大地のかけらに触れながら

「人格は木のようなものであり、評判は木の影のようなものである。
刻々と移り変わっていく影など気にせずに、ただ、まっすぐに成長していればいいのだ」
   ----- エイブラハム・リンカーン
       (アメリカ人、政治家・第16代米国大統領、1809年2月12日生まれ)


Things Everybody Does But Doesn't Talk About

前回日記で、オバマ大統領のニュースを出した後、
今度は、なんともユーモラスなビデオがリリースされましたですよ。
埋め込み投稿したかったのに、エキサイトブログでは受け付けてくれないそうなので、リンクをば。

15日(日)が締め切りとなっている、政府主導の健康保険。
忘れずに加入してね、というプローモションビデオです。

途中の「Thanks, Obama」というのは、
巷に漂う「悪いのはみんなオバマのせい」というアレのパロディ、ですよね。

YOLO, man!
(you only live once)

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_3507

大好きなYさんのハーブクラスが、すんごく嬉しいことに、
10月から、ほぼ月イチペースで開催していただけることになって、狂喜乱舞。
今まで2回参加させていただいて、そのたびに色々学ばせていただいて。
Yさんのお人柄もあって、できるだけ参加の機会を逃したくないクラスなんだよね。

今回から場所を移して、シュタイナー教育の学校、Morning Gloryにて。
しかも少人数で、お友達のKanaちゃんと2人だけ、という、なんとも贅沢な環境だ。
あ、天使@Kanaちゃんの愛娘ちゃんもいてくれたんだった。

しかも最初は、Yさんがシャスタで汲んできてくださったMoon Waterをいただくところから。
満月の光を一晩浴びたお水は、私の中の煩悩を、少しは浄化してくれたでしょうか。(多すぎて無理)
今回のテーマは、ハーブティーとハーバルパックです。




     IMG_3509

今回のフレッシュハーブティーは、レモンバーベナ
神経の鎮静作用、消化を助ける作用があって、名前通り、さわやかなレモンの香りがするハーブ。
なぜか昔から、あまり得意ではなかったんだけど、この時にいただいたお茶は美味しかったんだよなあ。
自分の身体がわからない。


IMG_3510

そしてこちらが、噂のクレイです。
粘土層から取り出したクレイは、様々なミネラル分が豊富。
浸透圧作用に優れているので、体内の毒素を外に排出する機能があると言われてる。
お嬢のアトピーで悩んでた頃に知って、気になっていたんだけど、調べる前に終わっちゃったんだよね。(つまり別離…)

それから、ずっと脳内のどこかにあったクレイについて学べるとは、わくわく・うきうき。
そのクレイとハーブを混ぜたクレイパックの作り方+やり方を教わったの。


IMG_3512

混ぜるのは、ドライハーブ、クレイ、ハーブティー。
まずはカモミールとラベンダー、そしてヨモギを、バイタミックスで粉々に。
その中に、クレイを加えるよ。


IMG_3518

その粉ミックスに、レモンバーベナティーを適度な分量で。
こねこね、混ぜ混ぜとして、ハーバルパックの出来上がり。


IMG_3521

手に塗ってみたら、おお、乾燥していく速度がハンパない。
この状態で15分から、長くて30分、そのままで。

その後で水で洗い流したら、あらまあ、つるつるしているわあ~。
あー、こんな手触り、一体何年ぶりかしら。
……うん、大丈夫、泣いてない。

このハーバルクレイと、別な種類のクレイ、混ぜる用のドライハーブなど、またまた沢山お土産をいただいた。
帰ったら、早速顔に使ってみたいです。


IMG_3523

次は季節柄、風邪に効くハーブの紹介を。(10月だったので……)
前にも教えていただいた、Elderberryの登場だ。

お薬売り場を見ると、Sambucusという名前で良く見かけるシロップ。
それが、このベリーだったのね。

血液浄化、便秘、抗酸化、疲労回復などなど、そして勿論、風邪薬。
といっても、風邪のひき始めに摂るのが大事なんだとか。


     IMG_3525

IMG_3524

Yさんお手製のエルダーベリーシロップを飲ませていただいたんだけど、いやー、これ、マジで美味しいです。
デトックス作用もあるので、体質改善の為に、一定期間飲み続けるという摂り方もあるそうで。


IMG_3526

このエルダーベリーに、オレンジピールとジンジャーを加えたハーブティーを調合してくださった。
オレンジピールは消化促進や美肌効果に加えて、身体を温める作用あり。
ジンジャーも、やはり身体を温めてくれるので、風邪予防にもってこいのお茶の出来上がり。


IMG_3527

最後に、せっかくシュタイナー学校にいるので、ということで、シュタイナー系のアクティビティもやらせていただいたよ。
こちらのクレヨンを使った、ベールペインティング。

画用紙に、さささーっ、とクレヨンで色を塗って、スポンジやブラシで色を広げていくんだけど、これが楽しい!
淡い色がグラデーションで広がっていくのが、すっごく楽しいの。
絵を描くなんて、ほんとに何年ぶりだろう。
お嬢と一緒に楽しく描いていた頃を思い出して、すっかり夢中になってしまったです。
ああ、やっぱり好きだなあ、シュタイナー。


すっごく楽しかったクラスを終えて、お土産も沢山いただいて。
帰ってから淹れてみたハーブティーの美味しかったことったら。
ほのかに甘いベリーとオレンジ、そしてジンジャーの薬味で、ぽかぽかと身体があったまってくるんだよ。
実際この後、風邪をひいた時、とってもお世話になったです。

あと、クレイパックもやってみた。
贅沢に、結構全身に近い範囲でやってみた。
水分を加えすぎて、だいぶゆるくなっちゃったんだけど、洗い流した後は、やっぱりすべすべ。
しかも、その後もずっと続くラベンダーの香りで、癒し効果も大。(うっとり)

クレイも数種類あるので、それの合う・合わないもありそう。
私も昔は敏感肌で、基礎化粧品もしみたりしたこともあったので、パックも手を出さないようにしてきたんだよね。
大丈夫だったのはとても嬉しいけど、頻度や分量は、様子を見ながらやっていこうと思ってる。

この次の12月のクラスでは、ハーブのお料理を教えてもらったよ。
シュタイナーのアクティビティも、素敵なランプを教えてもらったよ。
早く自慢したいので、次回もハーブクラス記録を続けるぞ。
[PR]
by senrufan | 2015-02-12 14:35 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/24130847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ノンノン at 2015-02-15 02:00 x
オバマさんのコマーシャル、なかなかチャーミングで、くすっと笑ってしまいました。

National Prayer Breakfast 2015のスピーチ、聞いてみました。
オバマさん、ちゃんと言ってます「これは特定のグループや宗教についての話ではありません。
(人間という生き物であるかぎり)ひとりひとり誰もが持っている傾向についての話なのです」と。
その誰もが持っている傾向について具体的に話すために例を出しているのが、スピーチのあの箇所でした。
「だって隣の太郎君もあんなことしてるし」と他の人の話を例に持ってくる代わりに
(よくやってしまいますが、graceful ではありませんよね?)
「私にもそういうところがありますし」と言っているということなんじゃないでしょうか。
これは多分、特定のグループや宗教に属して「いない」人にも(例えば私のような人にも)当てはまる、
人というものが持っている「普遍的な」傾向なのでしょう。
そして気をつけていないと、悪気もないうちに人を傷つけてしまうことになるから、
「人間にはそういう傾向があるものだということを、心に留めておこうではありませんか」
とリフレクションしているスピーチなのだと私は思いました。

ところで全然話は違いますが、Miyuki さんと同じで私も、「村上さん」は読むとしたらエッセイだけです。
(村上さんの話はこれで終わりにしますが(笑)、これだけは言っておきたかったので)。
もともとノンフィクションのほうが圧倒的に好きという理由もありますが、
村上さんのフィクションは、残念ながら私にはちょっと無理です…。

よい週末をお過ごしください!

Commented by Miyuki at 2015-02-15 13:06 x
*ノンノンさん
Happy Valentine's Day!

うわあ、聞いてくださったんですね! 解説ありがとうございます!!
私が日記を書いた時、全文が見つからなかったので、とりあえず載せてしまったのですけど、本当はいけないことなんですよね。
ノンノンさんが聞かれて解釈されたのなら、もーー全面的に信頼して拝んでしまいます。(お腹を見せるポーズ)
解説してくださったこと、ほんとにその通りと思います。
で、自分にもそういう傾向があるということは重々承知で、気をつけなきゃといつも思ってるくせして、はっと気がつくとやっている……で、そのたびに頭を抱えてます。
これからもっと年を取るに従って、この傾向は更にヒドくなっていくのでは、と、また焦る気持ちに拍車がかかります(涙)

村上さんのご本で、読まれるのはエッセイだけというのは、前もおっしゃってましたよね~。で、私を大変勇気づけてくださったという(笑)
いやあ、周りにハルキストの人が多くて、なかなか言えなかったんですが、ノンノンさんがお仲間とわかって、すごく気が楽になったのでございます。
まあ、彼に限らず、なぜか日本人作家さんのフィクションはあまり得意ではないんですが。

ノンノンさんも良い週末をお過ごしくださいねー♪


<< 適所適量の心得で 私の器を作るもの >>