高貴な色が持つ効果

「信仰の深さと不寛容さは、常に裏表の関係にあります」
   ----- 村上春樹
       (日本人、作家、1949年1月12日生まれ)


1月12日に誕生日を迎えられた村上春樹氏。
15日から期間限定で、読者との交流サイトを開設されるそうですよー。

村上春樹だけど何か質問ある? 新潮社が特別サイト「村上さんのところ」を期間限定で開設

私の友人にも、氏の大ファンが何人も。
どんな質問が寄せられて、どういう回答をされるのか、すっごく楽しみであります。

* * * * *

【レストラン】

     IMG_4855

過去記事の順番を無視して、11月下旬にオープンした新しいお店の話。
や、すっかり気に入って、昨日で3回目の訪問を果たしているので、いい加減書かねばならん、とな。

ベジィな方々だけでなく、芸能人の方々まで、すっかりメジャーになった感のあるスムージー
その中で、少しずつ名前がクローズアップされてきているのが、Açaí(Acai、アサイー)
アマゾン原産の植物なんだけど、この木の実が非常に抗酸化作用が高いということで、
パウダー化した商品が販売されたり、アサイーを入れたスムージーやジュースをメニューに入れるお店が、どんどん増えているんだよね。
我が家もこちらのパウダーを、家のスムージーに時々入れてます。

で、そのアサイーをメジャーにしたメニューは、アサイーボウルというもの。
ボウルって、要は日本語だと、丼です。(身も蓋も)
Wikiさんによると、ハワイで出てきたそうですよ。

前置きが長くなったけど、このアサイーボウルの専門店というのが、大好きな街にできたよ、
というのをerinちゃんから教わって、2人で行ってみたところから、物語は始まった。(ぷっ)




IMG_4445

シンプルな外装に、あっさりした内装。
でも、実は細部にはこだわってます、ということがうかがえる。

カウンターテーブルが壁とキッチン側にあるのと、あとは8人掛けぐらいの長テーブル、2人用のソファ&テーブルと、大人数よりはお一人様や2人ぐらいのお客様にちょうど良い造り。


IMG_4444

メニューがあるのは、壁のボード。
9種類のボウルがあって、カシューミルクやバナナ、デーツが、多くに共通した材料になっている模様。
あ、もちろん、アサイーを忘れちゃいけないね。

それ以外に、ゴジベリーやココナッツフレーク、ジンジャーなど、プラス$1~2で、エクストラの材料も足してもらえるよ。
中でもビーポーレンと抹茶パウダーを、いつか試してみたい所存。
ヴィーガンアスリート系の方には、Rawのプロテインパウダーも用意されてます。


     IMG_4458

ボウル以外にも、スムージーとジュース、そしてVerve Coffeeもあるんだって。
コーヒーには、アーモンドミルクとソイミルクも用意されているところが、なかなか良かですたい。

9種類から、迷った挙句に選んだのは、erinちゃんはまずは定番系で、私はグリーン入り。
ボウルのサイズは、レギュラーとスモールがあるそうで、erinちゃんはレギュラー、私はスモールを選択だ。


IMG_4452

erinちゃんのCardinal
ベースがアサイー、いちご、バナナ、デーツ、カシューナッツミルクで、
トッピングがグラノラ、バナナ、いちご、ブルーベリー、そしてハチミツ。
ちなみにハニーは、ボウルを持ってきたお店の方が、ハニーはいりますか?と聞いてくれるので、
Yesと言えば、その場でしゅるしゅる、とかけてくれる仕組み。
まあ、ブラックペッパーとかパルメザンチーズみたいなもんだよね。(それもどうか)


IMG_4455

私のは、Omni-Green
ベースがケール、ほうれん草、ブロッコリー、アボカド、ヘンプシード、りんご、バナナ、デーツ、カシューナッツミルクにアサイー。
トッピングがグラノラ、バナナ、ヘンプシードで、ハニーもお姉さんにお願いして、かけてもらったよ。
スモールサイズは、レギュラーの2/3ぐらい、かな?


IMG_4456

トッピングに隠れて見えにくいんだが、中はこんなにグリーン・グリーン。
アサイーは紫色なので、スムージーにアサイーを入れると、パープルになりやすいんだけど、
これだけグリーンが入っていると、さすがに負けますな。

んでもって、いやー、美味しかった、んまかった。
というか、自分がすんごく”慣れ親しんだ”味と材料なので、安心&リラックスして食べられるのも大きくて。
ブロッコリーがちょっとクセがあるけれど、私には無問題。(味オンチということか)

特にerinちゃんの選んだCardinalあたりだと、ベースがいちごとバナナ、ブルーベリーだからね。
いまや一部の方には、普通の定番朝食の内容だし、美味しいと思う人が沢山、だと思うんだよ。
女性の方は特に。


     IMG_4861

2回目の訪問時に頼んだのは、Best Day of My Life(BDOML)
オーダーするのに、ちょっと照れますな。

ベースはPitaya、ピーナッツバター、いちご、バナナ、デーツ、カシューナッツミルク。
トッピングはグラノラ、バナナ、ヘンプシード、あんどハニー。

Pitayaというのが何かわからなくて、お店の方に聞いてみたら、ドラゴンフルーツのことだって。
はたして出されたボウルは、正にドラゴンフルーツのホットピンクでありました。
これまた、んまかったー。


     IMG_5793

そして3回目の昨日は、私はSunrise
これまたドラゴンフルーツ入りなので、またまた鮮やかピンクの一品。
友人2人はそれぞれ、PowerhouseUnplugged

カカオベース、ドラゴンフルーツ&マンゴー系、ブルーベリー入りと、3種類の食べ比べ。
ベースが共通しているので、それほど大きな差はないのだけど、フレーバーの違いを楽しめる。

でも、そうは言っても、やっぱりバナナの存在感はデカいぞ、というか。
バナナが入ってるおかげで、甘味料がいらないのは嬉しいのだが、どうしてもバナナって、主張しちゃうので。
レギュラーサイズかスモールサイズか、と迷った時、レギュラーでも十分食べきれる大きさなれど、ずっとこのバナナベースの味が続くと思ったら、飽きる人もでてくるかも、と思うんだよね。
だから、私はスモールにして、その分、ほかのメニューも試したの。


     IMG_4450

ほかのメニューは例えば、こんなEnergy Ball
ドライフルーツとナッツ、カカオニブなどで作られたロースイーツで、これまた馴染んだ味で、ほっとする。


IMG_5796

昨日試してみたのは、Chia Pudding。カエルの卵じゃありません。
材料はチアシード、カシューナッツミルク、メープルシロップ、バニラ、シナモンのみ。
水分を含むとぷるぷるになるチアシードを利用したプティングも、いまやロースイーツの定番となりつつあるメニューだね。
甘さ加減が私好みでありました。(つまり、かなり控えめ)


IMG_4453

IMG_4857

ほかにも、市販品やお店が作った品が、色々と。
お店のロゴ入りTシャツやメイソンジャーなども。


     IMG_4862

テーブルにはゲーム類や絵本が置かれていて、女性2人のお客さんが、おしゃべりしながらボードゲームを楽しんでたり、という風景も良いものだ。
お子さん連れにも、良い感じ。

ジャンクフードもお肉やお魚も、特に外食では、こだわらずに楽しんでいるけれど。
アサイーボウルも、家で作ることもできるけど。
それでもやっぱり、ふらっと寄って、ささっと作ってもらえて、しかも自分好みで美味しいとなれば、
そらもう、とっても助かる場所なのだ。

これからも何回も通うつもり満々の、どうか潰れないで(縁起でもない)と願うお店の一つです。


IMG_4447


Bare Bowls
530 Emerson Street
Palo Alto, CA 94301
[PR]
by senrufan | 2015-01-12 11:25 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/24006955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ノンノン at 2015-01-14 13:50 x
村上さんのおっしゃっていること、何となくわかります。
でも、「常に」ではないような気がします。
例えばマザー・テレサは違ったのじゃないでしょうか? 
修道女の服装の代りにインドのサリーを着て、
看護された方はその方の宗教で看取るという姿勢は、
寛容さと、
一人ひとりの人間に対する深い慈しみから生まれたものじゃないかなって思うのです。
Commented at 2015-01-15 03:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Miyuki at 2015-01-15 14:26 x
*ノンノンさん
私はこの言葉をもっと単純にとらえてしまったんですよ~。
実際、一宗教に一途になるということは、それをイコール”唯一の正義”としがちですから、ほかの宗教や信念に対して、間違っているというジャッジを下したりしちゃいますよね。宗教ほどのことでなく、ほんの日常の些細なことでさえ。
でも「表裏一体」という言葉があるように、表と裏というのは、あくまで共にある存在であって、その内容は相反することを意味しているのではない、と勝手ながら解釈しておりまして。信仰の深さは確かに不寛容を伴いがちですが、マザーテレサのように表も裏もない、全一致した寛容のレベルに到達された方々が確かにいらっしゃるということは、すごく励みになりますよね~。
Commented by Miyuki at 2015-01-15 14:28 x
*非公開コメントさん
あー、それはちょっと心を折られる発言ですね……ご本人は意識されてなかったのかもしれませんが、無意識だったら、それはそれで怖いなあ……
私個人としては、宗教はとても大切だし、どの宗教にも敬意を払いたいと思ってます。でも上のコメントでも書いたように、それこそクラスでどのグループに入るかで一線を引かれてしまうような世の中で、宗教ほどの大きなイデオロギーに対して差別感情を持つなと言っても無理なんだろうなあ、と半ば諦めておりまして。
そんな人間感情じゃなくて神に従うことなんだから、どんな人でも受け入れられるはず、と、宗教だからこそ期待できるはずのことが、裏切られ続けてきたのが人間の歴史でありますからね……仰ぐのは神でも、実行するのは人間。だったらはなっから人間レベルで対峙すればいいのに、神を大義名分にしようとするから、更に始末が悪い。どんな背景も選択も、その人に属するものであって、その人と誰かと自分を区別はしても、差別するものではないのに、なー。
はっ、すみません、非公開さんに甘えて否定的なことばかり……! ここ最近のあれこれに加えてシャルリー事件で、更に頭がウニ化しております……
Commented by ノンノン at 2015-01-16 02:10 x
そうそう、”唯一の正義”と書いてくださったので思い出したのですが、私がBible Study で通っていた教会の牧師さんは偉かった
(ってそりゃ牧師さんだから、それだけで当たり前に偉いんですけど 笑)。
彼女は「神に至る道はたくさんあると思います。他の宗教や哲学や芸術や、人によって最も合う方法は違うでしょう。
ただ、「私にとっての」最善の方法は、キリストを通してということなのだと思います」と言っていました。
しかもそれを私の前だけじゃなくて、彼女の教会の信者の前でも普通に言っていたので、私のほうがびっくりしたのですが、
でも勇気のある強い人だな~と思いました。
Commented by Miyuki at 2015-01-16 13:08 x
*ノンノンさん
それそれ、それです、その言葉と精神です!
ほんとに、その人の神を信じれば良くて、その信じ方もその人なりで良いのです。
でも、それはキリスト教でなくてはいけないとおっしゃる牧師さんが多数派ですから、それが人によっては、かえってキリスト教への門戸を閉ざすことになってしまったり。
同様に、その牧師さんの発言に、眉をしかめていらっしゃった信者の方もいらっしゃるんだろうなあ。当の牧師さんは、ノンノンさんの心に響いてくれたなら、それで十分と言ってくださるような気がしますが(希望)


<< 天然素材の恩恵に 細めに開けた隙間から >>