「ほっ」と。キャンペーン

暖簾を分けた兄弟の

「我々は、三つの教育を受ける、両親から、校長から、社会から。
前の二つは、後の一つと矛盾する」
   ----- シャルル・ド・モンテスキュー
       (フランス人、哲学者、1689年1月18日)


     IMG_8177

Sarahさんから、なんともキュートなプレゼントをいただきました。
袋の口を止めるクリップなのですけど、挟もうとしてきゅっと握ると、
「ツィー ツィー ツィートゥトゥトゥーーー」
って鳴くんですよ~~~。
その声を聞くたび、はあぁぁ……、と腰が抜けそうに癒されるワタクシ、
時々この子を握っては、やああん、かわいいいぃぃ、とメロメロぐだぐだしております。

用途は当然、庭に撒く鳥の餌の袋の口止めに。
Sarahさん、本当にありがとう! お礼は面白猫グッズかな、やっぱ。

        IMG_8377

* * * * *

【レストラン】

IMG_6406

インターナショナルなベイエリア、日本食部門も素晴らしく。
美味しいレストランが幾つかあって、それぞれがそれぞれ流で、バラエティー豊かに系列店を展開していらっしゃる。本当にありがたいことでございます。(拝)

そのうちの一つ、美味しい焼き鳥屋ラーメン屋のお仲間に、今度は居酒屋が加わった。
開店前から話題だったこちら、期待を裏切らない美味しさで、たちまち人気店。

すでに2回訪問済みの友人がセッティングしてくれて、仲間6人とわくわくしながら行ったのだ。
開店場所は、兄弟店のラーメン屋さんのお隣ね。
ラーメン待ちの人混みで、少々入り口がわかりにくいのは、ぐっと渋めな店構えもあるのかも。




     IMG_6408

高い天井と奥行きのある店内は、落ち着いた大人向けのムード。
こちらでゆっくりお酒を飲みながら、美味しいお料理に舌鼓。
そんな希望が叶えられそうな素敵な内装に、まず好感。


IMG_6447 IMG_6448

用意してくださったテーブルには、木の節を利用したデコレーション付。
優しい店員さんと訪問済みのお友達に、色々お勧めを聞きながら、各自食べたいものを自己申告。
焼き物、煮物、和え物と、各種揃えてオーダーだ。


IMG_6452

まずは店名のついた、いろり屋サラダ
ヨーグルトベースのドレッシングが別添えで、さっぱりと瑞々しい。


IMG_6458

刺身こんにゃく、酢味噌和え
酢味噌には、ちょっとわさびが入ってる?
ラディッシュの辛味も手伝って、これまたうまうま。


IMG_6460

珍しい、生湯葉の刺身なり。
とろ~り、となめらかな舌触りも良く、口の中で柔らかく。


IMG_6461

野菜の焼き物から、芽キャベツを。
甘味にほろ苦さが加わって、あー、芽キャベツ大好き。


IMG_6464

自家製の鯵の干物も、うまうまと。
その時々の干物の出来もあるだろうけど、この時はやや塩味が強め、だったかな。


IMG_6465

こちらはシェフのオリジナルで、穴子の白焼きに蟹肉を巻いて、松茸入りのあんをかけた一皿。
これはもう絶品、うっとり。
素材の贅沢さもあるのはわかってるけど、それにしてもほろほろと崩れる穴子の美味しさ、主張しすぎない蟹に、松茸の香りの良いことよ。


IMG_6466

シンプルな大根の煮物が、こちらのお店では、こんな粋な押し出しに。
口の中でほどけるような柔らかさに、カンドーだ。


IMG_6471

北海道出身の友人が絶賛する、自家製ホッケもね。
久しぶりにいただいたホッケ、皆でうまいーっ、と言ってたら、彼女によれば、こちらの実力は、まだまだこんなものではないそうで。
この時点で、通わなきゃいけないフラグ立ち。


     IMG_6476

この日の釜飯は、鶏肉ときのこ。
下からしっかり混ぜて、お茶碗によそっていただいたら、うむ、滋味溢れる温かさ。


IMG_6483

これまたメニューにない一品は、ソフトシェルクラブの唐揚げ
適度な歯応えがよろしく、油っこくないさっくり感もばっちり。


IMG_6484

デザートは、系列店とのバランスから、わざとあまり品数を揃えていらっしゃらないとのことで、そば茶プリンの一品のみ。
滑らかな舌触りで、これは喜ぶ方も多かろう。


     IMG_6490

こちらは未発売品なのですが、とお店のご好意で出してくださったのが、大吟醸酒粕のパンナコッタ
おお、と思うぐらいに酒粕風味で、お客さんの好みは分かれそう。
甘さの程度はともかく、私は好きだけど、どうかなあ。


IMG_6407

すでに常連の友人のおかげで、とっても”楽しい&美味しい”に満ちた数時間。
お店の方々の温かいご好意に、心から感謝です。
こちらの系列のお店に今まで訪問して、いつもサービスには恵まれてばかり。
運が良いというのもあるのかもしれないが、それでもやっぱり元々がきちんとしてらっしゃるから、と思うんだよね。

またぜひ、ゆっくり来たいなあ。
お酒片手に、のんびりおしゃべりしながら、美味しいお料理をいただきたい。
厳選されたメニューには、まだまだ試したい美味が沢山だ。


いろり屋(Iroriya)
3548 Homestead Road
Santa Clara, CA 95051
[PR]
by senrufan | 2014-01-18 15:27 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/21879299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by むしの日 at 2014-01-21 06:19 x
外で食事をするときにはYelpより先にまずMilp、となっている我が家ですがこちらのお店もとても美味しそうです。最近運転の範囲を広げ始めたので、あぁこの通りの名前知っている!となるのもとても嬉しいです。
Commented by Miyuki at 2014-01-21 12:21 x
*むしの日さん
あ、Milpねえ、評判悪いですよ~。なんせレビュー書いてるのが味覚オンチ&野菜偏食ですからねえ……まったく困ったもんです。
着々と行動範囲を広げていらっしゃるご様子、私までわくわくです♪ 居酒屋が恋しくなったら、どうぞこちらのお店にご訪問くださいませー。
Commented by tomi at 2014-01-22 04:37 x
miyukiさん;
またまた ご馳走ですね、 精進料理に少し動物性たんぱく質が入って 大丈夫でしたか。
それにしても美味しそうです こちらに 精進料理らしきものは有るんですが バッチリ と言うわけには行きません、今日はお腹の具合が余りよくないのでこの料理は魅力的です。
金曜日から 葬式の連ちゃんでして その時の精進落しが 皆 中華なんです、もう胃袋が悲鳴です、これ食べたい。
それと 袋の口を挟むの良く見るのですが こんなに芸が細かいのは見ていませんから 何処で買われたのでしょう?。
Commented by Miyuki at 2014-01-23 11:54 x
*tomiさん
ブログは、どうしても食べ物記録が多くなってしまうんですよねー……
あはは、普段精進料理の人間ですけど、全然大丈夫でしたよ! たまにいただく肉・魚がこんなに美味しいもので嬉しかったです♪ その後、お腹の具合はいかがですか? 確かに体調が悪い時は、動物性食材は少なくした方が、身体への負担が減りますよね。
お葬式の連チャン……ご愁傷様でございます。お葬式の連続も悲しいですが、中華の連続も辛いですね(汗) 毎日食べても飽きない・身体が嫌がらない、となると、やっぱり私達には日本の家庭料理ですねー。
バッグクリップ、可愛いでしょう?(自慢) プレゼントでいただいたので何処で買われたかはわからないのですが、もし見つけたら、あと2~3個自分で買いたいです!
Commented by ノンノン at 2014-01-23 14:12 x
おお~ん、鳥クリップ、止まっている(止めている?)姿がすでにとってもかわいい!
Commented by Miyuki at 2014-01-24 11:29 x
*ノンノンさん
可愛いでしょ、可愛いでしょ~? 見ているだけでも癒しなんですよ……(うっとり)


<< 君のその手で掴まえて 素材を扱う感覚を >>