出たとこ勝負の道行きは (8)

「鳥は頭を向けた方に飛んでいくが、方向を決めるのは尾っぽである」
   ----- 井上ひさし
       (日本人、放送作家・劇作家、1934年11月16日生まれ)


     IMG_3946

お友達の息子さんが、ハイスクールのフットボールチームに入っているのですけど、
先日、Seniorの彼の最後の試合を、フットボールファンの友人夫妻と観に行ってきたですよ。

私のフットボールの知識ときたら、マンガ「アイシールド21」を読んだだけというレベル。
しかも読んだのって、5年ぐらい前じゃなかろうか。(虚)
マンガは途中までは面白かったんですけど、どうしてアメリカという国だけで、こんなにアメフトが人気なのか、イマイチわからなかったりしたんですな。

それが、今回の試合を観に行って、そらもうオムツ姿から知ってる子の(ごめんな)ひたむきなプレーを見ていて、わからないなりに、心に訴えかけてくるものがありまして。
試合後、ご夫妻とご飯を食べている時に、フットボールがいかに頭脳ゲームなのかをわかりやすく説明していただいて、目からウロコがぼろぼろと。
やっぱり、知識豊富な方から教われるというのは、ほんとにありがたいことでございます。

来年には大学に進学する彼が、何かの形で、これからもフットボールに関わっていくのかどうか。
なんにせよ、ハイスクール時代に打ち込んだものがあるということが、これからも彼を支えていく石の一つになってほしい、と願っておるですよ。

* * * * *

【旅行】

前回からの続きです)

4. Star Pond

IMG_2137

IMG_2136

素晴らしかった日本庭園を出て、階段を下りていくと、そこには星型の池があり。
赤いダリアやベゴニアに囲まれて、きらきらと地上で輝く星ですな。




IMG_2138

こちらは元々、ブッチャート氏の観賞用のアヒルを飼う為に作られた池、なんだそうで。
アヒルの為に星なら、白鳥だったら惑星か太陽だったのか。


IMG_2141

池の中央にあるのは、Frog Fountain
アヒルとカエルの王国、でございます。


5. Italian Garden

IMG_2143

いよいよ最後は、イタリア式。
鮮やかな白と緑のThe Dining Room Restaurantの建物をバックに、色とりどりの花々が配置されています。

ちょうど良い写真が残っていないのですが(くっ…)、こちらのガーデンの入り口にある、アーチ型のゲートが2つありまして。
その間に、メルクリウス、英語名はマーキュリーの銅像が立っています。


IMG_2149

こちらの池は、十字架型。
中央には、魚を持った子供の像の噴水が立っているですよ。
ガーデンになる前は、ブッチャート家のテニスコートがあった場所であり、レストランに向かって左側の建物は、一時はボーリング場だったそうですよ。

元ボーリング場のところに、ジェラート屋さんがあったので、屋外のテーブルに座って庭の眺めを堪能しながら、舌鼓を打ちました。
暑い日だったので、んまかったー、であります。


6. Piazza

     IMG_2150

コの字型になった建物の角のところは、短めのトンネルのようになっていて、
そこをくぐると、Blue Poppy Restaurantと、展示温室が見られます。
レストランには入らなかったので不明なのですが、レストラン内から温室に入れるのかな?
とりあえず、外からの眺めをパシャ、とな。


IMG_2154

IMG_2153

そして、出発地点に立ち帰り。
ビジターセンターには、園内の植物見本があって、これがなんとも可愛らしいったら。


IMG_2151

あとは、お決まりのギフトショップやコーヒーショップ。
今回、園内には結構な数の日本の観光客がいらっしゃって、改めて人気のほどを知った次第。
ギフトショップには、日本人の店員さんがいらっしゃったぐらい。
いやほんとに、沢山の方に来て見ていただく価値のある場所でございます。


7. Mediterranean Garden

     IMG_1977

あ、いかん、一つ忘れておりました。
時間がなくなってしまったので、見られなかったのですけど、駐車場横にひっそりとあるのが、地中海式庭園だそうで。
温暖な気候エリアの植物を、寒冷なカナダで育てるべく、生育環境がビクトリアと良く似た耐乾性植物を、世界各国から集めて、こちらで生育しているそうですよ。


今回の旅のハイライトとして、大いに期待していたガーデンでしたが、結果は期待を遥かに上回り。
植物についても無知蒙昧な私でさえ、本当に心から楽しませていただきましたです。
これだけの規模の庭園を維持するのに、一体どれだけの人の努力が裏にあるのでしょう。
自分の家の庭どころか、植木鉢の多肉植物でさえ枯らした過去を持つワタクシは(羞恥)、
ひたすら驚嘆と畏敬の叫びに明け暮れた時間でございました。

さて、この日は、もう一箇所だけ観光したのですが、ちょっと旅記録を離れて、一回リアルタイム日記を挟みます。
次回の日記、キーワードは「猫」ですよー。


The Butchart Garden
[PR]
by senrufan | 2014-11-16 12:28 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/23753156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 与え合うのは温もりと 出たとこ勝負の道行きは (7) >>