目にも、口にも、身体にも

「すべての人が何らかの檻に入れられています。
でも扉の鍵はいつも開いているのです」
   ----- ジョージ・ルーカス
       (アメリカ人、詩人、1944年5月14日生まれ)


     IMG_0086

お友達の家の裏手に、大きな公園というか、空き地がありまして。
真ん中に道路が走っているのですけど、その道路を境に、片方がかなり急な傾斜になっているのですよ。

夏になって、草が一斉に枯れるので、その枯れ草を刈りたくても、急傾斜過ぎて草刈機は使えず。
なので毎年、なんとヤギを放牧して、枯れ草を食べさせるという方法を使うのですって。


     IMG_0084

このヤギさん達、とある牧場のものだそうですが、牧場主の方がこうやって”貸し出し”して、あちこち出張放牧してくれるのだそうです。
食べながら、少しずつ公園内を移動して、終わった後はきれいに枯れ草がなくなっている、というスンポー。

百匹はいるんじゃ?のヤギさん大群は、見ていた私達に寄ってきて、餌をねだる仕草。
ごめんな、「餌は与えないでください」なんだって。
牧場育ちなせいか、人懐っこい子達でございましたよ。

* * * * *

【個人的事情】

IMG_9052

2月のtamachanレストラン訪問記録なり。
ちなみに本日、5月の訪問をしてきたところです。(……)(今月も激美味)

バレンタイン月ということで、デザートはチョコレート系。
2月も2回、ゆみたちさんやこっぺちゃんなど、素敵なれでぃー達とご一緒させていただいた幸せを噛み締めながら、美味な記憶を掘り起こすのだ。




IMG_9056

最初の一皿から歓声が上がるのは、tamachanレストランのお約束。
寒い日に何よりのスタートは、白い野菜のクリームシチュー

乳製品を使わず、小麦粉と出汁がベースのルー。
蕪にカリフラワー、じゃがいも、マシュルームが柔らかく溶け込んで、ほっこり・ふっくらのお味。
優しい味わいに、涙が出る。(ホントです)


IMG_9061

メインのお皿も、ボリュームたっぷり、彩りいっぱい。
どーん、と並んだハンバーグの存在感がすごいのだ。


IMG_9062

黒豆バーグは、玉ねぎやナッツ、きのこ類なども入っていて、食べ応え十分の美味しさ。
お肉バーグも美味しいけれど、この複雑な味わいは別モノだね。
デミソースもとても美味しかったし、バーグだけでいただいても、べりぐっど。


IMG_9063

チコリボードのラビゴットソースも、んまかった。ラビゴットって、初めて聞きました。
なんでも、ゆで卵の白身を使うソースなんだけど、Extra Firmの豆腐を使って、ヴィーガン仕様にしたんだって。(拍手)
ベルペッパーを3色揃えて、彩り良く。ケッパーやガーリックで風味良く。


IMG_9065

レインボーチャードのソテーも、あっさり・しゃきしゃきで名脇役。
tamachanのプレートは、歯応えまでバラエティに富んでるよ。


IMG_9071

止まらないヤバ旨メニューは、玄米バターライス
ヴィーガンバターを使って、パセリのみじん切りを混ぜたご飯、うおお、ヤバい、ウマい、ヤバい。


IMG_9074

そしてデザートは、期待のチョコレートケーキだよ。
ココアパウダーを使った生地に、ベジタリアンチョコレートが加わって。
濃厚な甘さがベリーソースと良く合って、ゆっくり味わいながらいただいた。(至福)


2月も、大変美味しゅうございました。
激ウマご飯で、お腹いっぱい。麗しれでぃーすとのトークで、胸いっぱい。
3月も4月も5月も、絶賛の嵐の記録になる予定。つか、すでに決定済みだってば。


 tamachanレストラン訪問記録 : グランドオープニング 5月 7月 11月 12月 1月
[PR]
by senrufan | 2014-05-14 11:40 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/22617498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tomi at 2014-05-17 15:07 x
miyukiさん;これはこれは おいしそうな ベジタブル料理ですね。
この山羊さんたち どこへでも出張してくれるのですか、前に chibilitさんのお友達が頼んだに様なので。

最近 ベジタブル料理といいますと貴女の感化を受けたかすぐに読んでいます、でも 私は肉はもう胃腸が受け付けないので いつも野菜です 余り醤油は使わずに 
北海道の友人がくれる 昆布が美味しいのでなんにでも入れては煮炊きしています、昨日も プロヂュース の卸やを居て居ます彼女が 素晴らしい野菜や 菜っ葉、果物をどっさとくれるのでこの人に 山もりの野菜の煮物を持って行きました 彼女狂喜乱舞(これは大げさです)又あげると言われてね 毎回食べきれないくらいで友人にあげるのですが貴女がご近所だった届けたい(本当です)。
Commented by Miyuki at 2014-05-19 14:16 x
*tomiさん
ヤギさん達は牧場主さんが運べるエリアであれば、そして払うお金があれば(笑)、大丈夫ではないでしょうか。個人的に頼める方はすごいですねえ。

北海道の昆布! なんて魅惑の響きでしょう♪ 女性は昆布を取りすぎると良くないとはいっても、その範囲内で楽しむのはアリですよね~。
野菜や果物をくださるお友達がいらっしゃる!? わ、私もその輪に入れてください!(あさましい) それもtomiさんの煮物の美味しさあってこそですな。私もその輪に入れてください!(更に最低)


<< 焦がれていたのは、その空と (... くぐる暖簾を掲げたら (14) >>