まだ開花前の

朝から友人宅に集合して、Heritage Potluckの下準備を続ける。来週から学校が春休みなので、今日はAdjusted Dayで子供達が早く帰ってくる。時間は短いがやることは沢山あるのだ。
b0059565_7534260.jpg使う材料は割り箸、ワイヤー、ストロー、ビーズ、シール、そして折り紙。思いっきりおしゃべりに花を咲かせつつも、手だけは必死に動かして。
鋭い美的センスにより、少しの折り紙の歪みも許したくない発案者のお母さん。それに対して、「いーじゃんどーせ子供達の遊び用だしー」とあっさりギブアップする私。この差の積み重ねが人生を分けるのだな。

ということで、風車の一部。かざぐるま。こんなのを250個分用意する。

夕方、日本から帰ってきたばかりの友人から電話をもらい、母子顔を揃えての外食と相成りました。カリフォルニア暮らしが長い彼女にとって、ご実家の新潟はさぞかしつらかったことと。
新潟では桜はまだで見られず、こちらに帰ってきたらこっちはすでに葉桜で、と悔しがっていました。
b0059565_7544078.jpgそんな彼女の前で、私は今日新しい桜をもらいました。ハートの形を5つ丁寧に書いてくれた4歳のお嬢様の作品です。
名前にも桜を持つ、まだまだつぼみの彼女です。
[PR]
by senrufan | 2005-03-25 07:52 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/2365447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< うまい話には裏がある 大は小を兼ねるのか >>