求める空気は違っても

「物事の結果は才能と努力の掛け算だ。どちらかが0なら結果は0だ」
   ----- 秋山仁
       (日本人、数学者、1946年10月12日生まれ)


     IMG_5878

ぐん、と寒くなってきたベイエリア。
なんかほっこりしたものが食べたいなあ、ということで、小豆甘酒を作りましたです。
先日、多めに炊いた小豆があったので。

炊いた小豆、糀、お湯を、愛しのヨーグルティアにセットして、60度で6時間。
あら、もう出来ちゃったわ、って感じです。
今回は、白米糀を使ったです。

まだ温かいうちに、一口、二口。
優しい甘さがじんわり染みました。
このままの甘酒でいくか、それとも、ブレンダーで滑らかにしようかなあ。

* * * * *

【レストラン】

     IMG_5121

わくわくさんとの新カフェ体験、第2弾。
今度はこちらベイエリアにて、中近東系と見受けられるお店だよ。

こちらの前を通るたびに気になっていた、とおっしゃるわくわくさん。
中近東系なら大好物のワタクシ、ぜひぜひお供させてくださいませ。(尻尾振り)




IMG_5108

明るい色調の内装に、明るい別嬪お姉さんとお母さん(多分)。入った時から好印象。
何を飲もうかな、とメニューを見れば、エスプレッソドリンクが色々あって、ラテはなんと6種類。
Orange Latte、Spanish Latte、Lavender Latte……えええ、これは迷ってしまうじゃないか。


IMG_5109

中近東系の焼き菓子もいーっぱい並んでて、珍しくて目がまん丸になっちゃった。
そしたらお姉さんが、飲み物にはクッキーを1つサービスしてるのよ、どれがいい? と聞いてきてくださって。
端から順に、どういうクッキーか、1つ1つ教えてくださったの。
嬉しくて、これまた迷ってしまうじゃないか。(にこにこ)


     IMG_5113

悩んだ末に結局、Mint Tea
この日、こちらの前に、すでにカフェインを摂っていたので、ラテは諦めた……
フレッシュミントが良い香り。


IMG_5118

勇者・わくわくさんは、Lavender Latte
私も一口いただいたけど、2人揃って、うーん。(首ひねり)
それほど悪くはないんだが、あまりラベンダーじゃないというか、ラベンダーにした意味は、とか。


IMG_5114

選んだクッキーは、2人してRice Cookie
米粉のほろほろ・さくさくクッキーで、良い意味で素朴な美味しさ。なんというか、昔懐かしな甘さと味、なのだ。
中近東系だけあって、甘さはどれもしっかり気味かな、と思われる。


IMG_5110

デリコーナーもあって、フムスやドルマなど、ペルシャでお馴染みの料理が並んでる。
サンドイッチもカバブを使ってたりして、これは次回、ぜひこちらでランチなり、TO GOなり。

まったりくつろいでいたら、とあるお客さんが、注文していたものを取りにいらしてね。
お店のお姉さんが出してきたのが、50cm以上はあるんじゃ、というおっきなフラットブレッドのようなパンで、2人で口あんぐり。

なんでも、Sangak breadというパンで、Wikiさんによれば、イランの全粒粉サワードゥ・フラットブレッドだそうな。発酵種を使って継いでいくパンね。
お店のHPによれば、北カリフォルニアでこのブレッドを販売したのは、こちらのお店が初めてらしいよ。
じゃあ次回、このブレッドが食べられるメニューでランチなり、TO GOなり。(ほんとかよ)


IMG_5116

コーヒーハウスとはまた雰囲気の違った、明るい居心地の良さ。
お客さんも、私達がいた時には、中近東系の方ばかり。
通ううちに、お店の人と仲良くなれるのは、こういうお店の方だったりするんだよね。


Yeganeh Bakery & Cafe
3275 Stevens Creek Blvd.
San Jose, CA 95117

*-*-*-*-*-*-*-*-*

実は、わくわくさんとの新カフェ探索・第3弾もあるんだけど、過去日記をもう少し片付けるまで、我慢の子。(その間に、4弾・5弾といったりして)
[PR]
by senrufan | 2013-10-12 11:26 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/21271046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by KawazuKiyoshi at 2013-10-14 11:51
人生は掛け算では、ないと思っていますよ。
お元気で。
今日もスマイル
Commented by tomi at 2013-10-14 14:44 x
miyukiさん; この数学者 秋山仁さん 知っています が容貌に似合わず凄くもてるそうですね.....。

未だ一日の食べ歩きですか スンゴイ、中近東系のお菓子は甘いですねと言い居ますか甘すぎる インドのお菓子はもっと甘い口に入れた途端に頭が痛くなります、私は アルメニアンの友人が多く彼らのお菓子も甘すぎで この人種は糖尿病が多い<友人のお母さんが可愛がってくれてね 何時も家によんでくれては料理を教えてくれるから ”バクラバ”はお手の物です、この間は
羊の頭のスープを作った、トマトがベースで それでスープの中に目玉浮いていてね、ここが一番美味しいといわれて オエツ となりましたよ。
Commented by さく at 2013-10-15 04:00 x
あ、ここ、私がいつも行ってる銀行の向かい側だ。ここにオープンしたのは最近だよね。あ、新しいお店がオープンしているとは気がついていたのですが今度いってみよう。意外にこの辺、中東系というかペルシャ系のお店、多いんですよね。ベーカリーは定評があると思います。
Commented by Miyuki at 2013-10-15 10:39 x
*Kawazuさん
うふふ、でも例えば大好きな人といられることで、人生が数倍楽しくなったりしますよね。
割り算はないかなあ、さすがに。
Commented by Miyuki at 2013-10-15 10:42 x
*tomiさん
あ、やっぱりおモテになるんですね、秋山先生。私もカッコいいなあ、と思って拝見してます(笑)

中近東やインドなど、暑い国のスイーツはすごく甘いですよね~。砂糖は身体を冷やす作用があるので、それでかな、と思ってます。でも糖尿病になってしまうのはいけませんな……
私のトルコ人のお友達も、バクラバを楽々作ってしまいますね。あの薄いフィロをとても器用に作ってしまって、手際に見惚れます♪
羊の頭のスープ・ 目玉入り、ですか(汗) まあ確かにゼラチン質で美味しい……のかも……!(ぶるぶる)
Commented by Miyuki at 2013-10-15 10:44 x
*さくさん
うん、まだ新しいお店みたい。さくさんと前に行った中近東ベーカリーを思い出してたよ。あのお店もとっても良かったねー♪ ワンパターンな表現で情けないけど、ほんとに素朴でいいんだよね~。
Commented by ノンノン at 2013-10-16 12:00 x
ん、では、補足の公式を付け足してみるのはどうでしょ?

一般的には、物事の結果 = 才能 x 努力。
ただし、才能か努力かどちらかが0の場合は、以下の公式を当てはめる。
物事の結果 = 才能 + 努力
つまり、才能はあるが「努力なんかいやだ!」という人も才能の分だけの結果は出せる(俊足の子どもはかけっこの練習をしなくてもある程度速く走れる)。逆に、才能はないけれどもこつこつと努力した人は少なくとも努力の分だけの結果は出せる。
Commented by Miyuki at 2013-10-16 16:20 x
*ノンノンさん
もーーーー、ノンノンさん、大好きーーーー!!(何度目かのらぶコール)
これ、秋山先生に送らせていただきたいですねえ♪


<< 元の水にはあらねども 人が集まる、その訳は >>