絵筆が描く美味しさを

「言論の自由を呼号するのは、それを乱用しようとする人間のみである」
   ----- ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
       (ドイツ人、詩人、1949年8月28日生まれ)


ちょっと旅に出ておりました。

お嬢が帰省している間に、家族旅行に行きたいね、なんて旦那と話していたのですけど、
なんせ一番の目的であるBiometricの日程の連絡がない限り、予定の立てようがないわけで。
ようやく連絡が来たのが、お嬢が来る直前だったこともあって、もう旅行はないかなー、と思っていたのですよ。

ところが、そうは問屋=旦那が卸さない。
結局、飛行機などを予約して、その3日後に出発したという、準備?それナニ?みたいな旅となりました。(くらっ)
ちなみに行き先は、カナダのバンクーバー。が、まあ、なんというか、ごにょごにょごにょ

色々とトンデモな点がいっぱいでしたが、楽しい小旅行でございましたよ。
旅行記録はいずれ、ということで、とりあえずシアトルに降り立つ前に見た、夜のMt. Rainierの姿など。


IMG_1652

* * * * *

【個人的事情】

     IMG_0061

さてさて、5月のtamachanレストラン訪問記録なり。
この月は、豪華なバラの花束から始まった。
ちょうどtamachanがお誕生日で、贈られたバラの美しさに、私達まで幸せのおすそわけをいただいたの。
そんな日に働かせてしまって、私達ったら。と、反省は形だけ。

4月が和食だったので、5月は洋食で。
またまた色鮮やか&ちょー美味なメニューが並んだよ。




IMG_0072

まずは、こんな美しい緑のスープから。
グリーンピースのスープは、お豆と玉ねぎを水で煮ただけ、だそうなのだが、なんとも優しい甘味に満ちていて。
サーブする時に垂らされたオリーブオイルが、また一層の美しさ。
お皿まで舐めたい旨さです。(ヤメロ)


IMG_0075

それから運ばれてきたメインのお皿は、どーん!と背景に字が描いてあるようなボリュームだ。
いつもながら、歓声を上げたことは言うまでもない。
どこの一流レストランに来たのかな、という盛り付けじゃありませんか。(それはtamachanレストランだってばさ)


IMG_0074

メインは、ベジチキンのハーブカツ
オレガノ・タイム・バジルなどのハーブを加えた衣は、かりっ、と絶妙の揚げ加減。
毎度毎度思うことだけど、tamachanの揚げ物はほんとに絶品なの。
添えられたトマトソースならぬ、トマトフォンデュと一緒にいただけば、これまた天国の味わいが。


IMG_0077

カラフルな付け合せは、レインボーキャロットの塩レモン蒸し
適度な歯応えが残った人参の独特の風味に、さっぱり塩味が良く合うの。
私も一応作ったレモン塩があるので、このメニューもぜひぜひ作ってみたいもの。
とはいっても、この美味しさは到底真似できないだろうなー。


IMG_0078

そして、ペストソースのパスタ。あ、ジェノバソースと言うべきか?
全粒粉のエンジェルヘアパスタを使ったそうだけど、なんでこんなに旨いのだ。
全粒粉パスタって、上手に茹でるのがなかなか難しいのに、なあ。(感嘆)
また自家製ペストソースが、んまいったらありゃしません。


     IMG_0081

締めのデザートまで、手を抜かず。
ポピュラーないちごのトライフルが、tamachanの手にかかれば、こんなに美しく。

ヴィーガン仕様のスポンジケーキ、もっちり・みっちりで大好きだ。
優しい味わいのクリームソースは、ココナッツミルクと豆乳で作ってあるんだって。
食べ終わった後も未練がましく、いつまでもカチャカチャとスプーンで器を(だからヤメロって)


     IMG_0070

5月も、本当にご馳走様でした。(拝)
6月も7月も、といきたいところだけど、諸事情により、レストランはしばらくのお休みを。

次に訪問できる時には、また元気な笑顔のtamachanと、その手が生み出す美味メニューに出会えますように。


 tamachanレストラン訪問記録 : 
   グランドオープニング 5月 7月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
[PR]
by senrufan | 2014-08-28 15:21 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/23278685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ustomi at 2014-08-31 14:27
miyukiさん;お帰りなさい;
楽しい旅のようで ましてや娘さんがご一緒とは 仕方がないのですよ。
ご主人は仕事、お嬢さんは学校、それに合わせてあげられるのは
貴女だけ(ゴメン;暇そうにしているみたいですね)。

今回のたまちゃん カフエ またまたおいしそうなお献立ですね。
おたくは被害はなかったですか?M6.0 は結構大きい揺れですものね、NAPA では高価なワインの瓶がたくさんわれ、樽も落ちて甚大な損害だったそうでしたね。
旅行記お待ちしています、10月には シアトルに1週間の旅に行こうかなと考えています、9月は グランドキャニオン の West Rim に行きます、恒例の Las Vegas行きですが 私はギャンブルが好きでないので一日観光のバスです。
皆は 2泊3日 ギャンブルづけですね(笑0)
Commented by Miyuki at 2014-09-01 11:30 x
*tomiさん
いやー、娘も今回の帰省では(でも)家でだらだら休みたがっていて、旅行には乗り気じゃなかったんですけどねー。どちらかというと旦那孝行だったかも(笑)
でも考えてみれば、もう家族そろっての旅行はほとんどないでしょうからね。tomiさんのお言葉を胸に、行ける時には行く!というつもりでのぞまねばなりませんね。

で、その旅行の2日目の朝、旅先で地震のニュースを見て、びっくり仰天だったわけで。友人達によれば、この辺りは幸い震度3ぐらいだったのではないかとのことで、被害もなくて良かったのですけど、ナパでは大変でしたよね……私も改めて備えを考えなければなりません。
シアトルに行かれますか、いいですねー! そしてグランドキャニオンもうらやましいですう。煙草の煙や欲望ギラギラの空間を離れて、大自然を満喫してきてくださいませ♪ 私の方の旅行記は、えーと年内にはきっと。


<< 名残りの夏に手を振ろう、秋待ち... 貴方の手のひらで転がして >>