永遠を願う瞬間に

「言い訳は、嘘をつくより悪質で恐ろしい。
なぜなら、言い訳は嘘を守ってしまうからだ」
   ----- アレキサンダー・ポープ
       (イギリス人、詩人、1688年5月21日生まれ)


料理ブログ読書ブログ、月イチ更新済みでございます。


     IMG_0112

インコがいなくなってから、裏庭に鳥の餌を撒くようになったのですが、
今では大(カラス)・中(ハトとか)・小(スズメとか)と揃って、沢山の鳥が来てくれるようになりました。
大・中・小の順に、来る数が少ないんですよね。
カラスは一羽で堂々と、スズメっぽいのは群れでやってきます。

で、気づいたら、ガレージ扉の上にあるライトに、巣ができているではないですか。
いつ巣立ちになるのか、毎日こっそりと見ているところです。
つっても、ガレージから車で普通に出入りしているんですけどね。(許して)


IMG_9632

        IMG_0225

で、この巣を作った鳥が何なのかがわからなくて、ですね。
↑の赤い鳥と赤くない鳥が何羽か、裏庭に良く来てて、この鳥っぽいような?
だとしたら、Finchの一種? なのかなあ?? 赤が雄で、赤くないのが雌だそうで。
あー、でも、全然間違ってる方に3,000点。

うううむ、写真を元に画像検索する方法とかないのかしら。
やっぱり鳥辞典を借りて、調べるしかないのかしら……

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_8970

もう、あまりに前過ぎて、詳細を思い出せなくなっている記録。
じゃあ、なんで書くんだ、というのは、「そこに行った記録があるからだ」、みたいな。
決して「記憶」じゃないところがミソでございます。

お友達4人と連れ立って、de Yound Museumのブルガリ展に行ってまいりました。
宝石を見るなら女性同士よね、ということで、大変楽しい鑑賞会。
きらきらアクセサリーが眩しくて、会場を出た後は、しばらく景色に星が見えたほどでした。あ、嘘です。




以下、de Youngのサイトからお借りした画像をはさみながらの展示記録です。

・Tremblant Color

p154_4998

・The 1950s and 1960s
   Snakes、Sette Meraviglie

n622_405 snake

・Stars and Stripes (1970, NY)

e1063_4943

・The 1970s
   Tubogas (gas pipe)

VER-BULGARI-DE-YOUNG-EXHIBIT 404_n607

・Elizabeth Taylor Collection

6675-taylor-n1 6676-taylor-n2

・The 1980s
   Menete
   Parentesi collection
   Chokers



IMG_8971

個人的に一番気に入ったコーナーが、エリザベス・テーラー・コレクションです。
世界一と謳われた美貌の彼女に、なんとふさわしい美アクセサリーの数々。
在りし日の彼女の映像も流しながらのコーナーは、大変見応えがありました。
チャリティー活動でも有名だった彼女らしく、AIDS Foundationのオークションで出品されたネックレスなども展示されていましたよ。

ご一緒したサンドラさんは、ヘビの時計がいたくお気に召したご様子。
確かに、ゴージャスという言葉がぴったりなヘビ達には強く惹きつけられて、しばらくショーケースの前でうっとりと見惚れてしまいましたね。


     IMG_8969

宝石には興味はあまりない、というより、気後れしちゃって持てないんですよね。
私ごときが、という気持ちがすごくありまして。
あ、もちろん、お財布的にも持てないというのもありますが。(身も蓋も)

でも、本当に芸術だなあ、と。
アートだなあ、と。

こういう素材を使って、デザインを考えるデザイナーがいて、それを作り上げる職人がいて。
その完成形を、周囲全てから眺められるように配置してくれた展示のおかげで、いろんな角度から見せてもらいましたが、
ほんとに、どうやってこんな、と思うほどの繊細な細工に、出るのは感嘆のため息ばかり。
今まで縁がなく、これからもあるとは思えない世界を垣間見せてくれた、素敵な展示会でありました。

バレンタインデーという日にご一緒してくれたれでぃー達にも、大感謝。
この後、評判のベーカリーとチョコレート屋さんに行った記録を、次回に続けます。


The Art of Bulgari: La Dolce Vita & Beyond, 1950–1990
September 21, 2013 – February 17, 2014


de Young Museum
50 Hagiwara Tea Garden Drive (Golden Gate Park)
San Francisco, CA 94118
[PR]
by senrufan | 2014-05-21 10:12 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/22672333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tomi at 2014-05-27 07:38 x
miyukiさん; こんにちは。
今日は連休最後の日ですが、おくつろぎですか、それとも バーベキューかな でも貴女はビジタリアンだから どうでしょうか、今年の
メモリアル デイ は ハンバーガーミート に異変があり皆さん 買い控えるかも、チキンかホットドックなんて変わるのかな、でも 0157 はよく火を通せば問題はないようです、 お宅の門燈に鳥が巣をこしらえて 可哀想だからひなが育つまでそっとお願いします。

家のベランダで昔 ハトが卵を温めてはじめて仕方がないからひなが育つまで待ったことが有ります、ハトは メスオス番いで子育てをするんですね。
Commented by Miyuki at 2014-05-27 12:05 x
*tomiさん
こんにちはー!
連休はWSに参加したり、友人と飲んだり、楽しく過ごしました♪ 大ハズレのレストランに当たったりもしましたが。tomiさんはいかがお過ごしでしたか?
え、ハンバーガーミート、何かリコールでも?(世間知らず) うちでBBQをやるとすれば、実はビーフよりチキンやポークになるので、大丈夫かな、ってそういう問題じゃない。
私達も巣もひなも大事にしたいのですが、何しろガレージ扉の上なもので(涙) 一応、そそくさと出入りするようにはしてるのですが。
ハトってそうなんですか! どこぞの旦那族の良い見本になりそうですな。


<< 強気な姿勢は訳があり 焦がれていたのは、その空と (... >>