灯台の光は足元に

「希望を持つだけでは、何も変わりません。
希望は、行動と結びつかなければならないのです」
   ----- ロバート・レッドフォード
       (アメリカ人、俳優、1937年8月18日生まれ)


「『リア充爆発しろ』をフランス語でいうと
『リアジュボーン』っていうらしい」  ----- ‏@jinsei_daiji_


というツイートを拝見して思い出したのが、とある作家さんの日記で読んだこと。
うろ覚えなのですが、こんなこと。

職場の先輩に、「韓国語でサンドイッチって何て言うか知ってる?」と聞かれて、
「普通にサンドッチって言いますよ」と言ったら、
「ちゃうのよ、『パンハムハサムニダ』ってゆうのよ」
「わーっはっは!」
「ちなみにイタリア語でイカはね、『アシジュポーンヌ』」
「きゃーっはっは!」

* * * * *

【レストラン】

IMG_0006

大好きなKaoruさんと、久しぶりに会おう、ということになって。
開店した頃から、ずっとお気に入りのカフェがおありだそうで、そちらにご一緒させてもらったの。

そのカフェがあるのは、某市のダウンタウン。
今まで、良い街だけど、カフェはイマイチ、なんて考えていたのが、単なる勝手な思い込みだったと教わることになったのだ。
私が知らなかっただけなんだ……!(愕然)




IMG_0007

すごく優しい店員さんが案内してくださったのは、店の一番奥の席。
肌寒い日で、こちらが何も言わないうちに、毛布はいりますか?と声をかけてくださって感動。
店内も綺麗で、居心地良し。


IMG_0021

IMG_0025

こちらのウリの一つは、託児室があること。
客席の、水槽を挟んで隔てられた向こう側に、なんとも可愛らしいキッズルームがあるんだよ。
こちらで子供を見てもらいながら、親は客席でのんびりお茶を楽しむこともできるし、ドロップオフしてお買い物、というのも可能らしい。
セキュリティーもしっかりしていて、天井から入る光で、とても良い感じのスペースだ。

客席にも、お子さん連れのお母さんが幾人か。
でも、こういうお店だからなのか、ほかのお客さんも子供歓迎ムードなので、無問題。
Kaoruさんも、お子さんがもっと小さかった頃、こちらはほっと肩の力を抜いて休める、貴重な場所だったんですよ、とおっしゃっていて、うんうん、わかる、わかります。
日本より楽とは言っても、小さい子を連れての外出は、やっぱり周囲に気を使うものだから。


     IMG_0036

IMG_0035

そして、大人だけで静かに過ごしたいお客さんには、こちらのAdult Patio スペースが。
パティオなので、外気が入って寒い時には、店員さんがヒーターライト&ブランケットを用意してくれる。
ほんとに、良く考えられたお店だなあ。


     IMG_0012

金曜だったので、午前中からMimosaで乾杯しちゃったよ、うふふのふ。
PomegranateとGrapefruit、どっちもさっぱり爽やかだ。


IMG_0014

ランチは2種類オーダーして、2人で半分こ。
ベジィなKaoruさんが、たまーにお肉メニューを食べたくなった時には、こちらのBumble Burgerを頼まれることもおありとか。
Grass fed beefのパテ、ゴーダチーズ、キャラメライズしたオニオンにベーコン・マーマレード。



IMG_0020

みっちりパテがジューシーで、食べ応え十分。うまーっ、と言いながら、いただいた。
更に嬉しいのは、バンズがサワードゥであることね。甘すぎるバンズは苦手なの。
オニオンやマーマレードという甘い具はすでに入っているので、それで私的にはOKなバランスだったよ。


IMG_0016

もう一品は、The Veggie Melt Sandwich
ローストしたポータベロにチーズ、アボカド、きゅうり、クレソンに、バジル風味のアイオリソース。
それらが、トーストしたブリオッシュに挟まっているんだよ。


     IMG_0018

これもね、具のボリュームと肉厚なポータベロで、むぐむぐと嬉しく満足で。
具と合わさって、ちょっと油っこくはなっていたけど、さくさくと歯が入るトーストブリオッシュも良かったよ。


     IMG_0009

コーヒーは、Four Barrel
へー、この辺りに、Four Barrelが飲めるところがあったんだ。我、無知すぎる。
ソイラテをお願いしたら、やっぱり綺麗なラテアート。


     IMG_0033

実はこちらのカフェは、あのベーカリーのご近所で。
Kaoruさんからお誘いをいただいたのが、あちらで悲しい経験があった直後だったのね。

で、こちらにおじゃましてみれば、とにかく店員さんが皆、ナイスでね。
担当してくれたお兄さんも、ほかの店員さんも、フレンドリーで優しくて、しかも、一緒にいるのがKaoruさん。
ワタシの傷ついた心(……)に、温かさがしみしみと染み渡っていったのだ。
ううう、Kaoruさん、ありがとう。両手いっぱい、愛いっぱい。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

IMG_0040

ということで、比較的早めに再訪問。
ゆみたちさんと会えるとなった時、このお店をおねだりしてみたよ。


     IMG_0533

オーダーしたのは、Quinoa Salad
たっぷりグリーンにキヌア、スプリングオニオンのピクルス、半熟卵を、ホワイト・バルサミコヴィネガーで和えてある。
バルサミコが下に溜まって、最後は味が濃くなっちゃったけど、野菜は新鮮で、んまかった。


IMG_0535

今回試してみたかったのは、焼き菓子類。
Gluten-freeのお菓子から、Banana muffinChocolate chip cookie brownie
ブラウニーはさすがにすんごく甘かったけど、決して悪くないし、バナナマフィンは好みの味。
ゆみたちさんのおかげで、この時も2種類試せて嬉しかったのだ。(感謝!)


IMG_0539

あ、あと、こちらのドリンクも。
ゆみたちさんがオーダーされた、この日のBarista's only special。
名づけて、Deconstructed Macchiatoだって。

マキアートのエスプレッソ、ミルク、そして完成版が並んだこちら、素敵だよー。
組み立てれば、マキアートを2杯飲めるんだな。


IMG_0042

フロントヤードは砂場になっていて、ここでも子供を遊ばせながら、ご飯を食べることができるんだね。
ファミリーフレンドリーで、大人フレンドリーでもあるこちら、お気に入りの一軒になったです。

また小さい子連れのお友達と、一緒に行きたいと思ってる。
もしくは、旦那と週末のブランチとか。……いや、それはどうかな。


Bumble
145 First Street
Los Altos, CA 94022
[PR]
by senrufan | 2014-08-18 12:34 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/23189663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tomi at 2014-08-23 08:34 x
miyukiさん;しばらくです、ここの所 肩と首を痛めて車の運転もままならない日々で タイプはじっと我慢の子でした、でもお伺いはしていたのですが コメントはスルーで申し訳ありません。

またまた美味しいお店を見つけられたのですね、このごろは私はちっともその元気がなくなり同じ店にばかりです。

ところで今回 日本に行きましたときに頂いた 「茅乃舎」 の野菜だしは良いですね、又魚を原料にした出汁もですが、もうあらかた使ってしまいました、今度お土産はこれを希望しようかな? それでも関西の方に頂いたのですが 札幌のデパートでも売って居ると全国展開見たいです。

昔京都の 三年坂にある(清水寺への坂道) 京都風の出汁のお店の出汁の元が美味しかったので友達が沢山買ってきてくれましたがなぜか使わなくてね あれは塩辛かったからかな~。
と貴女に向いている 野菜出汁です。
Commented by Miyuki at 2014-08-23 13:48 x
*tomiさん
それは辛い……! 少しずつ良くなられているといいのですが。こんなブログでtomiさんの大切なお時間をいただいてしまって恐縮です~。

私もめっきり新しいお店訪問は減りましたねー。気に入ったお店に繰り返して行くことが増えました。

「茅乃舎」の出汁ですね、ありがとうございます! メモメモ。
基本、自分で出汁をひきますが、市販の出汁もストックするようにしているので、こういう情報は助かります~。

どうかご無理のないよう、ゆっくりお休みくださいね。くれぐれもお大事に。
Commented by Kaoru at 2014-09-12 01:44 x
miyukiさん、私達のデートをこんなに素敵な記事にしていただいて感激です!私も夢のように楽しいひと時を過ごさせていただきました。ありがとうございます。自分のお気に入りの空間を、これまた自分の好きなお友達が気に入ってくれると、本当に嬉しいですよね。また行きましょうね!
Commented by Miyuki at 2014-09-12 13:48 x
*Kaoruさん
こちらこそ、改めてありがとうございました! いやー、思い出しても嬉しい時間でございましたよ……そばにKaoruさんがいて、美味しい食事があって。
またぜひご一緒してください~~。お誘いメール出しちゃいますので、よろしくですう。


<< 貴方の手のひらで転がして 料理という名の科学とは (後) >>