呪文のいらない魔法から

「動物は与えられた命をそのままに生きていますが、人間はそれだけでは納得できない。
自分はなぜ生まれたのか、人間とは何か、生きるとはどういうことなのか。
さまざまな疑問を心に抱えて生きている。
そういう衝動を抱えているからこそ、人は物語を生みだすのだ」
   ----- 上橋菜穂子
       (日本人、文化人類学者・作家、1962年7月15日生まれ)


     IMG_0786

先日、ファーマーズマーケットで見かけたカレンデュラ(Calendula・キンセンカ)の花。
ソッコーで買って、数日外干しいたしました。

お花屋さんじゃなくて、八百屋さんで売っていたのは、なるほど、と思うこと。
つまり、観賞用としても素敵な花ですけど、ハーブの一種としての用途もメジャーなんだね、ということなんですね。

そういうことを教わった先日のワークショップ、本当に楽しゅうございました。
体験談を、続きにて。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_9522

いつも素敵なワークショップを企画してくださるpyonさんから、またまた素敵なお知らせが。
それは、ハーブの使い方ワークショップ、ハーバルメディスンのクラスだよ。

以前、Fさん宅で開催されたクラスなのだけど、その時は都合が合わなくて参加ならず。(悲)
ただ、その時は、第二回目のクラス、つまり第一回目を受けた方向け、となっていたのだな。

それが今回は、第一回と銘を打って、改めて開催してくださるというではないですか。
毎日、各種のハーブティーを愛飲しているワタクシ、そういうのを自家製でできたらいいなあ、と思ってて。
これは神の思し召し、と心得て(何度目だよ)、うきうき参加となったのだ。




IMG_9524

先生のYさんは、こちらでHerbal Medicineのコースを修了された方。
まだ勉強中です、とおっしゃるけれど、たおやかで優しい雰囲気が、本当にハーブにぴったりの素敵な方で、クラスの間中、見惚れてばかり。(照)(危)

第一回目は、基本的、かつ日常でのハーブの使い方。
カレンデュラを始めとするハーブを使って、ハーバルシロップやオイルの作り方を学んだよ。
ビタミンと鉄分が豊富なRaspberry Leafのお茶も、嬉しいなー。


IMG_9523

今回取り上げられたハーブは、St. John's WortCalendulaNettles、そしてEchinacea
免疫強化や鎮静効果など、それぞれの効能を教わった。

一緒に参加された方々は、特にセントジョーンズワートに興味がおありの方が多かった。
アレルギーや鬱症状に効くハーブ、なのだそう。
セントジョーンズは花を使うのだけど、Yさんがお持ちのものは、なんとシャスタで、満月の時に積んでこられたという貴重品。
ありがたや~、と拝んでしまいます。


IMG_9535

一通りの説明を受けた後、いよいよハーバルメディスンの作り方。
カレンデュラの花が出る時期に、ファーマーズマーケットで大量に買って、ディハイドレーターでドライにされたもの。
手でほぐして、容器に詰めて、オイルに一定期間以上、漬け込むの。


IMG_9544

        IMG_9547

その後、濾して、ハーブエキスの出たオイル、ハーブインフューズドオイルの出来上がり。
残った花は、お風呂に入れたりして、なるべく無駄にしないようにできればベストだね。
こうやって、直接口に入れるものだから、できたらオーガニックのハーブが望ましい。


IMG_9551

IMG_9557

こうやって作ったオイルとBee waxを合わせて、ハーバル軟膏も。
以前に習って以来、実は私の好きな作業。
アロマオイルだけでなく、自家製ハーバルオイルも使えるとなると、一層広がるバリエーション。


IMG_9558

ハーブを煮出してエキスを出して、ハチミツやブランデーなどで、ハーバルシロップも作れるよ。
お料理やお菓子に甘味料を使うなら、こういうのを利用してみたいもの。
あと、お茶に垂らして楽しむとか。


IMG_9569

この時使われたRaw Honeyも、シャスタ産。貴重な品を、本当にありがとうございます。
そして残ったハーブにお湯を加えて、二番茶にして飲むとか、お風呂に入れたりできますよ、とのことでした。


     IMG_9576

この時に作ってくださったクリーム、シロップは、容器ごと持ち帰りのお土産に。
しかも、各自それぞれ希望のシロップなりオイルなりを、分けてくださるとのお言葉に感激です。
私は、カレンデュラのヴィネガーをお願いしたよ。
お料理にヴィネガーを使う時、これを使ってみたいのだ。

容器には、何を使ったものか、いつ作ったものかを書いて、ラベル貼り。
生花を使ったものは勿論のこと、ドライでも、手作り品はきちんと管理したいよね。


      IMG_9526

ハーブはお料理に使うもの以外、ほんとにお茶ぐらいしか日々登場してなくて。
火傷やケガにはびわの葉エキス、頭痛や些細な不調にはアロマオイルなど、それなりに揃っているというのもあるし、幸い不調をあまり感じないというのもあってね。

勿論、これだけでも日常には十分なのだけど、こんなところにも使えるんですよ、という方法。
こんな風に難しくなく、むしろ楽しく、気軽に使っていけたら嬉しいよね。


     IMG_9570

いろんな国の民話や海外小説が大好きなのだけど、その中に出てくる”魔女”。
薬草の知識があって、民間療法で地域の人々を助けてる彼女達は、こういうことを日々やっていたのかな、なんて思ったり。

代替療法というレベルの話ではなくて、もっと身近で気楽にできること。
美味しいハーブティーとか、ハーブエキスが入ったハチミツとか、ローションとか。
ほうきに乗っての宅配はできなくても、そういうのって、ひたすら面白い。

ヴィネガーもオイルも、普通にお料理に使うもの。
上手く言えないけど、それで良いんだよね、と思うんだ。


IMG_9577

最後はWhite sageを燃やして、空間のクリアリング。
このセージも分けてくださって、感謝のお土産でいっぱいのワークショップでありました。
第二回目もお願いしたいけど、どうなるか。人様のご好意に甘えてばっかりだからなあ……

この時に教えてくださった、ハーブが買えるオンラインショップ。
お友達が音頭をとってくれたおかげで、ドライハーブを数種類購入できたよ。
毎日飲んでるハーブティーは、市販のティーバッグを使っているけど、なくなったら次はドライハーブで直接淹れてみよう、と思ってね。
それについては、またいずれ。

とりあえず今は、ほとんどなくなったカレンデュラのヴィネガーをまた仕込むことと、
Herbの発音が上手になることか。
カフェで「herbal tea」と言う時、いまだに店員さんに通じたことがないのでな……(最低)
[PR]
by senrufan | 2014-07-15 09:29 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/22981658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by いー at 2014-07-19 20:01 x
こんにちは。
同じクラスを受けたはずなのに、吸収し身につけるものの量がかくも違うものなのかーと口があんぐり空きっぱなしです。
先日、「魔女になりたいなー」とつぶやいた自分に出直してこいと申し伝えたい。
いや…。
やはり未熟でも魔女修行ははじめてみます。
Commented by tomi at 2014-07-20 14:16 x
miyukiさん;こんばんは。

もうお休みですか、私はここ2週間風邪かアレジック か分からないのですが 耳が痛く はなみずが止まらず昨日あたりからは声が出なくなりました、毎年この時期はこの様な症状がでて3週間は我慢の子です
咳もでて夜分は寝れません と泣き言を最初に書きました。

この様な 草花どれが食用か、素人では判断がつか無いので 専門的に習える機会が有る貴女がうらやましいです。

私の周りは現役の働き人ばかりか リタイアしてのんびり暮らしている人々で 教室は有るのですがね。
先の無塩のお料理は本当は専門家について指導を受けた方が良いですね、人間は塩の取りすぎは毒で病気の原因ですが しかし塩は人間が生きてくうえでもっとも重要な事なんですね、昔 日本では 政府が
塩と米とタバコは専売特許持っていて管理していました、差し当たってタバコは有害になってこの頃は嫌われ者ですが。
下記のリンク’は羽田から 新千歳絵空港までの空中画像をスライドショーしましたお暇の折にご覧ください。
6/1 の撮影です 本州の背骨は未だ冠雪があり、下北半島、津軽海峡、北海道の大地、そして苫小牧の次は 新千歳空港です。
http://youtu.be/53hLvO2XGqc
Commented by Miyuki at 2014-07-21 11:27 x
*いーさん
身につけたかどうかは神のみぞ知る、でございます……(遠い目) 書けばいいってもんじゃない。
でも楽しいクラスでしたよね~♪
魔女修行、私もご一緒させていただきたいです! ハーブの栽培もやりたいんですけど、あまりに「黒い指」過ぎて、全部枯らせる気が(涙)
Commented by Miyuki at 2014-07-21 11:28 x
*tomiさん
それは辛い~~~(涙) 特に咳&不眠は体力が削られますよね……
この時期に咲く花などにアレルギーがおありなんでしょうか。お医者様には行かれましたか?

いろんなお教室があるのはいいですね! 私ももっと行動範囲を広げたいところなのですけど、言語の壁と費用の壁が高すぎて。
無塩食を続けるなら、専門の方につくのが何よりでしょうね。このダイエットは月一回ですから良いですが、tomiさんのおっしゃる通り、塩は本当に必須なものですものね。
そういえばそうでした、塩も公社があったのでした! 昔は塩が貨幣の代わりだったりもしましたねえ。
スライドショーのリンク、ありがとうございます! 動画のアップはもうお手のものですね、さすがtomiさん♪


<< 足掛かりを何と定めるか 空気のように大切な >>