人としての器

現地校も今週春休み。朝から嬉々として本を読みまくるお嬢。

チョコチップスコーンを焼く。大川雅子さんのレシピより。
b0059565_12424261.jpg

1.薄力粉100g、アーモンドパウダー100g、ベーキングパウダー大さじ1、塩小さじ1/4を混ぜ、無塩バター100gをすりつぶすように混ぜ込み、サラサラの状態にする。
2.チョコチップ1/2カップを加えて混ぜる。
3.牛乳100~130ccを用意し、様子を見つつ少しずつ加えながら生地をまとめる。
4.好みのやり方でスコーンを形作って、200度のオーブンで約20分焼く。

休みの日などによく作るスコーン、フードプロセッサーのおかげで随分と仕上がりまでが早くなった。と言いつつ、あの指でバターをrubするのが実は好きなので、時々は手でも作ってみる。
焼き上がった内、半分は明日からの旅行に、残り半分は今日から鳥を預かってもらうお宅に、ささやかなお礼として。

池波正太郎著「剣客商売(一)」を読む。「鬼平犯科帳」と並んで有名な池波氏の代表作でありながら、まだ読んだことがなかったという未熟者。
緩やかな川の流れの中に、時たま投げ込まれる石とそれが招く波紋。過ぎ去った後、またいつもと同じ小川に戻る。ひたすらに淡々とした日常の断片も、剣士という人間が送るには、決して凡庸ではありえない。
剣聖と言われんばかりの名手でありながら、あくまで粋で掴み所のない秋山小兵衛と、真面目一筋な息子・大治郎。そんな剣士親子が江戸時代中期・田沼意次の時世、人知れず活躍するのだが、例え権力者が絡もうとも、それはひたすら小さな世界に過ぎない。権力争いの世の中で、そんな姿勢を自然と貫けるところに、彼らの剣士としての核がある。久々に読んだ時代物だがとにかく面白くてたまらず、早急に続きが読みたくて、今日数冊続きを買ってきてしまったぐらい。

主人公の秋山小兵衛、私の理想の男性像の一人に加えさせていただきました。彼にとっては名誉でも何でもないことですが、素敵だったのでどうしようもなく。
そんな私の学生時代からの憧れの人は植木等氏です。ハリー・ポッターのダンブルドア校長も慕ってやみません。私の辞書にない言葉は沢山ありますが、「面食い」もその1つです。

明日から5泊6日でフロリダに行ってまいります。皆様にとっても楽しい一週間でありますように。
[PR]
by senrufan | 2005-03-28 12:40 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/2382967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pannaGO at 2005-03-31 06:56
おお~。えんじょい・ふろーりだ♪
Commented by みほ at 2005-04-01 13:14 x
同じく、えんじょい・ふろりだー!
Commented by senrufan at 2005-04-04 08:42
わあ、お二人とも、ありがとうございます~!こんなに遅くなってしまってすみませんでした!おかげ様で国立公園のワニに食べられることもなく無事に帰宅しました。ぱんなさんのサイト等々、これからのネット巡りが楽しみです~♪
Commented by USAに住む江戸っ子 at 2011-02-04 09:00 x
ここは読書のカテゴリーだったのですね、すごい読書家!
ジャンルは違うけれど私も本の虫。
近頃はベッドに入って寝る前に読むので 睡眠薬がわりかナア

15年ほど前、高齢だった知人が亡くなって、ご主人が形見わけにと
おっしゃって奥様の愛蔵されていた かなりの数の本を下さいました。

読そうもない物は日本の方の多い教会に寄付をし、いつか読むかしらと
とっておいたのが 剣客商売/鬼平犯科帳のシリーズ他
池波正太郎氏の文庫本でした。

手許に本のなかった或る日、そうだ アレがあったじゃないか
思いだして、読みはじめたら面白くって止まらない。
30冊以上をかなりのスピードで読んでしまいました。

主人公の秋山小兵衛は ホントに魅力的で、現実だったら
Miyukiさんと恋の鞘あてだったかも。

本にも食わず嫌いってありませんか? これを機会に貴方の
読まれたものを読んでみようかしらと思ったりしています。
Commented by Miyuki at 2011-02-04 12:13 x
*USAの江戸っ子さん
いやいやとんでもないです、私の読書はすごく偏ってるんですよ~。
おお、江戸っ子さんも本がお好きですか! お気に入りのジャンルはどのような?(わくわく)
私も、寝る前の読書は習慣ですよ~、お仲間、お仲間♪

そして「剣客商売」を気に入っていただけたのなら、もう完全に同士ですね、私達!(大迷惑)
そうそう、ページをめくる手が止まらないとは、あのシリーズのこと。
私はまだ鬼平は2冊しか読んでないので、いつかまとめてブックオフで、という野望を持っております(笑)

おまけに秋山小兵衛も!? どうしましょう。彼よりむしろ、これだけ趣味の合う江戸っ子さんに恋心が沸いてまいりました。(やめろおおお)

食わず嫌い、あります、あります。なので、ぜひぜひ江戸っ子さんのお勧め、教えてくださいませ!
Commented by USAに住む江戸っ子 at 2011-02-05 08:37 x
小学生時代 貸本屋で江戸捕物の漫画本を(再読してみたい。

ざっとですが
10代 いわゆる近代文学や世界文学全集等を図書館で借り読
20代 Fサガン Dサリンジャー S モーム Jボールドウイン 海外もの
30代 山口瞳 吉行淳乃介 伊丹十三 乃南アサ 吉本バナナ
40代 食わず嫌いだった受賞ものを読む傾向になった 松本清張 山田詠美
50代 柳美里 江國香織 泉麻人 糸井重里

気にいった作家のものは出来る限り全て読むという読み方です。

エド-マクベインの87分署シリーズにも はまった事があり
主人公のSキャレラには惚れてました。

以上のように雑読で 年代によって分けましたが 上の作家の
新刊が出れば読んだり、、(もう出ない方もいますが)
私にとって読書は現実逃避の娯楽です。

次回作を期待しているのは重松清氏(定年ゴジラ)と磯崎憲一郎氏(終の棲家)
Commented by Miyuki at 2011-02-05 12:00 x
*USAの江戸っ子さん
うわあい、リクエストに応えてくださって、ありがとうございますーー!!
そして10代・20代、私もほぼ同じだったので、ますます嬉しくなってしまいました!

私も、気に入った作家の本は色々読んでみる、というやり方です。
87分署も何冊も読みました! 嬉しい、嬉しいです♪
江國さんも一時期はまりましたよ~。

現実逃避の娯楽、正にその通りです。ミステリー好きな私が、日本作家のものより海外ものを好むのは、より現実から距離があって、娯楽色が強いからなんですよ~。

海外ミステリー本を買うので手一杯で、なかなか日本人作家の作品に手が回らないのですが、江戸っ子さんのお勧め作家さんから徐々に手をつけていきたいです♪
ありがとうございました!


<< 予定は予定 現状にも穴があけば >>