それは宝探しの感覚で

「言論の自由は、大勢と同じことを言う自由であり、罵る自由であり、
罵らない者を村八分にする自由である。
これが言論の自由なら、これまであったし、これからもあるだろう」
   ----- 山本夏彦
       (日本人、コラムニスト、1915年6月15日生まれ)


     IMG_2991

昔の写真を整理してたら、こんなのが出てまいりました。
今でもやってるのかなー、と思ってサイトを見てみたら、おお、続いているようですね。

Geocaching(ジオキャッシング)。
GPSを使いながらの、ハイテク&ローテク宝探しゲームだそうです。
始まったのはアメリカからですが、基本、地球規模でのゲームを目指しているので、だからこそ名前に”geo”が入っているのですな。
詳しくは、公式サイトなどの説明をご覧くださいませ。

 Geocaching 公式サイト

 ジオキャッシング まとめサイト

お友達とカフェでお茶している時に、彼女が机の下から見つけて、説明してくれたのですよ。
やり方も知らないのに、おかげで現物を見るという幸運に恵まれましたです。
大人の宝探し、良いですなあ。

* * * * *

【レストラン】

     IMG_9079

ベイエリアのラーメンブーム、いまだに続いている模様。
というか、NYでも続々お店ができているようだし、もう一時的なブームではない模様。

ラーメンは、すでに日本の国民食の一つだからね。(断言)
国外にいながら、幾つかお店の選択肢があるというのは、ほんに幸せなことである。
と言いつつ私は、食べたくなったらあのお店があるから、もう十分、と思っていたのだけどね。

でもまさか、かのシェ・パニーズ出身のシェフが、ラーメンに魅せられてお店を開くとは、想像したこともなかったよ。

Organic・Local・Sustainableブームの火付け役となったCalifornia Cuisine発祥のレストラン。
彼らが作るラーメンは、やっぱりそういうものだった。
なので、なんと一杯$15というお値段のラーメンだ。(仰天)

それほどラーメンにこだわりがあるわけじゃないし、何もそんなお金を払ってまで、と思っていたのだが。
信頼するSarahさんご夫妻が、あそこは一回行く価値はあるよ、とおっしゃって。
ご夫妻のご好意に甘えて、旦那と連れ立って、その名もRamen Shopにご一緒してもらったの。




IMG_9116

とにかくすごい人気で、かなり早めに行かないと、ということで、午後4時半ぐらいに行ってみたけど、すでにほぼ満席。
入り口付近がバーになっていて、ここで一杯飲みながら、席が空くのを待つ、という流れになるらしい。
なので、逆にそれを狙って、まずは軽く一杯→ラーメン、を期待して4時半にしたのだが、
なんかあっさり席に通されてしまったよ。や、喜ぶべきことなんですが。


IMG_9086

一番奥のテーブルに通されて、改めて店内を見てみれば、なるほど、客席数がかなり限られるのね。
それもラーメン屋らしいな、と思ったけど、うん、確かに雰囲気が違うよね。
店構えとかいうんじゃなくて、なんだろう、と思ったら、そうか、アジア系の人がほとんどいないんだ。
ラーメン屋と考えた時に、これってすごくレアだよなあ。


IMG_9088

まずはやっぱり、ビールでしょう。
バーがあるだけあって、ドリンクメニューも充実だ。

そして、ラーメンだけじゃなく、アペタイザーも。
メニューはその日によって違ったりするそうだけど、この時はメインのラーメンが3種類で、前菜が6種類だったかな。
お店のお姉さんも感じの良い人で、楽しく乾杯から始まった。


IMG_9091

前菜は2つ頼んだんだけど、まずはLocal Halibut and scallop carpaccio
ハリバットとホタテのカルパッチョに、ブラッドオレンジとクレソン、Black Spanish radishの薄切り添え。

さっぱり新鮮なお魚類も美味しかったし、野菜類もさすがの素材。
盛り付けも綺麗で、目の保養。
こういう組み合わせ、いいね、楽しいね。


IMG_9094

もう一品は、Fried maitake mushrooms and nettles
舞茸とイラクサの天ぷらに、アスパラガスのサラダ添え。
生姜とチャービル入りのマヨネーズで、召し上がれ。

これも美味しかったなあ。
ネトルの揚げ物、うまうまだ。天ぷらって、癖のある野菜が美味だよね。
天ぷらというには硬い衣で、さくさく軽いというわけではなかったのだけど、これもアリ。
すでに塩がふられていたのか、このままで十分な味付けだったよ。


IMG_9098

そしてきましたよ、ラーメンが。
この日は醤油、味噌、ベジタリアンの3種類。
ベジタリアンにしようかどうしようか、かなり迷ったんだけど、無難に醤油にしてみたよ。
ベジタリアンラーメン、評判がイマイチだよ、と聞いたので。


IMG_9099

Sarahさんご夫妻のオーダーは、Dangeness crab miso ramen
ダンジネスクラブ入りの豪華味噌ラーメンに、豚バラ挽肉、ねぎ、ガーリック・チリペースト、醤油卵、ローストしたフェンネル、そして春菊が入ってる。
日本のラーメンからは考えられない材料だ。


IMG_9102

旦那と私は、Green garlic shoyu ramen
刻み葉ニンニク入りの醤油ラーメンに、でっかいチャーシュー、Spring onion、Braised daikon、醤油卵、frilly mustardの葉。

食べてみて、まず麺が違うのね。
自家製だそうだけど、太めで縮れてなくて、滑らかで、なんというか、少なくとも頭に描く”中華麺”じゃない。

スープも、また違う。
脂っこくなくてスムーズで、味の濃さの好みはあれど、私が飲めるぐらいだから。(わかりにくい)
良いものをスマートに使ってるなあ、というスープ。

そして、チャーシューがデカいんだ。ぐわっ、とデカくて分厚くて、美味しいよ。
これまた、思い描いていたチャーシューと微妙に違って、なんと言えばいいんだろう。
アジアっぽくないチャーシュー、なんだよね。

具の中で唯一、どんなのだ、と思っていたBraised daikonは、醤油味で煮込んだ大根の輪切りだった。
こちらのオーガニック大根なので、日本のにんじん並みに細くて小さい輪切りが1個。1個だけ。
しかも、かなりしょっぱかったな……醤油味に醤油大根か。
ちなみに醤油卵は、普通に旨かった。(え)


     IMG_9104

旦那はスープまでいただいてたけど、Sarahさん達はわざと残して、持ち帰り。
そして翌日温めて、麺を入れて、もう一回ラーメンを楽しむのだそうで。
なるほど、そう思ったら、$17の味噌ラーメンも許せるかも。
勿論出来立てが一番美味しいけれど、元が良いから、翌日でもそれなりに楽しめるんだよ、って、なるほどなあ。


さて、実はこちらのお店、デザートもかなりお勧めなんだそうで。
そう聞いたら、オーダーせずにいられましょうか。
3種類のデザートは、全てアイス。そのうち、2種類をお願いしてみたよ。


     IMG_9109

Breakfast of Champions
バーボン&コーヒー味のアイスクリームに、チョコレートでくるまれたCrisped riceが入ったカップ。

これが、相当美味しくて。
コーヒー&チョコレートだけでも嬉しいのに、バーボン風味が加わって、より一層。
ほろ苦さがたまらない。チョコライスクリスピーが、また良いの。
そういえばあちらのアイスも、Breakfastという名のバーボン入りだったな。そういうものなのか?


     IMG_9111

Matcha green tea ice cream sandwichも、良かったよ。
抹茶アイスを、シナモン風味のブラウンシュガークッキーで挟んであるのだけど、クッキーのさくさく歯応えが嬉しかったな。
こちら製の抹茶アイスに、抹茶風味がしないのは、お約束。

アイスに添えられたオレンジピールが、かなり酸っぱめだったのも良かったな。
自然な味わいもだけど、甘いデザートの口直しにもね。


さてさて、とうとう来ちゃった、という感じの訪問は。
寿司とSushiが違うように、ラーメンとRamenも違うのだな、と。
というか、今までのRamenとも全く違うものをいただきました、という感想。

化学調味料に反応しがちな私でも、舌が痺れることも頭痛がすることもなく、美味しくいただけて大満足。
ほんとにしみじみ、良い材料を使ってるんだなあ、とわかるラーメン。
でもだからこそ、”これじゃない”感がどうしても出てきちゃうんだよね。

旦那が、あれはラーメンとしてじゃなくて、比較するならスープパスタかな、と言ったのに、なるほど、と思ったよ。
麺といい、スープや具といい、かなり別物だもんね。


     IMG_9087

でも、それが悪いということでは全然なくってね。
むしろ、日本のラーメンを期待して行くと、がっかり感を持ってしまうから、
はなっから別物として、Ramenとして考えよう、ということで。

マンガ「美味しんぼ」で、冷やし中華を最高材料で作ったりしてたけど、そういう作り方がベースの上に、言葉はほんとに悪いけど、欧米(…)の方が考案したヌードルメニューだな、というか。
アジア料理じゃなくて、西洋料理を元にして考えられている、ように思ったの。
ああもう、上手い言葉が見つからない。

シェフは日本のラーメン屋さんで修行もされたそうだけど、だからといって、そのままトレースするんじゃなくて、自分が考えるオリジナルで、自分が良いと思ったやり方で。
なんかね、それがすごくいいなあ、と。

私がSushiも好きなのは、私の固い頭じゃ考えつかないものを見せてくれるから。
伝統は伝統で大事にしていきたいけど、外に出て、へえぇ、こんな美味しさと組み合わせがあるんだね、と見せてもらえるのも嬉しくて。
ましてやそれが、カリフォルニアならではの新鮮なローカル食材を使って、思いもよらない内容で、丁寧に作ってもらえたRamenに、わくわくしないはずがないんだな。
その分、お値段が相当で、なかなか来れる場所じゃないけどね……(うつむきながら)

そうか、こんなラーメンを想像&創造できるんだ。
日本人の私が、見慣れたもののまるっきり新しい姿を教わること。
クールジャパンという動き自体は色々とアレだけど、こういうのに巡り会えるのは、思いがけない喜びだったりするんだな。
日本のラーメンが現地の人達に好かれるようになっているのを、本当に嬉しく思うと同時に、
逆も良いぞー、と思うんだよ。


     IMG_9106

ラーメンは$15~17だし、前菜も$10~15。
ドリンクを頼んで、デザートも食べて、チップも入れたら、やっぱりかなりのお値段。
少なくとも、中級レストラン並みの支払いは覚悟しないとね。

お客さんは、カジュアルなんだけどお金を持っていそうな感じの人が多かった。
そういう人達にとっての、とれんでぃー(死語)なお店になってるのかな。
また来れるかどうかはわからないけれど、次回があったら、今度こそベジラーメンにしてみたい。
そんなササヤカな希望を持ってるよ。


Ramen Shop
5812 College Avenue
Oakland, CA 94618
[PR]
by senrufan | 2014-06-15 13:35 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/22795570
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by こっぺ at 2014-06-18 09:29 x
Miyukiさんてほんとにフットワーク軽いなあ。私はラーメンが食べられないので、あっさりRamen、食べてみたいけどもっと近いと良いなあ。たいてい食べるとお腹壊すんですよ。。すっごい悲しいです。サッポロ一番味噌ラーメンが唯一。
Commented by Miyuki at 2014-06-18 11:49 x
*こっぺちゃん
別名・暇人です(爆) 今、オークランドに良いお店が沢山できているからね~。
ラーメン、私もちょっとだけ似てるかも、ですよ。書いたように、舌が痺れたり口内炎ができたりすることが多くて、食べる時は覚悟して食べなきゃいかんのですわ、とほほ。その点、こちらのラーメンはさすがでありました。でもサッポロ一番、久しぶりに食べたいなああああ


<< 立ち寄りたくなる佇まい 貴方が大きくなった時 (4) >>