貴方が貴方である意味を

「あなたが他人にしてあげられる最も偉大なことは、
冨を分け与えることではなく、その人の中にある素晴らしさを示してあげることなのです」
   ----- ベンジャミン・ディズレーリ
       (イギリス人、政治家、1804年12月21日生まれ)


2014年12月21日は、こちらのカレンダー上では、Winter Solsticeの日。
日本では、翌22日が冬至でしたね。

今年の冬至は「朔旦冬至(さくたんとうじ)」と言って、新月と冬至が重なるという、19年に一度の日だったそうですよ。
今年はこの手の、「○○年に一度」という天文ショーが多かったような印象が。

今年は19年に一度の「朔旦冬至(さくたんとうじ)」

2014年12月22日は19年に1度の「朔旦冬至(さくたんとうじ)」

思えば今年は、月の運行と旧暦を記したカレンダー作りから始まったのでありました。
今年も作ろうと思っていたのですが、いや、ほんとーに思っていたんですけど(二度言う)、
こんなカレンダー販売のお知らせをいただいたので、ちょうど日本に出張中の旦那に持ち帰りを頼むべく、購入いたしました。
クリスマスプレゼント的に、25日に届く予定でございます。つまり、彼の帰宅。(どっちが大事なんだ)

なぜか昔から、冬至の日が好きな私。
始まりの日とか、そういう理屈は置いといて、ただ、これから日が長くなっていくんだ、ということが嬉しくて。
深刻な雨不足のカリフォルニアで、ここ最近の雨続きにとても感謝しつつ、
それでもやっぱり陽の光と、まだ明るい夕方が、子供の頃からずっと好きなので。
大好きなホリディシーズン中の冬至の日は、一年でも大切な一日と感じてしまうのです。

* * * * *

【雑事】

     IMG_4669

2009年に書いたことが頭にあって、一昨年昨年と、冬至の時に、子育て関連ぐだぐだをつぶやいたことがございます。
なんとなく自分的恒例として、今年は何を書こうかなー、と思っていた頃に、こういう記事を読みました。

自分に価値があると思わない子どもたち~「自尊感情」とは何か~

こちらに関連した思いを、またごくごく一部を切り取った形で、ぐだぐだと書いていくテスト。
挟んでいく画像は、先日友人が連れて行ってくれた、サンフランシスコのHyatt Hotelで撮った写真です。
いつものように、これはあくまで自分の整理の為のうだうだなので、
基本、この先には進まれないことを、強くお勧めいたします。




IMG_4643

(以下、アメリカと日本、なんて分類できるわけでは全くないのを、重々承知で書きます。
いやほんと、アメリカって何億の人がいるの、ってなことは、とっても良くわかってますので、どうかお許しを)


ずっと前にお嬢が、自分の周囲にいる日本の子は、プライドは高いのに、自尊心が低い子が多い、と言ったことがございます。
大変おバカな母ちゃんは、プライドと自尊心は、英語では別物だ、ということを、この時にようやく知ったのでございます。

自分について考える時に、努力もしてないくせして、プライドばっか高いイヤな奴、と思います。
人のことは傷つけるくせして、自分は打たれ弱いという情けなさを感じては、落ち込みます。

こういう自覚があるので、ここ数年で目立って増えてきたヘイトや、ネット上の攻撃などについて、
個人的に、「プライドと自尊心」という視点から考えることが多く。
故に上記記事は、知識としてその解説をいただいたという感じで、ありがたく拝読いたしました。


IMG_4642

例えば何か、自分が良しと思ってやっていることについて、批判意見を述べたブログを読んだ時。
そこでカッチーン、ときて、罵倒コメントを残す人がいらっしゃいますよね。
そういうコメントを目にすると、ああ、この人は私と同じく、自尊心が低くて、プライドが高い人なのかもしれないな、と思います。

それは、自分自身を掘り下げてみた時に、とても思い当たることがあるからで。
自分が選んだことに、自分がやっていることに自信があれば、端から批判を受けても、気にしないでいられる、と思うんですよ。
それが、実は自分の選択に自信がなくて、もしくは、どこかに罪悪感や不安があった時。
その人は、自分なりの意見を述べただけであるのに、また、私個人への批判でも何でもないのに、
怒りと悔しさのあまり、なんとか相手が間違っていると思い知らせたい、と躍起になってしまったり。

つまり、自分が正しいのだ、と思いたい、んですよね。
君が正しいよ、君が正義だよ、と誰かに認めてもらわないと辛い、んですよね。

それは、自分が選んだことに対して、実は自信がないから。
誰かに比べて、損をしてないかどうかが、気になってしまうから。

自分は自分、という言葉は、それこそ何億回と言われてきたと思うんですが、
それがしっかりと身についている考えならば、実際に目の前で反論されたわけでもないことに対して、そこまでの怒りを覚える必要がないのであって。
人には人の価値観がある、ということが、きちんと身の内に確立されていれば、
ああ、そういう見方もあるよなあ、と、むしろ学ぶこともできるはず、なのに。

自分がやってきたことを間違ってると思ってしまったら、そこまでかけてきた時間や労力が無駄になってしまって、あまりにも悲しいから。
そこからやり直す気力がない自分を棚に上げて、人のせいにしてしまう。
人のせいにしていれば、自分が正しいと思っていられて自信が持てるし、自分が変わる必要もなくて楽だから。

全部ぜんぶ、私の中にある、醜くてどうしようもない、でも目をそらすことができない「気持ち」。
なので、ネット炎上コメを見たり、たとえば電車内のベビーカー論争などを目にしたりするたび、こういうことなのかなあ、と思ってしまうのです。


IMG_4641

リンクさせていただいた記事から考えれば、結局この”自信のなさ”というのは、
「基本的自尊感情」が乏しいから。
だから、「社会的自尊感情」がより多く必要となり、他からの賞賛や承認を強く求め、
その不安定さが故に、自分とは違う意見に過剰に反応してしまう、ということなのだと思います。

自分はこのままの自分で愛されている、という「基本的自尊感情」がしっかりしていれば、
その上に後天的に積み上げられる、自分は役に立つ・価値があるという「社会的自尊感情」もまた、バランス良く保持できるわけで。
それが、土台が不安定でぐらぐらしているところに、どれだけ上に箱を積もうとしても、困難で。
倒れそうで不安定だから、もっと上に積んでいかなきゃ、と感じる焦燥感。

それを他人にぶつけるというのは、自分の中ではどれだけ正当性をぶち上げようとも、ただの八つ当たり。
自分は自分、という大元が揺ぎないものであればあるほど、その必要はないことなので。
そう考えるに、ますます子供時代に、親が与えるべきものは、
ありのままのその子を愛してる、ということを、どれだけしっかりと伝えてあげられるか、
ということに尽きるのではないか、とさえ思います。

私自身が、どれほどお嬢に、そういうことができなかったかということと、自分と親との関係については、以前に日記で書きました。
彼女の思春期を通じて、自分のあらゆる欠点も、恥ずかしい過去も、全てひっくるめて自分なのだ、という”受け入れ”が、ようやく少しずつできるようになってきて。
お嬢に、ありがとう、ごめんなさい、を素直に言えるようになった、という、これまた赤っ恥を、
以下のように書いたようですよ。(他人事かよ)

 あの日、あの時、繋いだ手 (5) (6) (7)


IMG_4662

冒頭に戻りますが、日本の子供の「基本的自尊心」の低さについて考えるに、
自分が育ってきた過程や、自分がお嬢を育てた過程を、「日本的」と称するならば、全く不思議はないことで。
それについての後悔も、以前に書いていましたね……
この毒親は、どんだけ反省しても、し足りないようですね……

アメリカと日本の思春期について、お嬢が感じたことを、あくまで一例と承知の上で、それをベースに考えてみれば、
思春期の”自分探し”を経て、自尊感情を高めていくアメリカの子と、
”他人からの評価”に、より敏感になっていかざるをえない日本の子と。
どちらが良い・悪いということではなく、それは当然、違う方向に進んでいくだろう、と思うことは、
少なくとも間違いではないでしょう。
まあ、ぶっちゃけ、アメリカと日本なんて比較はなく、そういう育ち方をしたAとB、という事例、
なんですけど、ねー。

ですが前述したように、人から認められないと、自分の価値が実感できない、と感じること。
また、自分がやってきたことを否定されると、やり直しがきかないと感じる気持ちが強ければ強いほど、恐怖もあって反発してしまうこと。
これは、日本で教育を受けてきた自分だからこそ、とてもわかりやすい図式であるように思います。

諸事情により、すっかり止まってしまっているお嬢の帰国子女受験体験シリーズですが、
あの頃、入学時から学部を決めなければならないことや、専攻や教授の質ではなく、大学名にこだわった学校選びなどを見るにつけ、
この「やり直しがきかない」感の強さは、そういうところからもくるんだろうなあ、と感じたことを思い出しました。


IMG_4672

以前、先輩ママさんと、昔の、例えば中学時代や高校時代にさかのぼって、人生をやり直したいか、と聞かれたら、どう思う?という話をしたことがあるんですよ。
先輩ママさんの周囲では、そうしたい、学生時代に戻りたい、という方が多かったそうなんですが、
先輩も私も、どの時点にしろ、絶対戻りたくないんですね。

それはもう、恥だらけ・後悔だらけの人生ですから、戻って、もっとマシな選択ができるなら、
もっと人を傷つけずにいけたなら、どれほど良かったか、とは思いますけれど。
それでも、そんな羞恥と後悔と涙をぜーーんぶひっくるめて、今の自分があるんだ、という気持ちを捨てきれないのです。

だって、人生をやり直してしまったら、今までに会った大好きな人達や、素敵な出来事に遭えなかったかもしれなくて。
父も母も、旦那も、全く違う人だったかもしれなくて。
何よりも、やり直すことで、今の自分達の子供が、違う子になってしまったら。
それが一番イヤだなあ、ということで、意見が一致したのでございます。

欠点だらけの母にふさわしく、欠点だらけのお嬢ですが、それでも、自分にとっての最高の宝物。
むしろ、母の妨害工作(……)にもめげず、ここまで育ってくれてありがたいなー、と感謝するばかりでございます。

冬至が、新しい時の始まりを象徴している日、とするならば。
クリスマスが近づいて、冬至という日を迎えるたび、自分のやってきたことに対して、改めてぐだぐだ考えてしまうのは、そういうことなのかもしれません。

貴方が、貴方であることのありがたさ。そのままの貴方と出遭えた幸福を。
触れ合うたびに、温かく伝えることができますよう。

皆様もどうぞ、素敵なクリスマスをお過ごしくださいませ。

IMG_4639
[PR]
by senrufan | 2014-12-21 14:27 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/23914114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ustomi at 2014-12-27 15:07
Merry Christmas & A Happy new year;
ご無沙汰です、年の暮れに罹る恒例の疲労困憊の病気
頭痛から始まって肩こり、首が回らぬ2週間でした
(借金はないけれど)。

そうですか 今日は冬至ですか わたくしはてっきり22日かと思っていました。今回は友人から山ほどの ゆず貰いましたので ゆず湯に入りました、極楽ですね LA でゆず湯とは
これで風邪をひかないかしら;

もうすぐお正月 でも 我が家は何もしません、今までは夫がうるさく お正月なんていうからやっていたけれど、来年から全廃。
力尽き矢折れで これからの私の人生は我が道を行くです。
2.3世の友人には来年のお正月は おでん と申し渡しています。
ああー せいせいですね、あと残り少ない人生は自分の為に生きます。

彼は 今度は にじや のお重を頼むのか今悩んでいます
悩んで悩んで今までの私の苦労を身に染みてくれると良いです
今年の私の年来の不満をぶちまけてさっぱりと新しい年を迎えます、再生した私と今後もよろしくお願いいたします。
Commented by Miyuki at 2014-12-28 14:37 x
*tomiさん
遅ればせながら、メリークリスマス!
一層お忙しい年末ですから、どうしても体調も崩しがちになりますよね……
今は少しはマシになられているといいのですが。

ええと、日記の内容と日付を良く読んでいただければ、冬至は21日だったとおわかりになるかと(汗)
ゆず湯、うらやましいです~! そうですよ、きっとゆずが良い仕事をしてくれたはず♪

お正月は旦那様のほうがこだわっていらっしゃったんですね。
でもそう、大変なのは奥様のほう。tomiさんがお辛いならやめていいのです、ってなにをエラソーに。
ご自分の為に、と言うことができるのは、それだけtomiさんががんばってこられたからこそ、と思いますよー!

うふふ、ニジヤのお節ですか。よほどお好きなんですねえ。
いっそ、ご自分で作ることに挑戦されたら? それはそれで楽しい年末の風物詩になりそうですね。
こちらこそ、来年もどうぞよろしくお願いいたします~。人生の大先輩として、これからもご指導くださいませ。


<< 光は周りに、その先に 出たとこ勝負の道行きは (11) >>