焦がれていたのは、その空と (その2)

「戦争は戦争のために戦われるのでありまして、
平和のための戦争などとはかつて一度もあったことはありません」
   ----- 内村鑑三
       (日本人、教育者、1861年3月23日生まれ)


IMG_9266  IMG_9279

先日の日記で、日本滞在中に、「せめて美味しいコーヒーを飲みに行きたかった」と書いた翌日に、実はなんとかありつけました。
帰国する前日、会った友人達が連れて行ってくれたのでございます。うう、嬉しい、ありがたい。

訪れたのは、星乃珈琲。ドトールコーヒーの系列だそうですね。
ハンドドリップで一杯ずつ淹れてくれるという炭火焙煎珈琲は、酸味がない濃い味わいが美味しかったです。

そして、噂のパンケーキ!
今回の滞在では、東京エリアでのパンケーキの流行ぶりに驚きまして。
訪れたレストランでパンケーキをオーダーされているお客さんが何人もいらっしゃったり、パンケーキのお店で行列ができていたりして。
ピザやホットドッグと並ぶアメリカンメニュー(個人のイメージです)なので、どうせ食べるなら、ちょっと工夫したのがいいなー、と思っていたところに、この星乃のパンケーキを薦めてもらったのですよ。

幾つか種類がありましたが、プレーンなスフレパンケーキを。
釜焼きというこちら、外側はさっくり、中はふんわりで、んまかったー。
シロップは使わないでも十分甘味があったので、ホイップバターで塩味を加えていただきましたです。

ランチ後に訪れたので、お食事メニューを試せなかったのが残念。
次回があれば、オムライスとかもいただいてみたいものでございます。


星乃珈琲店

* * * * *

【旅行】

1. Zion National Park (HP

IMG_7308

アメリカの国立公園、といってまず思い浮かぶのが、ユタ・アリゾナ・ネヴァダの各州。
そのうち、ユタ州で最初に国立公園として認定されたのが、ザイオン国立公園なんだそうです。

Zion Canyon・Kolob Canyonsの2つの峡谷がメインとなっている、こちらの公園。
2回目の訪問となる今回は、短いトレイルを1つ歩いて、
あとはゆったりドライブしながら、気に入った景色のところで停まっては、しばしのんびり、という時間を過ごしましたです。




zion-map
                                 (HPからお借りしたMAPです)

公園内は、主要道路が2本ありまして。
Zion Canyon Scenic Driveと、Kolob Terrace Road
こちらの道路沿いの要所・要所に、鑑賞ポイントが設けられています。

ここで、きちんと各ポイントを確認して鑑賞、というのが良い観光客なのでしょうけれど、
ええと、我々はやっぱりワレワレだったので、全然気にしないで、好き勝手に停まっては、
わあぉ、ほおぉ、と感嘆するばかりで、場所名などは全然気にも留めず……(恥)
なので、以下は単なる写真の羅列です。


IMG_7395

IMG_7374

ザイオンで目につくのは、この地層のグラデーション。
下はMoenkopi Formationから始まって、
Petrified Forest Member
Chinle Formation
Moenave Formation
Kayenta Formation
Navajo sandstone
Temple Cap Formation
と、各層ごとに認定されていて、それぞれでたとえば恐竜の足跡が残っていたり、古代の植物の化石が見られたり。
地質学の中でも特にStratigraphy(層序学・層位学)の分野において、とても貴重な場所になっているそうです。


IMG_7364

峡谷を形作るVirgin River
岩を浸食し、産み出した崖や塔は、正に自然の芸術です。


IMG_7370

     IMG_7361

そして、その芸術は、常に姿を変えていきますので。
次に来た時に、また同じ景色が見られるわけではないのですよね。

勿論それは、何十年、何百年単位のことですから、人間の目から見たら、ほぼ同じなのかもしれませんが。
それでも、自然の色が、一瞬でも同じ色であることは、決してないのでしょうから。


IMG_7403

とにかく空が広いので、飛行機雲がやたらと見えたのも、思い出です。
こんなに、さえぎるものもない空なのに、領空なんてものがあるのが不思議です。


IMG_7450

     IMG_7381

トレイルも幾つかあり、それぞれに見所がある模様。
我々が今回歩いたのは、Canyon Overlook Trailという、往復で1マイルのトレイルです。
ゆるやかな崖を登っていくのですが、特にキツいところもなく、眺めの良いトレイルで、高所恐怖症の私でも大丈夫でございました。
いやほんとに、今回の旅行では、”高所恐怖症”が結構重要なキーワードだったんですよね……


     IMG_7456

しかし後日、友人夫妻が訪れたトレイルについて聞いて、びっくり仰天。
見せてくれた写真、「これってロッククライミングでしょ」状態。
つまり、絶壁の崖を、ロープを伝いながら登ってるんですよ。すでにトレイルじゃないんですよ。(恐怖のあまり絶叫)

そのトレイルは、Angels Landingというそうです。
体力・筋力共に充実のご夫妻でさえ恐ろしかったというトレイル、確かに眺めは素晴らしいそうですが、私は死んでも無理ですな。つか、絶景前に、心臓麻痺で死ぬと思う。


IMG_7363

でも、もっと恐怖な事態は、その帰り道。
公園の周囲に民家が点在しているのですが、当然のように、崖の近くに建っているということで。
そういう場所を通るたび、景色は良いけど、住むには勇気がいるなー、と思ってしまうような場所なわけですよ。

帰り道、右側に黄色いロープが見える、と思ったら、とある民家の上に、その民家並みの大きさの岩が2つ落ちて、家が見事につぶされている現場を見てしまったのでございます。

駐車スペースに車が2台あったのですが、住人の方はどうされたのか。
自然の前に頭を垂れる為に訪れた公園ですが、こういう悲劇に出遭うというのは、何とも遣り切れないことでございました。


IMG_7412

気を取り直して、次に向かう方角は北。
最初のプランでは、ザイオンに夕方まで滞在する予定だったのですが、
別の国立公園に浮気(?)することに致しました。

(続く)
[PR]
by senrufan | 2014-03-23 11:09 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/22321221
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by むしの日 at 2014-03-26 11:20 x
おかえりなさいませ!このスフレパンケーキもすごいですが、クロワッサン鯛焼きもビックリでした。思えばカツカレーだってイチゴ大福だってこういう変化球から定番に昇格していったんですよね。
私が帰る頃まで生き残ってくれているかしらん、クロ鯛。
さて国立公園、まだ行ったことがないので今回のシリーズでしっかり予習をしたいと思っております。私も高所恐怖症ぎみなので、怖いポイントをチェックしておかないと、です!


国立公園の続きも楽しみにしています。
Commented by Miyuki at 2014-03-27 11:36 x
*むしの日さん
帰ってまいりました~~。
クロワッサンたい焼き、そうきたか!という感じですよね。ほんとに食べ物アイディアに溢れていて、日本は楽しいです♪ お帰りになった時になければ、大きめクロワッサンを買って、餡子を詰めて、たい焼き器で焼く。どですか!(無茶) そういえばこちらでもたい焼き器は売ってるんですよね。私こそ買おうかしら(無謀)

う、それはいけません(汗) ここの国立公園記録はまーーーったく情報がない、ただの写真の羅列なので、「こんなとこ」というサワリもサラリだけで、あとはぜひ他のサイトさんで予習を~~(他力本願) この後、無理ーっ!と泣いた場所も出てきます……キャニオン大好きなのに、相性が悪くて悲しいです……


<< 私の全てを引き替えに これが私の決めた道 >>