「ほっ」と。キャンペーン

雨が育てる命から (その3)

「一枚の葉っぱを切る所から始まってね、 何千枚何万枚の葉っぱを全部切り抜いて仕上がっていくっていう、そういうのが人生そのもの。 一歩一歩歩いて、一万歩歩いて、一万歩先に到達するっていうようにね」
    ----- 藤城清治
        (日本人、影絵作家、1924年4月17日生まれ)


         IMG_9660 

お友達のコンドミニアムのプールサイドでのBBQにおじゃましてまいりました。 
わいわいと皆でおしゃべり・お食事、いやもう、すんごく楽しかった!でございます。 

その際、お一人の方がお持ちくださったのが、↑ のピンクの板。 
Salt Plate というもので、なんと、かのヒマラヤンソルトでできた板なのですって。 
直接火にかけて、その上で牛タンを焼いていただのたのですけど、 ただ焼いただけで、絶妙の塩味がついていて、うまーーっ! 
他に何も調味料がいらないぐらいです。 

小ぶりなので、牛タンを2枚のせたらいっぱいの大きさ。 
皆で、順番に並んで焼いて、堪能させていただきましたです。 
ポートベロマシュルームのスライスも、うまうまーーー、でございましたぞ。 

あまり汁気が多いものは避けた方が良いそうですが、そうでなければ、少しずつ削りながら、長く使えるそうで。
AmazonやSur la table、William Sonomaなどで買えるそうなので、かーなーり前向きに検討中でございます。じゅる。  

* * * * *

【旅行】

IMG_8598 

シアトル滞在記、最後はファーマーズマーケットとヴィーガンレストラン訪問記でございます。 

土曜の午前中のマーケット、いやー、寒かった。
そして並んでる品が、全然違う。距離を考えれば当たり前なんですけど、本当に面白かったです。





IMG_8605 

野菜が少ない、というか、ほとんど根菜類なんですよ。
青菜はごくわずかで、しかも高い。 
まだまだこちらは冬なんだなあ、と、マーケットを見て実感です。 

そして驚いたのが、その根菜さえも、違う種類であること。 
こちらでは細長いにんじんが、ぎゅむっ、と縮まった形になってる、とか。
こちら売ってるビーツは丸いけど、シアトルでは縦長ビーツ、とか。 
うち方面で良く見るにんじんが、Mini Carrotという名前になってたり。


  IMG_8600 

 あとですね、水産物の屋台が多いんですよ。
 初めてこちらで、「Ikura」、「Sujiko」を見ましたぞ。


  IMG_8603 

でも一番多かったのは、やはりサーモンですね。
サーモン加工品も充実してました。


  IMG_8606 

こちらが、すごく気になった屋台。 
雑穀や豆を売ってるのですが、その種類がハンパじゃないんですよ。 
聞いたこともないものが幾つかあって、よっぽど買っていこうかと思ったほど。 
そして、そういう雑穀類を粉にしたものもあって、グルテンフリーを目指す方には、すごく嬉しいだろうなあ、というお店でございました。


  IMG_8599  

山羊のミルクとチーズ屋さんには、やっぱりシアトル・ホークスが。
翌日のスーパーボウルの勝利は、山羊さんも貢献していたに違いない。


  IMG_8604 

おおお、と思ったのが、こちらの屋台。 
なんと、Kombuchaのお店でございますよ。 

Kombuchaは勿論のこと、株も売っているのがえらい。 
私も以前は育てていた のですけど、お嬢がいなくなって、すっかり止めてしまったんですよね。 
相変わらず、ふよふよとクラゲのような株でございました。


*-*-*-*-*-*-*-*-*

IMG_8607 

その後、お昼ご飯を食べに連れて行ってもらったのが、オーガニック菜食カフェ。 
ベジタリアンからローフードまで幅広く揃えた、ユニークなお店です。


  IMG_8609

IMG_8608 

キャッシャーのところで注文して、番号札を持ってテーブルに着くシステム。 
メニュー数が多くて、またそれぞれをヴィーガン仕様に頼めたりして、ひとしきり悩む、悩む。 
結局ゆかさんも私も、Weekend brunchメニューから一品ずつ。


         IMG_8614 

 外が寒かったので、暖かい飲み物も。 大好きなマテ茶を使ったMate Latteがあったので、それを。 
うーん、濃い目のマテ茶の程よい苦味が好きなのですが、ソイミルクと混ぜてしまうと、随分と穏やかな味わいになってしまうんですな。


  IMG_8616 

ゆかさんオーダーは、Sweet Potato Biscuits & Gravy。 
グルテンフリーのポテトビスケットに、ローズマリーとホワイトビーンズで作ったグレーヴィーソースがけ。
蒸したケールがこんもりと添えられてます。 

私もいただいたのですけど、これ、美味しかったです。 
小麦ではない、何の粉を使ってるのかはわかりませんでしたが、外側さくさく・中もっちり系で、かなりお腹にたまる感じ。 
ローズマリーの風味のソースが、また旨し。


  IMG_8619 

私が頼んだのは、Tempeh Bacon & Scramble
豆腐をスクランブル状にして、野菜やマシュルームと一緒に炒めたトーフスクランブルを、どっさりほうれん草の上にのせて、ベーコン風味のテンペを添えたもの、でございますね。 
サイドは、フルーツサラダをお願いしましたです。 

アメリカンなベジタリアンメニューでお馴染みのトーフスクランブル、久しぶりにいただきましたが、うん、こんな感じだったよね、というお味。 
懐かしくて、ぱくぱく食べ進めたものの、これまたかなりのボリュームで、油もしっかり使ってることもあり、残念ながら完食ならず。(悔)


  IMG_8622 

でも、デザートは別腹ですから。(おい) 
Black Bean Brownieを、2人で分けて食べました。 
これがすっごく濃厚で、驚きましたです。うん、豆パワー。


         IMG_8610 

ワシントン州で、初めてオーガニック認定を受けたというカフェ。 
ヒッピーの香りが濃厚な、居心地の良いお店でございました。 


4757 12th Avenue NE Seattle, WA 98105  
*-*-*-*-*-*-*-*-*

IMG_8640 

名残惜しいですが、駆け足のシアトル訪問記、これにて終了です。 
さて、いよいよ2月の日記を書くですよー。(大声では言えない)



[PR]
by senrufan | 2014-04-17 12:03 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/22466127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 悦ちゃん at 2014-04-19 04:37 x
ヒマラヤ塩の板、前にレインボーマーケットで見ましたよ。ハワイのお寿司やさんで、これに乗ってたので、見た時、おお!!って感じでした。荒くけずった、Grinderに入れる用のヒマラヤ塩もバラで売っててよかったですよ。、石ころみたいなのもありました。パーティでちょっとこれでおろして塩振るのにおされーーって感じでしたよー。
Commented by Miyuki at 2014-04-19 11:27 x
*悦ちゃん
おお、レインボーですか! なんでもあるなあ、レインボー。お寿司がこれにのって出てきたら、目にも美しくていいですよねー♪ Grinderのヒマラヤンソルトは持ってて、なかなか重宝してます。確かにパーティには更にいいかも!(目指せエセセレブ) Salt Plateの難点は塩気の加減ができないことなので、そういう意味では岩塩の方が便利ではあるんですよね。でも欲しいっ!


<< 踏み出すことを決めるのは 雨が育てる命から (その2) >>