滞りなく流れていく先に

「他人に迷惑をかけないなんてくだらないことを誰がいったのか知らないんですけれども、
人間はいるだけでお互いに迷惑なんです。
お互いに迷惑をかけあって生きているんだというふうに認識すべきだってぼくは思う」
   ----- 宮崎駿
       (日本人、アニメ映画監督、1941年1月5日)


無事に、三泊四日の小旅行から戻ってまいりました。
すっごく久しぶりに国立公園を巡ってきたのですが、やっぱり命の洗濯です。

自宅から車で行ったのですけど、車中で旦那が聴かせてくれたのが、日本のとあるラジオ番組の録音で。(なぜだ)
その中で、カリフォルニアはバークレーにお住まいの日本人映画評論家、町山智浩さんが、映画「The Great Gatzby」について語っておられたのでございますよ。

それは……と内容をまとめてみようとしたら、なんと文字起こししてくださっているブログが。
ということで、ご興味のある方は、ぜひご訪問くださいませ。(ありがとうございます!)

『華麗なるギャツビー』(The Great Gatsby) 哀しい男ギャツビーにアメリカ人の歴史を観る【2013年5月14日たまむすび】


アメリカ小説の翻訳本(原書ではないのだ…)を読むと、たまにフィッツジェラルドに言及した文が出てきたりするんですよ。
ある意味、アメリカの第一期黄金期のような時代の作家ですから、そういった思い入れもあるのかなあ、なんてぼんやり思っていたのですけど、町山さんの評論をうかがって、なるほどー、と謎が一つ解けた気がいたしました。
教えてくれた旦那にも、感謝です。風邪をうつしてすまんかった。

しかし、「市民ケーン」と言われて、ますます、ほおおぉ。
今度南に行く機会があったら、またHearst Castleに寄ってみようかなあ。

* * * * *

【アクティビティ】

     IMG_6068

さて、2014年日記の幕開けは、2013年11月の記録から。(……)
一年を通じてのお料理+αのクラス、マクロベースの会。
「冬」「春」「夏」「土用」ときて、最終回は、「秋」がテーマでありました。

Mikaさん宅で開催されていたクラスなのだけど、最終回はメンバーの都合が合わず、涙のクラスキャンセル。
なので、Fさん宅で行われる予定だったクラスに、急遽参加させていただいて。
人見知り~な私が、FさんやNatsukoさんのおかげで、楽しく学ばせてもらったの。(感謝!)




IMG_6075

秋は収穫の季節、ということは、「取り入れて、出す」というサイクルが大事でね。
毒を入れても、きちんと出せる身体になるように、身体をスローダウンさせたり、詰まらせたりしてしまうような食事は避けていきたいものである。

ケアすべき臓器は、大腸、肺、そして肌。
粉物やナッツバターなどは避けて、大根や椎茸、生姜などを上手に取り入れよう。


IMG_6070

IMG_6071

今回のお初食材は、蓮の実。名前は知っていたけど、見たのは初めてだ。
乾燥しているのを水で戻して、使う時は一旦割って、中に芽があれば取り除くんだって。それが、エグ味の元になることがあるから、と。
こおゆう地道な作業が大好きなワタシ、ぷちぷちと、嬉々としてやっちゃった。(変態)


IMG_6078

そして、メニューの中になんと、ひよこ豆豆腐があるではないですか。
前に豆から作ったけど、教わったのは、ひよこ豆の粉を使った簡単バージョン。
これなら、いつでも手軽に作れそう、と喜んだ。


IMG_6087

クラスの人数が多いので、作業はさくさくと進むよ。
皆さん、手際が良くて、すごいのだ。

炒めて、煮て、漬けて、和えて、キッチンは良い香りでいっぱいだ。
次々と出来上がったメニューを並べて、皆で一斉に、「いただきます!」


IMG_6094

Pressed Salad with Wakame
むぎゅーーっっ、と押していた時のボウルのままで、失礼します。

ワカメに白菜、Watermelon Radishに、柚子の絞り汁がアクセント。
色合いも綺麗で、さっぱり爽やかな風味。


IMG_6096

Pursnip Soupは、まったりと美味。
アーモンドのガーニッシュも、効果的。
白味噌とヴィネガーが、また良く合うんだなあ。


IMG_6091

そしてこちらが、Burmese Chickpea Tofu Salad
Garbanzo Bean Flourや塩を溶いて、型に入れると、自然と固まってくれるのね。
黄色い色は、ターメリック。

シラントローたっぷりのソースは、醤油やヴィネガーがベース。
豆腐は、豆から作る方にやや軍配が上がるものの、この手軽さはありがたい。
パコダ以外にあまり登場しないひよこ豆の粉、これで結構消費できるかな。


IMG_6089

Yaki-Namasuは、なますはなますでも、炒めなます、なのだ。
大根とにんじん、干し椎茸を炒めて、梅酢やりんごジュースで味付け。
生も良いけど、炒めると、更に胃腸に優しい感じだね。


IMG_6093

ご飯のお供に、Daikon greens and Nori condiment
自家製の海苔佃煮に、大根葉を加えたもの。

添加物の入ってない佃煮は、改めて、本当に美味しいね。
しけっちゃった海苔も、これならいっぱい使えるね。


IMG_6100

どーん!なメインは、Vegetables with Tofu Sauce
季節の野菜をいっぱいソテーして、上から豆腐ソースをかけて、オーブンで。

タヒニも入った豆腐ソースが、とっても優しい味わいで。
青菜からカリフラワーやきのこまで揃っているので、一口ごとに楽しいハーモニー。


IMG_6101

蓮の実入りの玄米ご飯を、お皿にこんもりと。
しゃくしゃく、とした歯応えと、ほのかな甘味が、すごく気に入った。
海苔の佃煮と一緒なら、更に箸が進むよね。


IMG_6102

大好きなマクロベースの会も、これにて終了。うわーん、寂しいなあ。
Fumi先生には、ぜひ今後も、食や身体のワークショップをお願いしたいです。

日本国外で、これだけのWSが開催されるネットワークって、ほんとにすごいよね。
多才な方々が多い、というだけでなく、これだけ食や環境に関心が高い方々が集まっていらっしゃる、というのがね。
ベイエリアの隅っこにいられて、本当に幸せだなあ、といつも思ってる。

せっかく教わった事も、実践しなければ意味がなく。
この一年、より季節を意識して、過ごしてみたいもの。

Fumi先生のクラスは、マクロビのクラスではなくて、「マクロビを取り入れた」クラスであるけれど。
先生が最後におっしゃった、「”舟”に固執しない」というのは、正にマクロビの精神だよね。

盲目的に信じない、ノン・クレド
常に、Beginner's mindで。
今、この状態で、自分を、一人を、良く良く見極めて、進むこと。

いただいた知識を、どう利用していくかは、あくまで自分次第。
貴重な教えに心から感謝するなら、それをどう利用していくか、で応えていかなきゃいけない、と思うのだ。
[PR]
by senrufan | 2014-01-05 11:04 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/21809533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tomi at 2014-01-08 15:12 x
miyukiさん;
明けましておめでとうございます、今年も何卒お付き合いの程をお願い致します。

ひよこ豆 は ガバンゾンビーン のことでしょうか、私はその様に解釈していたのですが、タヒナ ソース は私の好きなソースで よく中近東のお店に買いに行きます。
このソースに にんにく、チリなどを入れて 茄子の焼いたのを皮を剥いてつぶして混ぜると美味しいですね、ピタ ブレッドに合います、そちらでは 「マクロビ食」のクラスが盛んで良いですね、私の世界では余りにアメリカに永く住んでいてもう マクロビ の事は余り関心が無いみたいですね。
でも私は 案外と肉系が好きでなく お刺身が好きで、他には魚はどうもと言います趣向ですので 食べ物が偏ってきます、最近では関東育ちで昔は納豆が食べられたのに もうあの匂いが嫌で手にとりません。
Commented by tomi at 2014-01-08 15:13 x
miyukiさん #2 またまた字余りで。
アメリカは 低所得者層ほどジャンクフードを食べる率が多いと先日統計で話していましたが、理由に一に挙げられるのは 両親が働いていましてクッキングする時間が無いのですね、彼らは低賃金で働くので夫婦で働きますから家にたどり着いた時には疲労困ぱいの極限でつい 出来合いは、半製品で済ませると言います結果が出ています、食は大事ですが、時間を掛けないでと言います困難さが付きまっとて良い食事が日々出来ないのが現状だそうです。
さて どちらにお出かけでしたか、又 UP をお願いいたします
Commented by Sarah at 2014-01-08 15:27 x
Miyukiさん、
年末からずっと続いているこの話題、ギャツビー、奥が深すぎます。
こういうのを文字に起こしてくれてるって、手間がかかっただろうに。町山さんも山ちゃん(南海キャンディーズの)も、おもしろーーい。ラジオ番組といい、スクリプトといい、探せば何でもあるもんだ。
Commented by KawazuKiyoshi at 2014-01-09 10:56
フィッツジェラルドの作品は
じっくりと読むと深いです。
個人の独立って、日本人には少し遠い感じかも。
でも
今日もスマイル
Commented by Miyuki at 2014-01-09 11:18 x
*tomiさん
明けましておめでとうございます! こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

そうです、Garbanzoです。私もタヒニ、大好きです♪ 練り胡麻として和風料理にも大活躍してくれますよね。
あ、それはババ・ガナーシュですね。フムスもババ・ガナーシュも、手作りが一番美味しく感じられますねー。
いえいえ、LAにもマクロビレストランやお教室はあるようですよ。私の友人が初めてマクロビのクラスに通ったのは、LAの先生のところでしたし。でもやっぱりマクロビはマイナーでしょうねえ。ベジアリアンやヴィーガンとも違いますしね。
新鮮なお刺身は、私にとってもご馳走です♪ え、納豆ダメですか。納豆なし生活が考えられない自分ですが、いつかそういう風に変わる時が来るのかなあ。
Commented by Miyuki at 2014-01-09 11:18 x
*tomiさん再び
アメリカの食や住環境に表れる格差は、日本の比ではありませんよね……そういう方が多く暮らすエリアには、たとえ手作りしようにも、食材を売っているお店がなかったり、あっても遠くまで車で行かなくてはならなかったり。Food racismという言葉を聞くたび、胸が痛みます。
旅行の行き先はグランドサークルでした。ああいう場所に行くと、アメリカに来られたありがたさを感じます(笑)
Commented by Miyuki at 2014-01-09 11:19 x
*Sarahさん
ねー、ここまでアメリカの人にとって意味がある作品とは思わなかったね。
私もまさか文字起こししてくださっているとは思わず、見つけた時には、ええええ、とびっくり&感謝でした。こうやって文字に残ってしまうって、やっぱりネットの世界はありがたいと同時に怖いわあ。
Commented by Miyuki at 2014-01-09 11:19 x
*Kawazuさん
本当ですね~。
昔読んだ時はギャツビーが哀れで、再読できなかったんですよ。
今なら、もう少し違った思いで読めるでしょうか。
Commented by むしの日 at 2014-01-11 08:58 x
ノン・クレド、というお弁当屋さんが山梨にあり美味しく頂いていたのですがこういう意味だったのですね。恥ずかしいことにMiyukiさまのコメントを読むまで、ベジタリアン・ヴィーガン・マクロビは訳し方の違い、又はtall,taller,tallestみたいな感じ?と勝手に思い込んでおりました。固執しない、というのは自分だけでなく周りにも分かち合う時の知恵かとも思います。違いがわかるともっと知りたくなっていくのだろうなぁと感じております。
Commented by Miyuki at 2014-01-11 11:47 x
*むしの日さん
えーっ、そのお弁当屋さん、ぜひ行ってみたいです! いやいや、知ってる方のほうがぐんと少数派なので、どうぞお気になさらず。マクロビをやっているという方でさえ、意見の分かれる方もいらっしゃるので。
周りに分かち合う……なんと鋭いご指摘(感動) マクロビは生活実学・哲学なので、踏み込むと本当に奥が深くて、私みたいな小心者はいつまでたっても入り口で足踏みしております、とほほ。

こんなところでナンですが、私もCantor Art Centerについ最近行ったところなのでございます! むしの日さんの記事を拝見して、一緒ーと喜んでおりました♪ 私も大好きな場所なんですよー。
Commented by むしの日 at 2014-01-12 01:18 x
日本で食生活見直したいなぁと思った時に、本を読んだり、既に実践されているかたのお話を聴いたりしたのですが、アレは血管をダメにする、コレは寿命が短くなる、こっちに変えたらこれじゃなきゃダメ、というようなストイック…というか不安を煽って原動力にしているような所がどうもしっくりこずにその教室には通わずじまいで今に至ります。今思えばあそこはノン・クレドな場所じゃなかったんだな〜、と納得しました。

ノン・クレド、とはちょっとずれてしまうかもなのですが、Cantor Art centerの小さな部屋での企画展示にも、あぁ、こういうテーマにこれを選ぶのだな、という自由さが感じられて(選べるだけの収蔵量があるということだとも思いますが)、その組み合わせに奥深さを感じつつも、辞書を持っていかなかったのでまた次回!と誓って帰ってきました。とても素敵な場所だったのでまた行きたいと思っております。


Commented by Miyuki at 2014-01-12 13:58 x
*むしの日さん
うわ、それは辛いですね(汗) 私のようなちょーワガママ子供は、あれもダメ・これもダメと言われると、ソッコーで気持ちが萎えます。いばるこっちゃない。
マクロビにしても、人によって本当に色々で、そういう厳格さが良いとされる方々もいらっしゃいますし、ダメという規則はない、とされる方々も。そういう懐の深さもまたマクロビの素敵なところだ思います。

なるほど、なるほど! 確かに美術展を見ると、企画した方の考え方や志向が感じられて、それが喜びになったり抵抗感になったりしますよね。サンフランシスコの美術館も良いですよー。機会があったら、ぜひご訪問をば。
Cantor Art Centerのカフェもお勧めですし、そちらに車を停めて、スタンフォードのチャペルやキャンパスを歩いてみられるのも楽しいですよ♪


<< 基点となる場所を確保して 初春の祝いと希望をも、託したラ... >>