小さな足が、海を越え (7)

「我々は正義と悪、やること・やらないことのリストは必要としない。
我々に必要なのは本、時間、そして静謐だ。
『汝、~べからず』はいずれ忘れられるが、『昔々~』は永遠に続くのである」
   ----- フィリップ・プルマン
       (イギリス人、児童文学作家、1946年10月19日生まれ)


料理ブログ読書ブログ、月イチ更新済みです。

週末になると頭をよぎる、以前目にしたTweet。

「【休みの定義】「休む」というのはただゴロゴロしたり寝たりするだけじゃなく、
やりたいことをやり、やりたくないことをやらないことです。
一番難しそうなのが「やりたくないことをやらないこと」。
けど、そうしないと本当に休んだことにはならないのです。。。」

だから週末になると、料理したくなーい!の気分に襲われるのでありました。(つまり言い訳)

* * * * *

【雑事】

IMG_5055

実はまだ続いておりました、お嬢シリーズ。
そろそろ、ちゃんと自分で整理しなければなりません。ということで、タグも変更です。

帰国子女受験の為の予備校生活を通して、10数年ぶりに触れた日本の教育事情。
その過程で考えたこと・感じたことは、改めて自分が、どういうことを願ってお嬢を育ててきたのか、ということを考え直す、良い機会を与えてくれました。
日本の学校に通うのは初めてのお嬢の感想が、一々新鮮で面白かったのもあるのですけど。
その中で育った私が、それを聞いて、当事者(?)の一人としてどう思うか、と自分の中を探ってみる。
これは、子育て全般において行うことと、全く同様のことでもありますね。




前回の末尾に書いた、「ぐだぐだ」なるもの。
こうやって、ようやく書き始めながらも、いまだにどこから、どうやって、この「ぐだぐだ」を書いたらいいのか、全くもって五里霧中、なのですが。

ということで、単刀直入ストレート。ぶっちゃけ、
お嬢にはアメリカの大学に行ってほしかったのに、彼女は日本の大学を選んだ。
この中にほぼ全て入っているのでは、と思います。


     IMG_5057

彼女がどれだけ日本の学校に行きたがっていたか、間近でずっと見てきました。
小学校で、中学で、高校で。
何回か、日本に帰国するかも、という機会も訪れ、その度に期待させては、心ならずも裏切ってしまうことを繰り返し。
相次いで日本に帰国していく、周囲の日本人のお友達が、彼女に「取り残された」感を抱かせたこともあるでしょう。

特に、日本の学年で中三の時、帰国する可能性もあるということで、こちらの日系の塾の受験クラスにお世話になったのですが。
この一年は、彼女にとっても私にとっても、辛いことが沢山あった年でした。
日本の高校受験の為に、日本の勉強を頑張らなければ、かといって、現地のハイスクールの成績は落とせない。週5~6日のスイミングの練習も休めない。
思春期の一番大変な時期と重なって、物理的にも精神的にも、本当に酷な一年だったと思います。

そして、それだけ頑張ったにも関わらず、ほとんどのクラスメート達は帰国して、日本の高校に進学した傍らで。
お嬢はまた、日本の学校に通うという望みを諦めなくてはならなかったのでございます。


日本の学校で、彼女が体験したかった事のうち、実はごく些細なものもあるのです。
給食とか、掃除当番とか、委員会とか。制服、上履き、廊下、屋上。
経験した人にとっては、は? なんでそんなもの、というものも。
日本、という場所。日本の学校、という場所。
それらを象徴するものの中に、確かにそういうものが存在していたのです。

自分が知っているからといって、その憧れを、くだらない、と切って捨てることは、私には到底できないことでした。

そういったものへの憧れも諦め、最後に残ったのは、大学時代を日本で過ごす、という選択肢でありましたが。
私達を含め、彼女に近しい大人達はこぞって、アメリカの大学への進学を勧めたのです。
なんだかんだと言いつつ、やはりレベルの高い教育が受けられるアメリカの大学。
そこに進学できる機会と資格を、みすみす逃すことはない。
日本の大学には、留学という形でいけば良いじゃないか。………

それに対してお嬢は、
いくらアメリカの方が良いと言われても、それは自分で思ったことじゃない。
アメリカと日本のどちらを選ぶか、と言われても、私は日本を知らないので、判断しようがない。
だから、自分で体験させてほしい。自分で感じて、考えさせてほしい。
それには、留学生という”お客さん”の立場で行ったって、意味がない。
受験こそ帰国生という立場ではあるけれど、入学後、一般の生徒の一人として過ごすことで、日本という場所を自分なりに知っていきたいの。



IMG_5059

ハイスクールの2年の時に、諸々の辛い体験を乗り越えて。
3年生、4年生と進んで、卒業の前には、この学校にいられて良かった、と。
日本の学校には行ってないから、比較することはできないにしても。
それでも、このハイスクールにいられたことは、本当に幸せだったと思う、とお嬢が言ってくれた時、
ようやく何かが報われたような気がしたのでございます。

その時には当然、日本の大学に進むことだけは決まっていましたから。
彼女がそう言うようになってくれたことで、ああ、日本に行っても、この子は大丈夫かも、と励まされた思いもしたのです。

ここでアメリカの大学に進学したところで、「日本を知らない」という思いは、一種引け目のような感情は、その後もずっとついてまわるわけで。
そして、あの時に行っていれば、という後悔を、徐々に重くしていくより。
彼女の目で、彼女の心で、日本という場所がどういうところなのか、できる限り経験してほしい、と思ったので。
当たり前ですが、わかる範囲は日本のほんの一部に過ぎない、としても、それはアメリカでもどこでも、同様のことですから。

親の都合で、違う国で育つことになったお嬢。
彼女のハイスクールへの思いと同じように、日本で育っていたらどうだったか、という比較はできませんが、それでも我々は、このエリアで彼女を育てられたことついて、感謝こそすれ、カケラも後悔しておりません。
ここがどれほど恵まれた場所か、というのは、お嬢も重々承知なのですけれど、
それでも少なくとも、「自分で選んだことではなかった」という一点においては、彼女の”傷”は癒えることがなかったのです。

自分の目で見ておいで。それが、前に進む道の一つと思うから。
そう言って、快く(当人比)送り出し、受験もめいっぱい応援しておりました。
そんな種々のことが落ち着いて、彼女が楽しく大学生活を送り始めた頃になってから。

ずっと隠して、今まで目をそむけていた事実。
「お嬢に、日本の大学を選んでほしくなかった」という思い。
それがまた、私の中に場所をとるようになってきたのでありました。

(また適当に続きます……)
[PR]
by senrufan | 2013-10-19 13:24 | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/21319374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tomi at 2013-10-21 14:32 x
miyukiさん;
本当に悩みますね、この国で育って、その先はと言います事。
もう私の年代の友は子供も大きくなり それぞれが自分で決めた道を歩んでいるのですが、昔は同じ事を思いましたね。
子供達にも沢山の勉学の負担をかけてね、日曜日も無く過ぎて行く子供達を見ていると 本当に気が抜けるのは何時なの?
と思いした、今 彼等、彼女、らは社会人となりそれぞれが 自分で選んだ国で暮らすのも良い選択と思います。
それは miyukiさん のお嬢さんもいつかは どちらが良かったか気がつくのでは、それからでも遅くないです。
Commented by tomi at 2013-10-21 14:35 x
miyukiさん;
先の続きです と このコメント欄もう少し書かしてくれないかな;
私の友人の娘さんが此方に留学していた男性と結婚してね、その時に彼は彼女に絶対市民権維持しておいてと言いまして、日本の会社を辞めて此方に来て生活しています、職業は 夫に言わせると日本にあるアメリカ企業を辞めてあのような将来の有る企業と言っていますが 彼も一応は此方の大学を出ていますので 職はあったのですが KDDI なんですね、これは何時か貴女にお話した私のアメリカ人の友人が就職のことを問題にしていましたのがどうも当たっているみたいです と 現地で将来については 良いではないですか お嬢さんの人生です。
ただ 日本の学校を知らないと言います事、これはやはり日本人だからです、そうです 給食しかり その他諸々な事は将来の事にはかかわり無いと思います。
Commented by こっぺ at 2013-10-21 23:02 x
読んでからぐるぐる想いがめぐってますが言葉になりません。すぐ続きが読みたいです。貴重なお話をシェアしてくださって本当にありがとうございます。
私が息子を日系のプリにいれたのはそれが理由じゃなかったかな。。下駄箱、童謡、紙芝居、給食(はなかったけどみんなで一緒におはしと風呂敷包みを練習しつつ食べる)は、私のアイデンティティを確かめるために必要だったような気がします。息子に同じ経験をしてほしかったんです。でも現地の学校に息子が入って苦労してるのをみて、誰のためでもなく自分のためだったんだなぁと息子に申し訳なく。

この間「おかーさんは11月に公開のかぐや姫の映画がみたいんだ、でも日本だから見れなくって」と話をしたら、息子に真顔で、おかーさんもぼくも日本にいたら大好きなものがあるのにね、と言われ、あわてました。なんだか息子に大変なものをしょわせてるんじゃないかと思って。身の回りのことを楽しむ芽を摘み取ってるんじゃないかって。アメリカにもいいこといっぱいあるよっていうのが精いっぱいでした。
10年後、ここでの子育てを後悔してないってMiyukiさんのように言えればいいなと思っています。今もそう思っているんですけどね。
Commented by Miyuki at 2013-10-22 10:41 x
*tomiさん
おっしゃる通りですね~。
そう、将来どの場所を選ぶか、というなら、考える為の材料を与えなくてはならないわけですから、やっぱり我が子には旅をさせるしかないんですよね。
頭では良くわかっているのですけど、それが回り道じゃないか、とハラハラしてしまうのでございます。回り道も沢山必要、とこれまた頭では良くわかっているくせに。
Commented by Miyuki at 2013-10-22 10:49 x
*tomiさん
お手間おかけしてすみませんー(笑)
この後またぐだぐだと書いていきますが、結局私の葛藤だけなんですよ。娘は腹が据わってるというか、責任も自分でとっていくであろうに、それでもなるべく平穏であればいい、と思ってしまう情けない親なのでございます、とほほ。
何がその人を○○人たらしめるか、というのは、実は些細な日常の積み重ねだったりしませんか? 給食や委員会などを通じて知る"価値観”。私が切って捨てられない理由は、そういうものの後ろにあるものを彼女が求めていたのでは、と思ったからなんですよね。今、日本の大学で、授業やサークル活動を通じて色々学んでいるところなので、数年後にそれが彼女にどういう影響を与えるか、人体実験みたいに見守っているところです(笑)
Commented by ばなばな at 2013-10-22 10:56 x
転校生や時をかける少女などの尾道三部作を作った大林監督は、
休みごとに自分の故郷尾道へ娘さんを連れて行き、ご実家で過ごしたそうです。
娘さんも尾道が大好きで、監督は娘さんに尾道という故郷を作ってあげられて嬉しかったそう。
娘さんが成人式のあとに、振袖着て故郷で写真を取ってきた、というので尾道に行ったのかと思ったら、建て替え中の世田谷のご自宅で写真を撮って来ていたそうで、娘のふるさとは尾道ではなく世田谷だったんだと知った、とエッセーで読んだことがあります。
うちの息子も、85からおりてサンタクルーズマウンテンズを見ると、いつも、あーかえってきたーって言うの。
うまくいえないけどこのへん、こっぺちゃんやうっちとたくさん話したいなあと思う今日この頃。
Commented by Miyuki at 2013-10-22 11:03 x
*こっぺさん
いやいや、いつも恥さらしにお付き合いくださって、本当にありがとうございます。
親として、やっぱり自分が一番良いと思うものを与えたい。その時に自分が過ごした環境が良いと思えば、それを与えるのが自然であるわけで。むしろ、こっぺさんの素敵な親心、と思いますぞ。それに、子供がその枠にはまるとは限らないですよね。うちは逆に現地中心できましたが、こんなに日本にこだわる子ができましたからねー。ほんと、その子その子でどうなるか、興味が尽きないです。

ご子息は今、文化や国はひとつじゃない、ということに直面されているのでございますな。素晴らしいことではありませんか~。それこそ、このエリアで育つ特権の一つと思うです。いろんな人がいて、それぞれの考えや生活があって、その中で自分がどう生きていくのか。身体ごと繰り返す葛藤は、絶対財産になることと。10年後のこっぺさんとご子息が今からすんごおおおおく楽しみでなりません!
あ、厳密に言いますと、「自分の子育て」は後悔ばっかりですが、「環境の子育て」には感謝&ノー後悔なのです。なんじゃそら。
Commented by Miyuki at 2013-10-22 11:10 x
*ばな先輩
おお、リアルタイムのコメント、ありがとう!
そのエピソード、すごくすごく考えさせられるわ。さすが先輩、博識だわ。
そなのよね、どこを故郷と思うかというのは、年月で決まるものでも、親が決めることでもないのよね。だからできることは、閉じ込めたり枠にはめたりしちゃいけない、否定しない、できるだけ受け入れる、そんなことだとわかっているんだけど、その影でハラハラ・オロオロ一生やっていくんだろうなあ。
ご子息の、かえってきたー、というお言葉、今は前以上にじ~~んとくるですよ。
ほんとに3人でいーーーっぱい話したいね!!
Commented by ノンノン at 2013-10-24 21:34 x
自分で見たり体験してわかることが多いことがわかっているから体験したいのに、いざとなると失敗やまわり道もコワい私。
一方、同じく「体験派」だが私よりも怖がりじゃない友達は、「"Fall as quickly as possible ”っていうじゃない? 転ぶなら早めに転んじゃうのよ。」と言います。
そういえば、回り道じゃない「はず」の道でも大転倒することもあるしなぁ(笑)。というか、転倒はどこへ行ってもつきものだ。。。
ともかく、"Fall as quickly as possible"は、私の気を楽にしてくれます。
Commented by Miyuki at 2013-10-25 10:51 x
*ノンノンさん
あ、それは私もそうですねー。小心者で諦めが早いのナンのって(ふっ……)
でも、おおお、その言葉、いいですねー! そうなんだよなあ、転ぶにしろナンにしろ、早くやらないと、タイミングを逃すと結局意味がないんだよなあ……
自分についてと自分じゃないけど大事な人間についてと、その言葉に押してもらう場所が違いますなあ、としみじみしちゃいます。
Commented by かん at 2013-10-30 05:14 x
ご無沙汰しております~。私も続きを早く拝読させていただきたいです!
こっぺさんのお話ももっと伺いたいかも。息子さんのお話が、我が家を髣髴とさせて。
本当に人間の生き様は様々ですね。その中で「お嬢に、日本の大学を選んでほしくなかった」という思いの中を教えていただいて、私も勉強したいな、と思います。
よくも悪くも、私はアメリカの良さを認めようとしつつ、日本の伝統や風習を忘れきれない立場なのです。IFを言い出せばキリがありませんが、主人がアメリカ人でアメリカが彼にとって一番気持ちよく過ごせる場所でなければ私はおそらくアメリカにいない。。。(笑) 
Commented by かん at 2013-10-30 05:20 x
(続きです)ただ、私が育った時代より世界はもっと近くなって、また政治は複雑になって、古い世代と若い世代の間には隔たりもあるのかしら、とも。親がどう思おうと、二国以上の文化背景を持ち、色々な国や文化、体験をできる子どもたちが、その中から自分の価値観と存在意義をしっかりと確立して、人生を悔いなく生ききってくれればいいな、と思っています。
とにかく、Miyukiさんのお話で勉強します!!
Commented by Miyuki at 2013-10-30 10:52 x
*かんさん
たは、このシリーズ、書くのに気力がいるんですよねえ……で、出来上がったものは全然たいしたことないというゆう(虚) なので、セールの後になりますかねー(笑)
国際結婚のご家庭は、また違った要素と側面が色々ありそうですよね。ご両親間のタッグ次第で、どんどん可能性が広がるような気がします。そう、肝心なのは、それをどれだけポジティブに生かせるか、なんですが、そのあたりにも私の葛藤があるわけでございます。
勉強なんてとんでもない! 単にお嬢という一人の例に過ぎない、ということを念頭に置かれながら、さらっと読んでいただければ嬉しいです~。
Commented by かん at 2013-11-08 02:35 x
Miyukiさん〜! わかります!(涙)気力と精神力、使いますよね。でも、そんな中で体験を共有してくださることに本当に感謝、感謝です。
もちろん、十人十色で人様の教育方針や状況がそのまま自分たちにとは思いませんが、親の思いに違いはないと思うのです。親としての葛藤、子供の選択、親としての出来る限りの協力とバックアップ。どういうやり方や選択があるのか、自分の中のデータベースにたくさん情報を貯めて、フレキシビリティを培っていきたいと思うばかりです。
私自身本当に親としては未熟で、せめて体だけは作ってあげたい。。。と食事と運動、コドバだけは、と読書だけは強制しているものの、他は本当に何も出来ず、反省ばかりです。(号泣)
Commented by Miyuki at 2013-11-08 14:25 x
*かんさん
自分の中のデータベースの充実、それ、大賛成です。私こそ、いろんな先輩方のお話が一番ためになりましたし、励まされてきましたねー。
でもそうやって、ああきたらこうしよう、とシュミレーションや準備をしていても、全然違う方向に連れていってくれるのが子供という存在なんですな……(遠い目) 子育てにおいてのフレキシビリティ、ほんとーーに大切だと思います。と同時に、芯がぶれない姿勢、というのが娘の考えです。
身体を作ること、とても大事ですよ! 素晴らしいお仕事をされているではありませんか♪ 私なんぞ、ふりかえって娘が感謝してくれたのって、読み聞かせだけという失格母です。くそう。


<< 懐かしくも普通の毎日を 元の水にはあらねども >>