自分の身体で知る季節

「そのことはできる、それをやる、と決断せよ。
それからその方法を見つけるのだ」
   ----- エイブラハム・リンカーン
       (アメリカ人、政治家・第16代米国大統領、1809年2月12日生まれ)


福島第一原発で働く皆さんに感謝の気持ちを届けよう
福島第一原子力発電所で働く作業員の皆様に、機能性インナーとカイロを寄贈する寄付金を集める活動が行われています。
米国内での寄付の受付は2月末まで、日本国内は3月末までです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

IMG_8957

憧れのChiblitsさんから、お手製のパンをいただきました!
ブログで拝見していたKiller Breadを、なんと丸々、一斤半。
喜びのあまり、思いっきり舞い上がって、地面に降りてくるのが大変でしたとも。(まだ浮いてる気が)

こんなありがたいものを、私一人でいただくわけにはまいりませぬ。
お友達を呼んで、サンドイッチパーティーとしゃれこみましたです。
各自、それぞれ具を持ち寄りまして、ですね。
グリーン、にんじん、グリルド茄子、里芋ペースト、ザワークラウト、卵&きゅうりのピクルス、ハム、などなど。


IMG_8958

まず、焼き立てパンをいただくところから。
もーー、外側さっくり・中は適度にふんわりで、雑穀のぷちぷち感がたまりませんーーー
そして、こんなに綺麗に雑穀が生地に入ってるということにもカンドーです。おかげで、どこを食べても、ぷちぷちと。

甘めなので、何もつけずに、パンだけで食べても美味でしたが、
具をあれこれ選びながらいただいたサンドイッチの、美味しい&楽しいことったら。

chiblitsさん、本当にありがとうございました!!
幸せなひと時をくださいましたこと、全員揃って、心から感謝申し上げます。(愛)(ファン度158%)

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_8959

2014年日記の最初は、Sさんが講師を勤めてくださった、「月の暦カレンダー作り&お食事会」の記録から参ります。

マクロビオティックを学んでいくと、というか、季節を意識した暮らしを心がけていくと、
太陰暦、いわゆる旧暦が、その暮らしのリズムに馴染むこと、
そして、新月~満月の月の進行が、身体のリズムとリンクしていること、が自然とわかってきたり致します。

現在の日本では、太陽の進行を基とした太陽暦、つまりグレゴリオ暦が通常とされており、Wikiさんによれば、導入は1873年(明治6年)から。
それまでは、月の運行に従った暦を使っていたわけで。
ですから、二十四節気五節句雑節というのは、本来は旧暦の日付によるのが、身体の季節感覚に合ってるなあ、と納得できることが増えていったのでございます。

参考として、以下のサイト様をリンクさせていただきます。ありがとうございます!

 暦の話


昨年末、erinちゃんから、素敵なギフトをいただきまして。
それが、「旧暦美人」なるダイアリーで、中は太陽暦と旧暦が平行して記載されていることに加えて、月の運行もしっかりと。
感激しながら、2014年はもっと季節を意識するのだ、と思っていたところ、Fさんからワークショップのお知らせが。
改めて、きちんと説明を聞きたいと思い、参加させていただいたのでございます。




IMG_8180

年の始めということもあってか、かなりの数の方が参加されたワークショップ。
月の運行と身体のリズムの関連から始まって、マクロビオティックの視点からの食生活のアドバイスまで、
Sさんの穏やかな説明と、熱心な皆様との質疑応答で、とても充実した時間となりました。

28~29日を理想とする生理サイクルは、新月の時に排卵し、受精しなければ、満月の時に生理が始まるという、文字通りの”月経”。
月のもの、とは良く言ったもので、新月~満月・満月~新月が、それぞれ14日のサイクルでありますから。
月の重力で潮の満ち引きが起こるように、その運行に従って、身体が自然と準備されていったりするわけです。

先日、仲間内で集まっている時、満月になると生理が始まる、と一人が話してくれまして。
ご家族は彼女の機嫌で月のリズムを知る、とのことで、じゃあ満月には月に吠えるんだー、と皆で大笑いしたのですけど、ある意味、とても理想的。
女性ってこうなのよ、と教える、男の子には最高の情操教育でございますな。
ぜひ将来、心してGFや奥様を労わっていただきたい。


IMG_8184

で、身体にまかせるだけでなく、自分でも意識して行っていこう、ということで。
旧暦の知恵を生かした生活を送るべく、その時々に合わせた身体の整え方の説明を。
望ましい食材の取り入れ方、断食のやり方など、改めてマクロビオティックは、陰陽五行が基になっているのだなあ、としみじみ感じます。


IMG_8187

講義の後は、実習のお時間です。
Sさんが各自に用意してくださったカレンダーに、旧暦の日付、二十四節気、土用の期間などをペンで記入したり、シールで目印をつけたりして、自分だけの旧暦カレンダーを作成したのでございます。


IMG_8186

勿論、新月と満月の日も。
旧暦に従って、小豆や海草を摂った方が良い日も含めて書き込んでいって、どんどんカレンダーがカラフルになっていき。
Sさんが見本として見せてくださったカレンダーを参考に、皆さん、素敵なオリジナル暦を仕上げておられましたです。


IMG_8199

ひと段落したところで、Fさんが用意してくださった「お食事会」
ほぼお一人で、なんと10品目以上のメニューを提供してくださったのですよ。
一品一品、違う食材を使った、この季節の身体を労わるメニューが、それぞれ大量に。
一体、どれぐらいお時間をかけてくださったのか、と目頭が熱くなる思い。


IMG_8203

汁物やご飯も入れて、大満足の美味ランチ。
何度もお代わりに立ってしまって、ずうずうしいったらありゃしません。
だって、美味しかったんだもーん、もーん、もーん……(エコー)


IMG_8208

最後は、お部屋の浄化法についても説明が。
お香を炊いたり、エプソム塩を燃やしたりなど、「邪気」を払って、「気」を良くして、「元気」になる方法。
「気」に敏感な方には、違いが良くおわかりになることと思います。(私は鈍感)


IMG_8209

1月の初めといえば、七草粥。
春の七草は、太陽暦の1月7日には、ほとんど揃えることができませぬ。
旧暦の1月7日、太陽暦では2月6日に当たる頃には、自然と生えているものでございます。

ベイエリアで暮らすにあたり、日本の旧暦が、全て合致するわけではないにしても。
こういう知恵があるのだ、と知って意識することによって、流れる季節をより敏感に感じて、身体の声に耳をすませて、より良い暮らしを目指していこう、というのが、何よりの目的でございますから。

取り入れレベルは、自分と家族次第。
大人数を受け入れてくださった講師のSさん、場所を提供してくださったFさんに、心から感謝を申し上げます。
今年はより一層、楽しく季節を味わっていきたいものでございます。




……早速の異常な雨不足にもめげず。
[PR]
by senrufan | 2014-02-12 11:40 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/22059634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by むしの日 at 2014-02-15 13:45 x
農作業も月の満ち欠けを見ながらするとよい、というのを聞いたことがあります。波(潮、というべきなのでしょうか?)が月の引力で起きるという話は何度聞いても未だにイメージができないのですが、タネから芽がむくっと起き上がるのを月が引っ張っているという絵はすんなり思い浮かぶ非リケジョです。
Commented by Miyuki at 2014-02-16 11:25 x
*むしの日さん
おお、シュタイナーのバイオダイナミック農法もそれですね。こちらでもその農法での野菜を使っているレストランがありますよー。種から芽がむくっと、私もそっちの方が思い浮かびやすいです。ちなみにその絵が大変絵本ちっくで、非リケジョどころかタダのお子ちゃまレベル……
Commented by tomi at 2014-02-16 15:18 x
miyukiさん; こんばんは。
太陽暦 と 旧暦ですね、私達は 太陽暦をを使用しています が アルメニア人や中近東の方たちは 旧暦で日々を送っていますし祭日もそれで決まるわけです が 日本だって昔は 旧暦だったんですね、だから 立春があって それから始まる暦を使用していたのですよね、いつから1月1日は年の始めになったのか?しっかり貴女のコメント読んでいないですねワタシは 1873年からですか、明治政府は何でも西洋の真似をする、 出産も潮の満ち引きに関係が有ると医者は言います、この現代医学でも
なんだか 旧暦に戻してもらって欲しいですね、本当の季節が味わえるかも。
Commented by Chiblits at 2014-02-17 06:59 x
良かった~ Miyukiさんのところもお二人だしパンは時間が経つと美味しくなくなるし。。。と思っていたら皆さんと召し上がってくださったのですね!サンドイッチの中身 よ~く見ました!(笑)
実家の犬がお産をする時に獣医さんが今日の満潮はX時ですから XX時からお産が始まるでしょうといわれてそのとおりだったのでびっくりした事を思い出しました。
Commented by Miyuki at 2014-02-17 12:27 x
*tomiさん
そうなんですよね、世界中が太陽暦なわけではないのですよね。各国の暦と季節を調べたら、面白いことがわかりそうだなあ、なんて思ってます。
旧暦に今から戻すのは難しいにしても、意識して生活するのは悪くないですよね! 幸いこちらでは中国やベトナムの人のおかげで、旧正月もお祝いしますしねー♪
Commented by Miyuki at 2014-02-17 12:27 x
*Chiblitsさん
改めて、本当にご馳走様でした!! そうなんですよ、できるだけ美味しさを逃したくなくて、いただいた日にすぐスライスして冷凍したんですよ。お友達が来てくれた時、そのままトーストして、皆で感激しながらいただいたのでございます。サンドイッチの具は相談しながら持ち寄ったのですが、知恵を寄せ合うと、自分では考えもしなかった美味しさに出会えて、とっても良かったです♪
tomiさんもおっしゃってくださいましたが、お産もそうなんですよねー。その獣医さん、素晴らしい! それぞ経験に基づく知恵、ですよね~。


<< くぐる暖簾を掲げたら (13) 仕上げは炎で締めくくり >>