貴方が大きくなった時 (3)

「人と違うというのは良いことで、見た目が違う人や行動が違う人、
話すことが違う人、肌の色が違う人を非難する前に
自分を見つめ直そうということだろう」
   ----- ジョニー・デップ
       (アメリカ人、俳優、1963年6月9日生まれ)


     IMG_0702

東日本震災復興支援イベント、Jazz Katsuさんにおじゃましてまいりました。
第3回目となる今回も大盛況で、寄付金は過去最高額を記録されたそうです。(大拍手)

ジャズは勿論、カツの美味しさに、毎回感動・感激でございまして。
脂身のない柔らかいビーフに、さくさく衣。
一年に一度しか食べられないのが残念なぐらいです。(思い出しヨダレ)

スタッフ&出演者の皆様、本当にお疲れ様でした、ありがとうございました!!

* * * * *

【雑事】

2. 布おむつの利用法

IMG_0587

erinちゃんの赤ちゃんは、普段、家では布のおむつを使ってます。
外出する時には、紙おむつ。

私も、最初の頃は布おむつを使ってたんですが、大変なのは、やっぱり洗濯。
つけ置きしておいて、1日2回は洗って干して、とやっていましたけれど、
そこはさすが現代アメリカ、erinちゃんは布おむつサービス業者を賢く利用されています。




使っている業者は、Tiny Tots というところ。
使ったおむつは蓋つき容器に入れておいて、週1回、引き取り&新しいおむつの配達を受けているそうです。
ってことは、汚れたおむつを1週間ほっときっぱなし? 大丈夫? と聞いたところ、
容器にはアロマスプレーしたりしてますが、ベイエリアは乾燥していますし、赤ちゃんのおむつですからね、とおっしゃってました。なるほどー。

お尻拭きについては、普段はあてている布おむつの乾いたところで拭いたり、時々アロマウォーターを使ったり。
ウンチの時だけ、ワイプを使っているそうです。

※追記
このお話を聞いた後、離乳食を始められたのですが、
それからやはり、おしっこの量も増え、うんちの匂いも変わってきたので、
今では汚れたおむつの匂い対策が必要になっているそうです。
うんちのおむつはささっと袋に入れ、すぐ蓋つき容器へゴー。
そしてアロマスプレーをこまめに、というのが今やってる方法だそうですよー。



IMG_0569

さて、私が赤ちゃんお嬢を育ててた頃、”おむつはずし”は、1歳になった後の夏、みたいに思っておりました。
なのですが、erinちゃんのところでは、首が完全にすわった後ということで、4ヶ月目から、おまるを開始したそうです。
その頃になると、赤ちゃんの排泄のサイクルもわかってきたので、それに合わせて。

サイクルがわかったのは、布を使っていたメリットの一つ。
おむつが濡れると、赤ちゃんが反応するし、お母さんも触ってわかりますからね。

まずは朝起きた時と、昼寝から起きた後、寝起きに座らせる、というところから。
起きた後、さっとおむつを触って、まだ濡れてない時、そのままおまるに座らせると、ほぼ間違いなく出すそうで。

あとは、お風呂の前。
お風呂に入るとおしっこすることが多いので、もしかして身体が濡れるといいのかと考えて、
お風呂の横におまるを置いて、最初に手足を濡らしてから、おまるに座らせると、上手くできるようになったのですって。
今では、まずはおまるでさせてから、お風呂に入る、という流れだそうですよ。

寝起き&お風呂からおまるをスタートして、徐々に増やしていって。
離乳食を始めてから、夜にもおまるに出すことが多くなったそう。
この前など、夜中にぐずって起きたのに、お乳を欲しがってる風ではないし、おむつも濡れてないし、という時、もしや、と思っておまるにすわらせたら、しゃーっ、と出して、あとはすっきり眠りについたとか。
出したかったんだね、良かったねえ。


IMG_0583

おまるやトイレでできるようになる為には、身体がある程度成長しなければなりませんから、焦る必要はないと思いますが。
このぐらいから始めるというのは、物心つく前からおまるに慣れておく、という意味もあるかな、と。
うちみたいに、それなりに大きくなってからだと、おまるとは何ぞや、ということを教えるとこから始めましたからね。

あと、erinちゃんによると、おまるに座らせるようになってから、赤ちゃんが立とうとするようになったとか。
なるほど、確かに足を踏ん張りやすい姿勢ではありますな。
これまた、早く立つのが良いというわけではないにしても、実際erinちゃんベビーの立つ→歩く早さを見てみれば、彼女の場合は、おまるが一役買ったのかもしれませんね。


外出時は紙おむつだそうですが、勿論その時間の長さにもよるものの、
その間は出さないで、帰ってからおまるにすわらせると、安心して出すことも多いそう。
長くなると、あきらめて出す時もあるとか。

紙おむつはどこのを使っているのか聞いたところ、Honest Babyというところのおむつですって。
おお、なるほど、エコフレンドリーでケミカルフリーなおむつっぽい。いいね、いいね。

布ナプキンや布おむつ推奨の方々が挙げられる理由のひとつが、工業製品が環境に与える影響。
あと、いわゆる”経皮毒”への危惧を唱える方もいらっしゃるのかな。性器の吸収率が非常に高い、ということで。
まあ、これについては賛否両論、異論反論おぶじぇくしょんが色々なので、とりあえず以下に、検索で上位に出てきた記事のリンクを貼らせていただくです。おむつというより、ナプキンの話ですけど。
あと、布おむつを楽しもう、という記事を見つけたので、こちらもリンクさせていただきます。皆様、感謝です!


 女の子のママに考えてほしい経皮毒のこと

 布ナプキンから広がるディープな世界。エコとダイオキシンと経皮毒
 
 布おむつの選び方・おすすめ布おむつ


IMG_0575

で、母乳に引き続き、過去の私はどうしてたか、というと。
最初の2ヶ月は、日中は布・夜は紙。以降は、ずっと紙おむつを使っていましたね。
どこかで微かな罪悪感を抱えつつ、やっぱり楽さに勝てず。てへぺろ。(殴)

なんで罪悪感か、というと、お嬢が1歳になるまでは家にいて、専業母ちゃんしていたのですから、
テメエ、やろうと思えば、布おむつでもケアできただろ?あーん? みたいに、勝手に自分を責めてしまう部分があるわけです。イタタのタ。

紙おむつの特売となると、両親まで動員して、買いだめしてたなあ。(「お一人様2個限りー!」)
紙おむつ代と、布おむつの洗濯代と比較したら、どっちがどうだったのかなあ、あの頃は。

お嬢のトイレトレーニングは、日中は保育園にいたこともあって、それほど手こずったわけでもなかったですが。
それでも、1歳まで布メインにして、erinちゃんのようにやっていれば、もっとスムーズにはずれたのかもしれず。

そろそろおむつをとらないと、という頃に、母から聞いた話では。
アンタの時は、もっと早くとったわよ。
この期間にとる、と決めて、その数日、ずっとそばにいて、ちょっとでも気配が見えたら、すぐおむつをはずして、おまるに座らせるの。
そうしているうちに、数日でとれたわ。
えらいじゃん、昔の私。(激違)
母は、自分の頃は紙おむつがなかったから、少しでも早く自分が楽になりたくてやったことよ、気にしないでいいのよ、と言ってくれましたが、それでも、更に大きくなる罪悪感。

今のお母さん方の何割かに共通するのが、この「自分を責めてしまう」ことじゃないかな、と思うのです。
うまくいかなければ責めてしまうし、うまくいっても、もっと良いやり方があったんじゃないか、と考えちゃう。
たとえ、ほかの誰も責めてなくとも、誰も自分を名指ししているわけでもなくとも、です。


IMG_0584

色々と話を聞かせてもらっていた時に、erinちゃんが何度も繰り返して言っていたのは、
自分は時間もあるし、旦那も協力してくれるし、何より夫婦揃って、こういう育児方法に興味があったから、やっているだけ。
ストレスが溜まるようだったり、ましてやお仕事してらしたり、ほかのお子さんがいらっしゃるお母さん方に、こういうやり方をしろなんて、カケラも思いません。
ということです。
そうなんですよね、彼女も、彼女のやり方をこうやって記録させてもらってる私も、強く思うのは、
なるべくこういう罪悪感なしに、育児を楽しんでいきたい、ということに尽きるのです。

次回、そういうことをぐだぐだと書いて、これを終わらせる予定です。
まあ、おばあちゃんのタワゴト、ということで。
[PR]
by senrufan | 2014-06-09 12:14 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/22766990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 貴方が大きくなった時 (4) 貴方が大きくなった時 (2) >>