貴方が大きくなった時 (1)

「私たちの幸福のほとんどは、その境遇にあるのではなく、心のありようで決まるのだ」
   ----- マーサ・ワシントン
       (アメリカ人、ファーストレディー、1731年6月2日生まれ)


     IMG_0549a

一昨年・去年と、お友達の出産ラッシュだったのですが、今年もまた嬉しい誕生が。
ayuminさんがお二人目を、えなちゃんが第一子を出産されて、もう。ほんとに、もう。(感涙)

抱かせてもらった赤ちゃんの、なんて愛らしいこと。
頑張ったね、えらかったね。言葉をかけながら、うるうるしてしまって、ほんとにもう。

3月に日本に行った時、友人に、今度お友達に赤ちゃんが生まれるんだよー、と言ったら、
え、お友達に!? 赤ちゃん!?
と、もんのすごい勢いで驚かれまして。

あ、同い年じゃないから、ずっと年下だから、と慌てて言ったら、
だよねえぇ、あーー、びっくりした、と言われて、私まで、あー、びっくらした。
そうか、これだけ年が離れてると、友達と言ったらマズいのか?
かといって、じゃあ、なんて言えば良いのだ。後輩というのとも違うしなー。(悩)

* * * * *

【雑事】

IMG_8628

という風に、順調に増えています、私の孫。(おい)(何か問題でも)

その中で、私の3人目の孫(認定)とは、erinちゃんのお嬢ちゃま。
早いもので、今週末に1歳の誕生日を迎えるのですが、すでに歩き始めていて、お母さんは大童。
会うたびに表情が豊かになって、活発になって、こちらまで若返るような楽しい時間をいただいております。私の顔のたるみは消えないけど。(激違)




お友達のおかげで、イマドキの子育て事情、みたいなものにも、うっすらと接することができ、
そのたびに自分の頃と比べて、おお!だの、いいなそれ!だの、驚いたり、うらやましがったりして、好奇心の虫がうずうずと。
以前は良いと思われていたのが、今では否定されたり、逆もまた然り。
どんな事でもそうですが、そのままに留まっていて変わらないもの、というのは、それほど数があるわけではないのですよね。

なので、変わっていくものだ、と思っていた方が楽じゃね?と単純な私は考えてしまうのですが、
いやいや、時代が移っても、大事なことは変えちゃいけない、というご意見も多数。
や、勿論、そういう事も色々あるとは承知しておりますが、少なくとも子育て環境については、私が出産した頃とは相当変わりましたからねえ。

電車の中のベビーカーとか、ハーネスとか。前にグダグダ書いた、JAL事件論争とか。
子育てを巡っては、なんでこんなに、と思うほどの数の意見が見受けられ。
というより、その人それぞれの意見が確固として在って、しかもそれは、なかなか譲歩できない分野であったりするようで、炎上率がハンパじゃないんですな……


     IMG_8626

個人的には、結論から言ってしまうと、「気にしながら、気にするな」に尽きます。って、説明になってないし。
んー、じゃあ、どう言えばいいかなー、と考えると、5秒後には現実逃避してしまうので(早っ!)、その前に。

今、一番身近な「子育て中のママ」がerinちゃんなのですけど、
アロマセラピストであり、ベビーマッサージのプロであり、マクロビ実践者でもある彼女の子育てが、私にはすごく興味深くて、ですね。
一度記録しておきたい、と思って、ちょこちょこ話を聞いてたんですよ。
それは何かというと、「母乳」「布おむつ」
この2つについて、erinちゃんから聞く話が面白かったので、先にそちらをつらつらと書いてみるですよ。

あ、でも、だからといって、erinちゃんも私も、自然派育児絶賛推奨というわけではない、ということは、先に明記しておくです。

じゃあ、いってみよー!
……って、これ以降、また長くなるので、次回から。(蹴)
[PR]
by senrufan | 2014-06-02 14:42 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/22733630
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yuka at 2014-06-05 14:31 x
お、どこかで見た風景かと思ったら、シアトルのUniversity Heights Centerですね。
Commented by むしの日 at 2014-06-07 03:37 x
かわいい~♪ママとベィビーはお揃いの生地でできた洋服をお召しになっているのでしょうか?ぬくもりが伝わってくる写真です。
「友達」の使い方、私はとあるSNSの「友達申請」という言葉で大悩みしました。友達ってリクエストするものなのか??向こうが友達って思ってなかったらどうする?これが「知り合い申請」とか「よろしくリクエスト」とかだったら押せるのになぁ、と。(今は随分慣れました。)
でも、歳が離れたお友達、やっぱり「お友達」で良いのではないでしょうか?「歳が離れた知り合い」だと、なんだかよそよそしいですもの。(しかし友達と知り合いの差を定義せよ、って言われるとわからんのですけど)
Commented by Miyuki at 2014-06-07 15:16 x
*yukaさん
そなのー、モノクロバージョンも数枚あるから、どこかで使いたいっす。
Commented by Miyuki at 2014-06-07 15:17 x
*むしの日さん
可愛いですよねー! この写真を撮った時、めろめろで自分の顔が崩れてた自信があります。
あ、それ、私もちょっと思いました。自分の持ってる「友達」という言葉の定義と完全には重ならないので。勿論、割り切ればいいだけの用語なんですけどねー。
「お友達」でいいのでしょうか? 知り合いというには、もっとずっと親しいから、ほかに表す言葉がぱっと思い浮かばないんですよね。
でもこの前、友達(年も近い/笑)と話してたんですけど、こんなに年齢の違う者同士が交わっていけるというのは、ここにいられるメリットのひとつかもしれませんね。


<< 貴方が大きくなった時 (2) 栄えある姿を収めよう、僕らが見... >>