それこそ旦那が受ける気があれば買ってたと思うんですが、そうでなければ場所も取りますしねー、ううむ。

先輩にタッチするとは恐れ多いです~~。私こそぜひお願いしたいです! そして2人で健康になりましょー(笑)


<< 一石二鳥の言葉達 温め作用は心まで >>