名も無き道で構わない

「等身大のままできることを、ちゃんとやっているうちに、
上昇するらせんのように進歩はするものさ」
   ----- 糸井重里
       (日本人、コピーライター、1948年11月10日生まれ)


     IMG_5170

日本のお友達へのお土産を色々と買って帰ったお嬢ですが、その中のひとつがこちら。
初めて買ったのは、もう何年も前になりますが、その時からずっと好きなままのビスコッティです。

私も日本のお友達へ買っていったことがあるのですけど、おかげさまで好評で。
定番のアニス、オレンジ、レモンなどのフレーバーに、かけられたチョコレートもホワイトからミルク、ダークまで、色々と。
硬すぎないビスコッティをお好みの方に、変わらずお薦めでございます。


La Biscotteria

* * * * *

【レストラン】

     IMG_5189

9月の初めが誕生日のお嬢、この夏の滞在中に、19歳になったのだ。
なんだかんだと、19年全部の誕生日を一緒に過ごせている私、幸せだなあ、と思ったよ。
ちなみに父ちゃんは、今まで数回逃してる。
実は今年も、誕生日当日に一緒にいられない父ちゃんの為に、お祝いディナーを1週間早めたの。

行ったのは、サンフランシスコの地中海&モロッコ料理のレストラン。
ミシュランの星付きで、前から名前は聞いていたし、大好きな地中海だし、ずっと気になっていたお店でね。
試したのは、あの一回のひよこ豆だけだけど、それが美味しかったのも理由の一つ。

そしてSarahさんご夫妻が、「すごく良い!」と薦めてくださったのが、決定打。
味の好みが似ているSarahさん達に言われたら、それはハズレなしでありましょう。

最初はお嬢の誕生日当日を予約して、父ちゃんの出張が入りそうだからずらして、
あ、大丈夫かも、とまた戻して……という予約のブーメランを数回繰り返し。
オンライン予約で、本当に良かったよ……(すみません、すみません)
ようやく辿り着いた時には、なんか涙ぐんじゃったりね。(嘘)




IMG_5196

店内に入ったら、受付には素敵な笑顔のれでぃ。
予約の旨を告げて、案内してもらった席は、奥の一角にあるスペース内。
お店の中は、3つか4つぐらいのスペースに区切られているみたいだね。

渡されたメニューは、日替わり、月替わり、季節替わり。
しかもメニュー名がなくて、材料名が並んでいるだけ、という方法で。
理想だなあ、と憧れつつ、頼む側としては、想像力を働かせる必要があるのだね。
しかも、その材料通りかどうかは、運ばれてこないとわからない仕組み。なんてスリリング。

どれも魅力的で、うわーん、選べないいぃぃ。
担当ウェイターさん@スキンヘッドの素敵なおじさまに、この日のお薦めをうかがいつつ、泣く泣く数品に絞ったよ。


   IMG_5213

           IMG_5197

旦那はビールを頼んだけど、帰りは運転の私は、ここはやっぱりお茶だろう。
ブラックからプーアール、ハーブまで、お茶のラインナップも良い感じ。
定番のMoroccan mint teaは、ポットにたっぷりで何杯も。


IMG_5200

前菜のスプレッドの一皿。
Tomato & Harissa、Aged goat cheese & Cucumber、Green chickpea
これら、3種類のスプレッドに、Flat breadがついてくる。


IMG_5201

いきなり、激ウマぶりにノックアウト。いやもう、ほんとに美味しいの。
ハリッサが効いたトマトはウマ辛だし、ゴートチーズはコク旨だし。
特に、生のひよこ豆のさわやか風味がすんばらしくて、ブレッドがたちまちなくなった。

お代わりはいりますか? と丁寧に聞いてくださったのに、ぶんぶんと首を振って頷いちゃったよ。
このブレッドも、単品で食べても美味しいよー。


IMG_5207

Tomato、Melon、Cheese
バジルシードがところどころに、シェリーヴィネガーとオニオンパウダーがかかってる。

これも手がこんでいて、トマトだけでも普通のトマト、プチトマト、湯剥きしたプチトマト、くりぬいたトマトの4種類。
ところどころに、ハリッサも。
取る場所によって、味わう風味も違ってくるので、一皿全部を独占したかったサラダである。


IMG_5210

こちらがこの日、我々が一番気に入ったメニュー。
Couscous、Carrot、Harissa、Almond
材料は、確かにそれだけ、なんだけど。

にんじん、という名前が指すのは、ひらひらにんじんのピクルス、蒸しにんじん、グリルドにんじんのピュレ、にんじんの頭(グリーンのとこ)のピュレ、ときたもんだ。
クスクスにはアーモンドが混ぜてあって、レモン風味のさっぱり系。

もうね、どこを食べても美味しいの。
これだけの素材で、これだけの味のバラエティが楽しめるなんて、すごすぎる。
タジン料理かな、と思えば、あああ、やっぱりタジン鍋、欲しいなあぁ。


IMG_5216

お魚料理は、Black cod、Daikon、Turnip、Cabbage、Kale、Potato、Saffron
かなり和食寄りの一品。

グリルした芽キャベツは香ばしく、フィンガーポテトはほくほくで。
甘酢っぱい大根も、あっさり蕪も、一つ一つが美味・美味。
唯一、Codだけが残念。脂っこくて残念。
これはシェフの腕じゃなく、Cod自体の問題であろ、と思ったよ。


IMG_5223

この日のスペシャルで、Lamb chunk、Barley、Nectarine、Radicchio
ラムはほろほろ柔らかく、嫌味なく。
ネクタリンと麦を煮込んだシチューが、甘さの中にもぴりっと辛味があって、良い感じ。


大満足のディナーを終えたら、やっぱりデザートに進むでしょ。
一応予約の時、娘の誕生日です、と一言入れておいたのだけど、はてさて、何か出てくるか。


IMG_5235

わあ、綺麗。何も言わなかったのに、さすがのサービスだ。(感謝)
Black currant curd、Vanilla、Fennel meringue、Almond-hazelnut sable
もちろん、ロウソクを吹き消すところから。

素敵なリース型の盛り付けに、感嘆しきり。
味も素敵で、すごく私達が好きな味。
フェンネルのメレンゲなんて、どうやったら思いつくんだろう。


IMG_5240

もう一品お願いしたのは、Almond-honey semifreddo、Plum、Hibiscus
アイスクリームの下には、アーモンドのクラストが。

ハイビスカスのジャムが、甘酸っぱくて美味しいよ。
さくさく、とろり、すっきり、と、食感も風味も楽しいったら。


来て良かったね、ほんとに良いお店だね。さすが、Sarahさん達のお薦めだね。
食べている最中から、何度繰り返したかわからない。
お味も勿論素晴らしかったのだけど、サービスもほんとに良くってね。
担当してくださったウェイターさんが、品良く、押し付けることなく、気配りが行き届き。
担当以外のウェイターさんも、まめに回ってきてくれて、化粧室に行っているお客さんの席に行っては、わざわざナプキンを畳んでくれるサービスも。(くらっ)

最後にウェイターさんに、お店の名前の意味を聞いたところ、オーナーのお母様のお名前なのだそう。
あちらのお国では、かなりメジャーなお名前らしい。
発音も教わったけど、上手くカタカナで書けないワタシです。(ノーナシ)

そしてお店を出る時、受付のれでぃが、お嬢に向かって、
「Happy Birthday!」
と言ってくださったの。
数時間前に入った私達の顔を、ちゃんと覚えていてくれて。
最後にまた更なる幸せ気分をいただいて、ほんとに嬉しく外に出た。


今年ねだられた誕生日プレゼントは、ヴィルヘルム・ハンマースホイの画集なり。
19歳の時に、男性にシルバーのものを買ってもらうと幸せになるというから、
父ちゃんにティ○ニーでも買ってもらったら、とゆったら、
プラチナしかいらん、と言われて終わったよ。

改めて、19歳、おめでとう。
20歳の時も、一緒に過ごせることを願ってます。


IMG_5255


Aziza
5800 Geary Blvd.
San Francisco, CA 94121
[PR]
by senrufan | 2013-11-10 14:56 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/21452502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tomi at 2013-11-13 16:10 x
miyukiさん; こんばんは。
お嬢さんのお誕生日おめでとうございます、 この様にご両親にお祝いをしていただける幸せは何よりだし、又ご自分はラッキーな家族に囲まれて嬉しいと思って頂けたら私も嬉しいです。

これで 中々 この様にお祝いもしてもらえない子供さん達も多いのですね。

モロッコ料理は こちらに来るともっと繊細で垢抜けるのですね
私も LA の モロッコ料理と言うか 中近東料理と言いますか
高級なお店でパーテイ をした事があってね、 Sunset St.に有るんですが この様な繊細さは無かったな~只 フオークやナイフが無いののね それで手で食べるし 絨毯の上に並べてです
これには参って箸を持ってくればと皆で言いあったことあったけ
又 モロッコでは ホテルデはやっぱりご馳走なのに 床で食べます、でも マラケッシュ では 屋台が一番でしたが 正露丸ばかり飲んでいた。
Commented by Sarah at 2013-11-13 17:34 x
うううっ、美味しそうな写真を見たらまた行きたくなりましたー。味もさることながら、きめ細かなサービスも合わせると、この辺りではダントツですね。
記念すべき二十歳の誕生日祝いはトリビアナイトでどうですか?優勝した場合、30ドルの商品券はプラチナにも勝るはず....。
Commented by Miyuki at 2013-11-14 13:15 x
*tomiさん
ありがとうございます! あはは、果たしてラッキーと思ってくれているんだかどうだか。確かに、お祝いできること自体がどれほど幸せか、と思いますが、それは子供にとってだけでなく、親にとっても、なんですね。彼女に、生まれてきてくれて嬉しいと伝えられるこの日がとても嬉しいです。

おお、なんか絵に描いたような正統派の中近東のような気も! 繊細で上品なお料理も嬉しいですが、実際に現地に行ってみたらどんなんだろう、とは良く思いますねー。
床に座っては構わないとしても、正露丸持参は絶対いやーっ!(涙)
Commented by Miyuki at 2013-11-14 13:19 x
*Sarahさん
改めて、良いお店を勧めてくれてありがとねー! 我が家にとっても、スペシャルなお店になりましたよ。そう、サービスがね! スキンヘッドのおじさまがね!
わははは、はい、お嬢に言っておくですよ。あと1年、みっちり勉強してもらわねば。我々も得意分野を分担して勉強しておいた方がいいかしら。私は日本語担当ね。
Commented by spoon-usa at 2013-11-18 08:39
Miyukiさん、ご無沙汰してます!
お嬢さんのもう19歳だなんて、、、私たちも歳をとるはずです。(涙)
このレストラン美味しいって評判ですよねぇ。何とも羨ましい~。
実は、ここのシェフが数ヶ月前にうちの職場に来てました。私の職場は、今、地中海料理を出していて、ちょうどシェフの本出版のキャンペーンも兼ねてのイベントだったのですが、なんと断食中だったらしく、、、。(苦笑)シェフの本から作ったヨーグルトのプリンもなかなかいいデコレーションでということで、試食もしてもらえず終わってしまい、作った側はちょっと寂しかったでございます。
薀蓄が長くなってしまいましたが、私も是非行ってみたいレストランの一つです。
Commented by Miyuki at 2013-11-18 15:41 x
*Chicoさん
昨日はお会いできて嬉しかったですー!
そうなんですよ、あのチビが19歳。おかしいですよねえ、私たちはずっと28歳のままなのに、おほほ。
はい、美味しかったですよ~♪ ミシュランの星にも納得です。
で、なんとシェフが、そうでしたか! しかもラマダンの時に! そら殺生な(汗) 夕方5時以降のイベントにすれば良かったのかも。代わりに私がいくらでも試食をしたかった……
お店のレジのところにレシピ本が置いてあったんですよ。私も中身を見てみたいです~。


<< 震災復興支援チャリティーセール... We belong together >>