「ほっ」と。キャンペーン

味とは多彩なもので

本日、久々に会う友人と、久々にランチ。今年に入ってから外食は控えていたし、まあなんというかぶっちゃけ、友達も減ったしなあ。(遠い目)
そんな感じで、人に会ってゆっくりしゃべること自体、久々だったりする。
b0059565_7214474.jpg

今日行ったのは、ダウンタウンにあるイタリアンレストラン、Osteria。2004年度のPalo Alto Bestランキングで、イタリアンの1位に選ばれたところ。私も名前と場所だけは知っていたものの、入ったのはこれが初めて。大きな絵が壁一杯に飾られて、狭いながらも上手に区切ってあり、雰囲気のいいお店。
今日注文したのは、Cesar Salad、Spinach Raviolli、Chocolate bruleeの3品。

b0059565_7223223.jpgb0059565_7225089.jpg


b0059565_7231798.jpgサラダは友人とシェアするつもりで1皿オーダーしたら、わざわざ分けて持ってきてくれたという気配り。本日のお薦め品だったほうれん草のラビオリは、あっさり味がちょうど良く、デザートのチョコレートのブリュレも甘味がきつくなく。
サービスも良く、味も濃すぎず、店員さんの笑顔や挨拶も気持ちの良いレストラン。


b0059565_7233198.jpg友人のブログで話題になったNONI(ノニ)のジュース。そのご本人が、手ずから1本プレゼントしてくれた。感動のあまり、瓶を抱きしめる。
1日1オンスということなので、計量カップで計ってコップに。「ブルーチーズみたいな匂いがする」と教えてもらった通り、つーんとした刺激臭。色は濃いぶどう色。
味は好みそれぞれだと思うけど、お嬢と私には大丈夫。匂いや見かけと違ってさらっとしていて、すっと飲める。これを毎日コップ1杯と言われたらつらいが、少量なので問題なくいける。
血行が良くなるそうなので、末端冷え性で、冬場は足先が紫色の私にはありがたい品です。貴重なものを、本当にありがとう!



b0059565_7562021.jpg
旦那が外食ということだったので、今日は冷凍ディナーで。Shepherd's Pie(シェパーズ・パイ)、日本別名・羊飼いのパイ。
最初に名前を知ったのは、これまた子供の頃に読んだ「メアリー・ポピンズのお料理教室」。両親が旅行中、1週間自炊をするメアリー・ポピンズと子供達。
まずは初日の月曜がローストビーフで、翌火曜日がこのパイ。

 「おや、メアリー・ポピンズさん。きょうのお昼にゃ何ができますかな?」
 「きのうはローストビーフだったんですから、きょうは羊飼いのパイに決まってます」

残り物のローストビーフを肉ひき器にかけてひき肉に。良く炒め、みじん切りの玉ねぎを加えてさらに炒め、塩・こしょう、グレーヴィソースで味を調える。
皿にのせ、その上にマッシュポテトを広げ、オーブンで焼く。こちらに来て食べたものは、にんじんやグリンピースなども入ってた。
じゃがいも好きなお嬢には嬉しい料理だが、いかんせんやはり私達には、市販品は少々味が濃い。勿論普通のひき肉でいいのだろうけれど、いつかローストビーフを焼いて、翌日に自分でこれを作ってみるのが、試してみたいレシピの1つ。
[PR]
by senrufan | 2005-02-25 07:30 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/2130784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pannaGO at 2005-02-28 05:01
おお!そういう流れがある食べものだったのねっ。知りませなんだー。イギリス帰りの友達が集まった会であたしが初めて作ったシェパード・パイ。オーブンから出現したパイを見て、しーん、、、。な、何かが違う。一人がはたっと手を打った。「ミートソースが下じゃない?」まさしくっ!!お芋が下になってたのでしたー。へへへー。今でも笑い話です。
Commented by senrufan at 2005-02-28 06:53
あはは、アップサイドダウンパイだー! それでもおいしそうだねvv メアリー・ポピンズとかくまのプーさんとか、赤毛のアンとかのお料理ブック、子供の頃買ってもらったやつ、実はこっちにも持ってきてるの。こちらの料理名を聞いて、「あっ、あれにのってた!」とページをめくってみるのもまた楽し。


<< 架け橋すら必要なく 言葉の代わりに >>