「ほっ」と。キャンペーン

強気な姿勢は訳があり

「あらゆる対人関係のトラブルは、他者の課題に土足で踏み込むこと——あるいは自分の課題に土足で踏み込まれること——によって引き起こされます」
   ----- 岸見一郎 「嫌われる勇気」より


     IMG_0216

オープンするなり、すごい行列ができたお店。
新しい台湾系ベーカリー&カフェに、お友達と行ってまいりました。

きれいで広い店内は、明るい陽射しが差し込んで、居心地良く。
なのですが、肝心のパンコーナーは、その広い店内の数分の一の面積で、ちとびっくり。
イートインエリア、ケーキコーナー、レジに、それぞれの面積を割いた結果、なのかな。


     IMG_0218

行った時間にもよるのでしょうけど、パンの種類はそれほど多くない上に、菓子パンがほとんど。
ハードブレッドや天然酵母パンの噛み締め旨さ系が好きな私にはアレでしたが(すみません)、
ふわっふわの柔らか・甘いパンがお好きな方には、嬉しいベーカリーであることと。

Highway 85の乗り口のそばで便利なのが、ありがたく。
店名はそこからきた、と思っていた友人がいたのは、想定内でございました。


85°C Bakery Cafe
1183 S De Anza Blvd., Ste 10
San Jose, CA 95129

* * * * *

【レストラン】

IMG_9008

きらきら宝石鑑賞で目の中に歓楽街(……)を作った後は、美味しいランチとまいりませう。
サンフランシスコで人気の、おしゃれなベーカリー&カフェに向かったよ。
蕎麦花さんの運転とSちゃんの駐車運のおかげで、近くに車を停められることができたよ。(感謝!)




IMG_8987

明るい陽射しに満ちた店内は、ひっきりなしに訪れるお客さんでいっぱい。いやー、ほんとに人気なんだわ、このお店。
こちらの焼き菓子は、前にあのコーヒー店でいただいたことがあるのだけど、話題になったのは、その後から。
豊富な種類のパンやケーキが並んでて、これは期待がふくらむよ。


IMG_8986

IMG_8985

オーダーするのに列に並んでる間、ショーケースの中のケーキを鑑賞。
うわあ、きれい、美しい。SFの人気店らしく、お値段も結構強気だね。


IMG_8994

飲み物とサンドイッチを頼んで、番号札を受け取って。
コーヒー類は、やはりFour Barrel。

全員、オープンサンドを頼んだんだけど、あらかじめ何等分かに切ってくれていたので、
お互いに交換して、全種類いただくことができたのだ。(これまた感謝!)


IMG_8990

この日のTartaineメニューから、こちらはPan Bagnat
リュスティックのスライスに具をのせたオープンサンドなんだけど、デカいんだ、これが。

久しぶりにいただいたツナ、フレッシュで、んまかったー。
恐らく、だけど、オリーブオイル漬けのツナに、フェンネルなどのハーブ類、スカリオン、ケッパーなどが入ってて、さっぱりレモン風味も感じられ。


IMG_8997

これはReuben、だったかな。
パストラミとザワークラウトに、スイスチーズがとろ~っ、とね。

これもね、良い材料を使ってるなあ、と、私の舌でもわかる美味しさ。
嫌な脂っこさがなくて、かりっと焼けたリュスティックと良く合うんだよ。
あー、ビールが欲しくなる。(おい)


IMG_8999

私がオーダーしたのは、Wild Mushroom
蒸し煮したリークを敷いて、3種類のきのこのソテーに、トマト、ゴートチーズを乗せたもの。

ベジタリアン向けではあるけど、結構なコク。ゴートチーズの仕事だね。
リークをこういう風にサンドイッチに使うのって、いいなあ。おかげで、良い甘味が加わってる。


IMG_9005

IMG_9006

美味しいね、良いお店だね、と皆の意見が一致したところで、ペストリーも買ってみよう、という話になって。
各自が気になるパンを買って、その場でシェアして、全員で試食会。


IMG_9003

皆のおかげで、BostokPlain CroissantKouign AmannPear Almond Croissantと、4種類ものパンをいただけたよ、嬉しいよ。
どれも美味しかったけど、特に人気が高かったのは、ボストックかな。
しっかり甘いんだけど、それが嫌な甘さじゃなくて、焼き加減も良いのだよ。

クロワッサンがいつでもターゲット(ほんとか)の私は、プレーンのクロワッサン。
さくさくと軽くて上手なんだが、個人的にはもっとバター&塩気のクロワッサンの方が、更に嬉しいかな。
って、私のクロワッサンの好みって、どんだけ偏ってるんだよ。(自覚はあるらしい)


     IMG_8988

人気ぶりが納得できる、良いお店。
大忙しの店員さん達は、当たる人によって相性はあるだろうけれど。
ここのオープンサンドの為に、また来てみたい。
……駐車運をちょっと分けていただきたい。>Sちゃん。

この後は、チョコレートの専門店へ、れっつ・ごー。


B. Patisserie
2821 California Street
San Francisco, CA 94115
[PR]
by senrufan | 2014-05-25 11:49 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/22691862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tomi at 2014-05-27 14:29 x
miyukiさん;
コメントを有難うございました、 この 85 の ケーキ屋さん こちらの
Torrance にも出来ました 何で85℃なのかわかりませんが、兎も角
入ってすぐに これは 中国系だな~と分かりました おかずパンや菓子パンが多いですね。

貴女のお好みには合わないかも: それでもこちらでも満員御礼ですよ
中華街に行きますとこの手のパン屋さんが有ります、又 パンそのものが好きな方は ヴェトナム系が良いです、彼らはフランス流の製造ですから バケットやフランスパンなどはとっても美味しく作ります。
アメリカ人は 10年一日のごとく あの スヌーピー の絵がかいてあるパンをレストランでも平気で出しています、もっと勉強してと叫びたくなる。
でも良いのも有るので せいぜいごひいきにお願いいたします、私は中国系のパン屋の回し者では無いですが(笑)。
Commented by Miyuki at 2014-05-29 11:57 x
*tomiさん
おー、そちらにもオープンしましたか! こちらでも2~3店舗一気にオープンしたみたいで、儲かってるんだなー、なんて(笑)
こちらも中国系、韓国系のベーカリーが増えていて、ベイエリア・ベーカリーブーム!?という声も。ベトナム系はサンドイッチのお店しか知らないのですけど、あのベトナムバゲット、私も好きですー♪ あと、メキシカンベーカリーも安くて素朴でいいですねえ。
あははは、スヌーピーの絵のパン! こちらのローカルベーカリーは優秀なところが沢山ありますよ~。ハードブレッドやサワードゥの美味しさは、ベイエリアに来て教わりました。
中国系のベーカリーではペーパーシフォンが大好きですvv


<< その手が生み出す幸せを 永遠を願う瞬間に >>