自然が許す範疇は (下)

「平和は戦争よりもよい。
というのは、平時において息子たちは父親たちを埋葬し、
戦時において父親たちが息子たちを埋葬するからである」
   ----- フランシス・ベーコン
       (イギリス人、哲学者、1561年1月22日生まれ)


エボラ出血熱を始め、世界各国で医療活動に従事されている、「国境なき医師団」の方々。
医療といえば思い浮かべるのが、フローレンス・ナイチンゲール、って、どんだけ単純なのワタシ。
近代看護の母と言われ、「白衣の天使」の象徴のように思われている向きもありましたが、
実際はかなりの実際家であることが周知されるようになってきましたね。

日本版Wikiの彼女についての記述に、以下のような文があります。

「ナイチンゲールは赤十字活動には関わっておらず、むしろボランティアによる救護団体の常時組織の設立には真っ向から反対していた。これはマザー・テレサと同様、“構成員の自己犠牲のみに頼る援助活動は決して長続きしない”ということを見抜いていたためである」

すごく大切なことだと思うのです。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_3639

オーガニックライフスタイル・ジャーナリストの吉度日央里さんの講座体験、第2弾。
今回のテーマは、「ココロとカラダをきれいにする!マクロビュッフェ&トーク」
日央里さんお手製のマクロビランチをご馳走になりながら、色々お話をうかがおう&相談させていただこう、という企画だよ。




IMG_3638

最初は前日と同じく、簡単な座学から。
前日とほぼ同じ内容で、マクロビオティックの基礎となる知識を、分かりやすく。
お話が上手でいらっしゃるので、あっという間に時間が経っちゃうね。


IMG_3636

さて、この時は、少人数でのアットホームな話やアドバイスが中心だったので、
ここでは基本、お料理の記録といきましょう。
まずは炊き上がったよ、黒豆入り玄米ごはん
小豆と同じく、腎臓をケアしてくれる黒豆は、女性に強い味方だね。
ほっこりと美味しそうなご飯を、天地返しする時のやり方を見せてくださった。


IMG_3660

ビュッフェ形式ということで、テーブルに並べられたメニュー。
うおおぉ、どれも美味しそうで大変です。何がって、私のヨダレ的な(ヤメロ)


IMG_3642

彩り野菜の吹き寄せ漬けは、名前通りカラフルな。
大根、にんじん、セロリ、グレープフルーツを具として、醤油&ヴィネガーに漬けてあるのだけど、
和風にも洋風にも合う素敵な一品。

前日に日央里さんがおっしゃっていたのが、こちらの大根は辛い!ということ。
日本と違う材料なので、調味料の加減が難しそう。
そうだよね、私も日本のレシピばかりにお世話になっているけど、やっぱり味見して確認しないとね。


IMG_3650

青梗菜とわかめのしょうがおひたし
これは美味しくて、すぐ作れて、早速お気に入りになったメニューだよ。
青梗菜は、こちらではオーガニックも手軽に手に入る、ありがたい野菜の一つなので、もっと使いたいんだよね。
カルシウムが豊富だし。


IMG_3645

IMG_3647

かぼちゃの豆乳クリームペンネは、途中からの作り方も見せてくださったよ。
蒸したかぼちゃにホワイトソースが絡んで、優しいお味でありました。

乳製品を使わない豆乳ホワイトソースは、いろんな方がレシピを作っておられるのだけど、
なかなかこれ、というレシピに出会いにくいものの一つでもあり。(個人の感想です)
メインとして使えるものだけに、私ももうちょっと工夫してみたいなー、と思うことが多いね。


IMG_3658

どーん!と鍋一杯のボリュームメニューは、大根と車麩の粒胡椒煮
素揚げした車麩と、油でしっかり炒めた大根は、ほんとに身体を温めてくれるよね。

冬に嬉しいこちらのメニュー、早速家でも作ったよ。
味付けする時のコツも教えてくださったおかげで、不器用な私でもなんとかなりました。うま。


IMG_3656

汁物は、根菜と梅干のポトフ
大根、れんこん、玉ねぎ、にんじん、お芋と、盛り沢山。
梅干の酸味が柔らかく加わって、これも優しい味わいの。


IMG_3667

お皿に盛り付けてみると、こんなに華やかになるなんて。
マクロビご飯はどうしても茶系に統一されがちだけど、それって実は、食材に幅がないだけだったり。
季節野菜を上手に選べば、目にも嬉しいご飯になるんだよね。
海の物・山の物を揃えて、とか、赤・黄・青の色が揃うように、とか、いろんなやり方があるし、
1日~数日単位で考えた時に、調理法&食材がバラエティ豊かに揃っていたいよねえ。(個人の希望です)


IMG_3679

デザートの、お芋とりんごの天板タルトをいただきながら、一人ひとり順番に、自己紹介を兼ねて、自然食に興味を持った動機や家族事情をお話ししたよ。
やっぱり、ご自分や家族の誰かが病気になった時というのが、一番のきっかけになりやすいんだな、と聞きながら思ったよ。
そうだよね、私だって、激務の旦那を何とかサポートしたくて、マクロビを知ったんだもんね。

そうやってみんな、自分にできる何かを探してて。
日本で習ったりしてみたいのに、海外在住だから、できなくて。
だから、pyonさん達がこうやって、いろんな方を日本から招んでくださることに、どれほど感謝していることか。
その裏で払われているご努力に、毎回頭が下がりっぱなしです。

おかげで、いろんな先生方と出会えたけど、うん、やっぱり最後は相性だなあ、って。
どの先生方もとても良い方で、だけど、再びクラスを受けたいかと言われれば、正直言って、限られる。

それは、お料理の腕や知識の量は勿論のこと、先生から感じる姿勢とか、生徒への接し方とか、
いろんな面から感じる何かで、思うこと。
決して批判ではなく、自分がより居心地良く学べるクラスというのがあるよね、という話。

そう考えると、「教える」って本当に大変なことだよなあ……と、改めてしみじみ。
更に、たとえば初めて出たマクロビのクラスで、たまたま自分と相性の良くない先生に当たったら、
当然、マクロビへのイメージもそうなってしまうわけで。
料理のみならず、クラスも一期一会であるけれど、逆にそうやって思いつめると、それはそれで逃げ道がなくなるし。

柔軟性、ということについて、改めて考えさせられたワークショップ体験でありました。
[PR]
by senrufan | 2015-01-22 12:48 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/24047812
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by こっぺ at 2015-01-24 23:15 x
今年もよろしくお願いしまーす!
美味しそうだなあ。玄米が年々食べられなくなってるのでマクロビができないんですが、お料理は工夫がたくさんあって取り入れたいものがいっぱい。でも私のような不真面目なものが教室に行ったら先生は嫌かなあと思ったりして。
現代栄養学でも佐々木敏さんという学者がいるんですけど、この人の栄養学の本には愛があって、栄養学が身近に感じられるようになりました。それで今は食事記録をつけ始めたものの、やっぱり日々の記録は結構面倒です。何を書いてるのやらですねすみません。

Commented by Miyuki at 2015-01-25 14:12 x
*こっぺさん
こちらこそ、よろしくですーー!(愛)
いやいや、マクロビ=玄米じゃないですから! それは玄米菜食であって、マクロビじゃないですう。そういう方は白米や胚芽米を選ぶのがマクロビですからね、そこ、どうぞひとつよろしくです。
でも、それもまた指導する方によるんでしょうね……玄米を絶対とする指導者の方のクラスは、私も無理です、とほほ。
佐々木敏さん、検索してみたです! またこっぺさんのおかげで、新しい知識が♪ さて、いつまで覚えていられるかな(おい)
最近どこかで読んだのですけど、栄養学って以前とはすごく様変わりしてきていて、大きく転換しなければならない、みたいなことだったんですよね。要は数十年前のように、栄養数値の合計とかはいかんと。
だから、個人の食事記録ってすごく良いと思うんですよ。その人がどういう食事をとったら、どういう身体の変化があったか。結局、あれがいい・これがいいという決め付けより、その人に何が合ってるかということを、いかに柔軟に見極められるかということが肝心なのであって、それがマクロビだと勝手に思ってます。
すごく面倒だと思いますが、こっぺさんが一番納得できる何かが見つかるかも! がんばってーーー
Commented at 2015-01-26 11:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Miyuki at 2015-01-26 12:19 x
*非公開コメントLさん
お忙しい中、ありがとうございます!! わがままを聞いてくださって本当に感謝です~。ご縁を保ちたい一心で……すみません、すみません。
私も同様な方法を取りたいという思いを持ってはいるのですが、惰性でこのままになっているのを、背中を押していただいたような気になりました。
そうですか、お戻りになられますか! そのあたりの経緯など、またゆっくりお聞かせくださいませ。K県なら、私の実家もございますよー、ってだからナニ。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します~~。
Commented by ustomi at 2015-01-26 15:48
miyukiさん;早速のお出でを有難うございました。

こうしてみると ベジタリアン のご馳走は彩りも良いですね。
それに 黒豆のご飯は お赤飯かと思いました、 この様な教えてくれる機関が有りません、きっと 日本人駐在員が多い地区、例えば オレンジカウンテイ、トーレンス、などにゆけば有るんでしょうが、後はアメリカン人社会で探すかですね。

もう私は この様な方々との付き合いは無く土地っ子ばかりです そして余りその様な事に興味が無い人々が多いですね。

此方で見せて頂いてから 何処かで検索したらよいかも;

この頃は身体的に弱ってきているせいか デイリーフード はダメで、豆乳が一番かなと思って居ます、が家では未だ大きい
ステーキを食べる人が居ますからね、少し野菜が続くと
中華料理を3品くらいテイクアウトしてきています、胃腸の丈夫な人がうらやましいです。
処で この中の サラダの色どりと同じカラー のメキシカンダンス サンタバーバラ見たのを スライドショーしましたお楽しみください。
火曜日から ハワイに行きます、気が休まるかな? PC は持って行きますから 又伺えると思います、 私は デスクトップが好きで家では それで 旅先では Lap Topです。

http://youtu.be/4WGeXLmBQoE
Commented by ノンノン at 2015-01-27 04:05 x
村上さんのブログ(? あのサイトはブログじゃないですよね? 
なんとお呼びするのがよいのでしょう?)で、
ペンネームが「医師なき国境団」という人がいました。
「国境団」って(笑)。
「国」じゃないんですよ、「国境(くにざかい)」が集まって
なんかお話とかしてるわけですよ。なんか可愛い♪

ナイチンゲールのあの記述、私も読みました。
私も同感です。
ナイチンゲールはご本人で活動された経験も踏まえて
あのような意見を持たれ、その洞察をシェアされたんだなと思うと
すごいなって思います。

Commented by Miyuki at 2015-01-27 14:01 x
*tomiさん
LAなら絶対いっぱいありますよ、ベジタリアン向けのクラス!
日本人向けのはひとつしか知らないのですが(http://www.loveericinc.com/index_ja.html)、検索されたら現地のクラスが沢山あると思いますよ。Whole Foodsのクラスとかも。
本気でお探しなら、Googleさんが味方してくれることと!
「この様な方々との付き合い」は、むしろそういう場所にいかれたら始まるのではないかと思うですー。

豆乳もいいですし、ナッツミルクもありますしね。単純に置き換えるなら、いろんなチョイスがある良い時代であります♪
いやいや、胃腸が健啖でいらっしゃるのは、ほんとに良いことですよ。周囲を見て長生きされている方は、皆さん胃腸が丈夫な方ばかりなので。

スライドショー、ありがとうございます! ハワイからの記事も楽しみにしてますねー♪
Commented by Miyuki at 2015-01-27 14:02 x
*ノンノンさん
村上さん交流サイト?とかですかねー。
独特のご回答で、毎回ファンが一喜一憂してますね(笑)
「国境団」! おいっ!(爆笑)
「俺のほうがこーーんなに長いんだからなっ!」「よーし、こっからは誰のものか、ジャンケンで決めようぜ!」とかか!

賛同してくださって嬉しいです~~。
ナイチンゲールという方の業績は、もっともっと深いものだったんだなあ、と大きくなってから知りました。
小さい頃は、夜の見回りぐらいしか知りませんでしたから。
誰かが犠牲になることを当たり前のように要求されるのって、本人が心から望むのならまだしも、それがルールのようになっては絶対いけないと思います。


<< そこから生まれる閃きを 自然が許す範疇は (上) >>