震災復興支援チャリティーセール、終了報告&御礼

「ある選択をするということは、その選択によって生まれるはずのマイナスをすべて背負うぞ、ということでやんしょ」
   ----- 井上ひさし
       (日本人、放送作家・劇作家、1934年11月17日生まれ)


* * * * *

【イベント】

IMG_6358

長くお知らせを続けさせていただいた、震災復興支援チャリティー・クラフト&フードセール
おかげさまをもちまして、無事に終了致しました。
前々回前回と全く同じ書き出しにしたのは、故意でございます。(疑)

メンバーとしては3回目、Bay Area HEARTの単独開催としては2回目になる、この規模でのチャリティーセール。
場所は2回目と同じ、サンタクララバレー日系教会さんのソーシャルホールをお借りいたしました。
前回同様、申し込みからセール終了後の後片付けにいたるまで、本当に温かいご支援や励ましをいただきました。
このご縁に心から感謝しつつ、厚く御礼申し上げます。

おかげさまをもちまして、今回の義援金総額は、
$3,863.39

となりました。
ここまでとはスタッフも予想してなかった、というのが正直なところでございましたので、
これもひとえに、皆様の温かいご協力のおかげ以外の何者でもありませぬ。
何度申し上げても足りませんが、本当にありがとうございました!
心から感謝申し上げます。

こちらの義援金は、前回同様、なるべく良い換金率・最小限の手数料の方法で、
NPOカタリバ放課後コラボ・スクールさん毎週末山形さんに、等分に送らせていただきます。
完了後にはまた、HEARTのFacebookページにてご報告させていただきます。

出品してくださった皆様、当日ボランティアを勤めてくださった皆様、
そして、足を運んでお買い物してくださった皆様へ。
心の底から、精一杯のお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました!(三つ指つき)


スタッフ側の至らない点も、多々あったことと思います。
こちらの手際の悪さ等で、十分に楽しめなかった方がいらっしゃいましたら、誠に申し訳ございませんでした。
現在、参加してくださった皆様を対象に、アンケートを作成中でございます。
その際、どうか率直なご意見をお聞かせくださいませ。

お買い物してくださった皆様には、それぞれに感じたご感想やご不満を、よろしければ当グループのアドレス(bayareaheart@gmail.com)、またはFacebookページのメッセージにて、お寄せいただければ幸いです。
ご批判は勿論ですが、個別商品についてのご感想がおありでしたら、そちらもぜひご連絡くださいませ。出品者の方にお伝え致します。
特に賛辞のお言葉は、感動の涙と共にお伝え致します。
どうぞよろしくお願い致します。

また、今回のセールについて、オンライン・オフラインでの事前宣伝にご協力いただいた皆様に、
改めて御礼申し上げます。
個人ブログに載せてくださった皆様、チラシ掲示を許可してくださったお店の方々、
イベントでのチラシ配布や、クラブメンバーへのオンラインお知らせなど。
そういった多くの方々のご協力があってこそ、無事終了できたと言っても過言ではありません。
スタッフ一同、伏して御礼申し上げる次第です。

 カリフォルニアのばあさんブログ (chiblitsさん):
         今日はパン作り実況放送
         売れ行き


  chiblitsさんには、数週間に渡り、ブログの冒頭で協力を呼びかけていただきました。
  超有名ブロガーさんに助けていただくことが、どれほど励みになったかわかりません。
  本当にありがとうございました!


 モエちゃんはミドルネーム?! (Apricot Bear Cake/こぐま杏さん) :
         焼きあがりました!



今後もHEARTの活動につきましては、Facebookページでお知らせしてまいります。
どうか、これからもよろしくお願い致します。

Bay Area HEART


IMG_6194


※ピアスの落し物がありました。
  お心当たりの方は、ご連絡をお願いいたします。

        IMG_6391






さて、以下に戯言が続きますが、個人的な思いの吐き出しでありますので、基本、進まれないことを強くお勧めいたします。
それでも進まれる場合、これはあくまで私個人のくだらないグダグダであって、HEARTの公式見解でも何でもないことは、どうかご承知おきくだされば幸いです。





1回目・2回目と、大変な数のお客様にいらしていただいたセール。
素晴らしい出品&出品者の方々、有能な当日ボランティアの方々、買ってくださるお客様方に恵まれて、形ある結果としての義援金も、予想を遥か超えた額となりました。

震災から、早2年と8ヶ月。
周囲やメディアを見渡せば、否応なく右下がりの雰囲気を感じずにいられない現在で。
今までの経験や反省を踏まえて、今回私達が目指したのは、「できる範囲でできること」でした。
あくまで無理のない範囲で、日常生活の延長で。
その中でできることを、と自分達にも言い聞かせながら、準備に取り掛かったのでございます。

とは言っても、個人的には、なかなか葛藤もございました。(白状)
今までの、自分達の信頼するお友達に声をかけての出品お願いに対し、
Facebookやチラシを通じての「公募」は、一朝一夕で多数集まる、というわけにはいきませんでしたから。

実際、続けてご参加くださった方々には、今までとは違うペースに、かなり不安を持たれていた方もいらっしゃいまして。
ご心配をおかけしてしていることを申し訳なく思いつつ、そして、ともすれば襲ってくる自身の不安も押し隠しつつ、これでいいんだ、とそのたびに思い直すことを繰り返しておりました。


IMG_6314

出品して、と請われたせいで、お忙しい中、無理にご寄付くださった出品者の方。
長時間の立ち仕事で、くたくたになってしまった当日ボランティアの方。
わざわざ来たのに、長い間待たされた上、買いたかったものは売り切れていた、というお客様。

お一人でもそういう方をなくしたくて、メンバーが懸命に繰り返す、あれやこれやの試行錯誤。
私のような暇人はともかく、うち何人かは、幼い子の子育てをしながら、家族に負担をかけないように、と無理をしながらの企画進行で、身体を壊すのでは、と危惧する場面もありました。
それでも、被災地のお母さんとお子さんのことを思うと、何かしないではいられない。
そんな気持ちに駆られてしまうのでございます。

チャリティーって、もっと普通の、もっと身近な、当たり前にやっていける範囲のものであるはずで。
これからも長く続けていく為に、そういうスタンスで、割り切ってやっていかなければ。

前回の後に思った、「自分達にできること」と「自分を大切にする」という間の線引きと摺り合わせ。
それを、どこまで形にできるか、と開催したのが、今回のセールでありました。


IMG_6208

結論から言って、少なくとも私達メンバーにとっては、意義のあるセールとなりました。
一人が言った通り、いろんなことが「ちょうど良い」、としみじみ思えた日でございました。

出品の数も、少しずつ右上がりでご寄付いただいたおかげで、最後には十分な規模となり。
当日ボランティアの方の数も、この規模ならぴったり、という方々に集まっていただけて。

大勢にいらしていただいた場合に、と幾つか考えていた方策も寄与してくれたおかげで、
今回は、最初の少しの時間を除いて、ほとんど並ばずに会場に入っていただけた上、
会計も列を作ることなく、お勘定していただけたのでございます。

メンバーがしみじみ嬉しかったのは、ロの字型にセッティングされた机の周りを、何度も行ったり来たりしながら、商品を吟味されていらっしゃるお客様の姿。
前回までは、後半はともかく、前半は到底そんな余裕もないほどの人混みでしたから。
特に小さいお子様連れのお客様には、本当にお辛かったことと思います……
その大変さがトラウマとなって、来られなくなってしまった方も多いのでは、と胸が痛みます。

更に、素晴らしい商品ばかりを寄付していただいていたのに、それを十分に見ていただけないことの悔しさも。
あれも綺麗ですよ、これもすごく良いんですよ。
できるだけ、ゆっくりご覧になってくださいね。
言いたい言葉はいっぱいありながら、外で待っていらっしゃるお客様のことを考えると、なかなか強くも言えずに終わっていた時間。

それが今回は、最初こそ少し混んでいたものの、全体的に、ずっとゆったりとしたムードで終始していたのでございます。


IMG_6319

正直、それはそれで不安もありました。
今回も、本当に素敵な品々ばかりをご寄付いただいていたので、売れ残ったら申し訳ない、という不安と心配は、ゆったりペースの会場を見て嬉しい気持ちと背中合わせに、ずっと抱えてはおりました。

それでも、一度お買い物を済まされたお客様が、また買いに来てくださったり。
当日ボランティアの方々にも、楽しくお買い物していただけたり。
そして、実は今回初めて、本当に初めて、スタッフも時間内に買い物させていただいたのですよ。
かなり終盤になって、恐る恐る、ではありましたが、今までは見ているだけだった素敵な品々を、実際に自分で買えるということは、意外なほど嬉しいことでございました。

ゆっくり、ゆっくり、というペースで準備が始まった、今回のセール。
最後のセール終了の時間になってみれば、大多数の商品はお嫁・お婿入りしてもらえた、という、大層嬉しい結果となり、一同で万歳三唱。
良かった、という肩から荷を降ろした安堵感と、楽しかった、という充実感。
笑顔で終われたことを、幸せに思えた日でございました。


IMG_6307

私達がやりたいこと、というのは、「被災地のお母さんと子供達を対象とした支援」ですから。
子供を育てようとして、2歳になったら手を放してバイバイ、というわけにはいかないですよね。
だから、長く続けていく、というのは、とても自然で当たり前のこと、と思うのです。

自分の子育てを思っても、あれが良いか、これが良いか、と気の遠くなるような試行錯誤の連続で。
喜んでほしくて無理してみたり、不満を言われて悩んだり。自己満足なだけじゃないか、と苦しんだり。
楽しくなければ続かない。割り切らないと無理がくる。
結局、被災地の子供達を支援するというのも、大きな意味での”子育て&自分育て”なのだなあ、と思います。

前にも書いたと思いますが、飛行機での安全案内の時に言われる通り、
まずは自分の分のベルトを着用してから、隣りの子供を手伝うべき、でありまして。
それでいっぱいいっぱいになってしまうのが悲しいなら、自分のキャパを少しずつ広げていかねば、と願うのでございます。
あ、努力もいたします。(目を見ながら)


IMG_6328

さて、HEARTの次なる企画は、今のところは白紙です。
今年はこのセール以外に、予約販売のお惣菜市をやったり、ガレージセールを開いたりして、
それぞれが、やれる形ややりたい方向を模索するのが楽しい年でもありました。

今回の新しい試みとしましては、ベイエリアで活動されている他の復興支援グループの方々とご一緒したことです。
南三陸地方の復興支援を行っているNPOみらい南三陸さん、被災地で取り残された動物のケアを支援するAnimals Goさん
寄付先は違っても、支援したいという気持ちは同じ。
目に見える支援を、という形も同じ。
ベイエリアに、そういうグループの皆さんが沢山おられるのだとしたら、本当に心強く、励まされる思いがいたします。

今後、小さな催しも開いていくつもりでありますが、
ベースはこの、秋開催のチャリティーセール、と考えておりますので、
来年、また皆さんの温かいご支援を賜れますよう、一同精進して参ります。


最後に、出品&ボランティアで協力してくれたお友達、会場に来てくれたお友達。
本当にありがとう&大好きだーーっっ!! (ベイエリアの片隅で愛を叫ぶ)
ワタシも、みんなが必要としている時に、いつでも駆けつけていくからね。
それ以前に、必要とされる人間になれるよう、これからもがんばるんだ俺。


改めまして今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by senrufan | 2013-11-17 15:21 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/21490974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 悦ちゃん at 2013-11-20 05:36 x
お疲れ様でした!!!!!ちょっと遠いので行ったことがないのですが、来年はもしよかったらあたしもおもしろいの出品していいですかー?材料費だけ頂けて、あとはあたしも買物させてもらって支援できたら理想なんですけどね。。。いつバザーがあってもいいように普段から少しづつ作っておこう、っていつも思うんですけどね。。笑 

大成功おめでとうございましたーー
Commented by ノンノン at 2013-11-20 10:02 x
なんと素晴らしき売り上げ総額!!
(いやぁ残念! エア参加組)
Commented by ノンノン at 2013-11-20 11:43 x
ある選択をすると100のものが得られるけれどそれには99のマイナスがついてくるっていうこともありますよね。99のマイナスは正直言ってかなり、相当、大変、痛いんだけど、それでも100のほうを選んだことがあります。考えても考えても最善の方法がそれしかないってこともありますわよん。
Commented by Miyuki at 2013-11-20 11:53 x
*悦ちゃん
ありがとうございます!! 悦ちゃんも色々チャリティーなさってましたよね。改めて尊敬です、先輩! 来年、ぜひぜひぜひぜひ(×100回) 実は前回セールでは経費還元もやってみたのですけど、全員がご希望されたわけでなかった等、色々考えるところがありまして。そういうセールもやってみたいなあ、とは思うのですけどね~。

重ねて、ありがとうございます! 皆さんの温かいお心のおかげです、本当に。
Commented by Miyuki at 2013-11-20 11:54 x
*ノンノンさん
エア参加の方のお志も入っての成果です!!(きっぱり)
Commented by Miyuki at 2013-11-20 11:58 x
*ノンノンさん
うおお、深い、深いですわ……! あと、そこまで考えて考えて選んだものなら、後悔の度合いも違うということもあるでしょうねえ。そういう方法を選ばれたノンノンさんの勇気に拍手ですっ。
Commented by KawazuKiyoshi at 2013-11-20 15:07
よく頑張りましたね。
何かをやるときは
いつも不安を感じます。
それを乗り越えて、ほっとしたとき
誰かが、涙を浮かべて感謝しているのですよ。
有難う。
有難う。
今日もスマイル
Commented by ノンノン at 2013-11-21 12:40 x
後悔の度合い、、う~ん、違う選択にしたらよかったという後悔はなかったです。でもいずれにせよ、やってきた99が強敵だったので(笑)、「その後」どうなったかという意味では予想どおり大変でしたわん。
でもどっちにしても、できれば「大変じゃない」という選択肢がある場合は是非それを選びたい私ですわん(ほほほ)。
Commented by yuka at 2013-11-21 14:47 x
お疲れさまでしたー。来年にむけて、今から何か作り始めようかな。
Commented by Miyuki at 2013-11-21 14:49 x
*Kawazuさん
ありがとうございます。
この仲間と一緒だからこそ、こちらの皆さんに恵まれたからこそ、のことでした。
もったいないお言葉に、私こそありがたくて涙が浮かびます。
ありがとうございます、本当に。
先生の「スマイル」はいつも元気の素です♪
Commented by Miyuki at 2013-11-21 14:52 x
*ノンノンさん
あはは、それはその通り!>「大変じゃない」
いやあ、敢えて困難に立ち向かえればいいんですけどねー。
でも選択も大変ですが、自分のようなダメダメ人間にとって一番難しいのは、選んだ後の責任を引き受ける、という方ですかねえ……愚痴ったり甘えたり、いい歳して情けない限りですわ、よよよ。
Commented by Miyuki at 2013-11-21 14:55 x
*yukaさん
打ち上げの時にリーダーが、yukaさんからの温かい言葉を伝えてくれて、マジでうるうるになったのだよ~~。
え、ぜひぜひ作って、作って! そしてハンドキャリーで本人ごと運んできて。(真顔)
Commented by mikacrystal at 2013-11-24 11:42
お疲れ様でした!
去年に続き少しだけ手芸品を出品させていただきました。
今年は娘の学校行事に追われ、ベイク品を出すことが出来ませんでした><
でも、たくさんの方がいらしていて大盛況でしたね。
これからもずっとずっと続きますよ~~に!!
微力ながらお手伝いさせていただきたいと思います♥
Commented by senrufan at 2013-11-25 11:08
*mikacrystalさん
お忙しい中、今年もご協力くださいまして、本当にありがとうございました!! お友達の皆様とのご出品、とても心強かったです♪ お買い物でも、お目当てのものは無事にゲットされましたでしょうか。
これからも細く長く続けていきたいと思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします~。皆様にも、どうぞくれぐれもよろしくお伝えくださいませ。(深々)


<< 隣り合わせの葡萄達 震災復興支援チャリティーセール... >>