初春の祝いと希望をも、託したランタンJanuary

     IMG_7175

                        (PAPER SOURCEのカレンダーより)


「青春はうるわし されど逃れゆく 楽しみてあれ 明日は定めなきゆえ
(人はいつ死ぬかわからない。朝起きて今日も命があったと思う。だから、今日、精一杯生きる)」
   ----- ロレンツォ・デ・メディチ
       (イタリア人、政治家、1449年1月1日)

* * * * *

めでたく、2014年の幕が明けました。(ぱちぱち)

さて、今年こそ、何か趣向を変えて、と思ったのでありますが。
3分ぐらい考えて、アイディアが浮かばなかった時点で、ソッコーその考えは捨てました。
私の今年を占うような寸劇ですネ!(にっこり)

ということで、またもや月初のカレンダーは、PAPER SOURCEから。
日々の冒頭の言葉も続けますが、今年こそ、「誕生日の言葉、その他」にしなければいけません。
や、毎年そう言いつつ、なんとか誕生日の言葉だけで3年続けたんですけどね。(誰も頼んでねーよ)
今年は意図的に、もうちょっと変えやがれ、とオノレにツッコミ中でありますので、なんか違う言葉が出てくるかもしれません。
そうまでして続けるものか、と思いながら、これを楽しみにしてくれているお友達が多いので……本文以上に、だったりして。(ぼそっ)


前にも書きました通り、昨年/今年は初めて、お嬢がいない年末年始。
なのですが、彼女にねだられて、「一緒に年越し de スカイプ」というのをやってみたですよ。
って、なんのこたーない、単に日本時間の大晦日真夜中に合わせて、スカイプ上で待ち合わせ、
「……3、2、1、明けましておめでとーーっっ!!
と一緒にやった、だけなんですけどね。

実家の母にも挨拶できて、なかなか良い試みだったのでございますが。
スカイプを切ってみれば、こちらはまだ大晦日の朝方で。
こちら時間で年越しした瞬間、もう一つ歳をとったようなヤルセなさに襲われるのが欠点です。


さて、実は現在、旅の途中でございます。
元旦の早朝に車で出発して、三泊四日の小旅行など。
考えてみれば、旦那との2人旅というのは、お嬢が生まれる前以来なんですねー。まあ、どうでもいいけど。(殴)

無事に帰ったら、またいずれ日記に書くとして、とりあえず今は、フリーウェイ上で見た初日の出&初飛行機雲の写真でも。
皆々様にとって、一層良い年となりますことを、心からお祈り申し上げます。


IMG_7203
[PR]
by senrufan | 2014-01-01 14:52 | Trackback
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/21784107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 滞りなく流れていく先に 冬来たりなば、春もまた >>