「ほっ」と。キャンペーン

買うか作るかの二択から

「行動を起こすから、その先に何かが生まれる。
変化は突然ではなく小さな努力の積み重ねから生まれるんです」
   ----- 野口健
       (日本人、登山家、1973年8月21日生まれ)


  IMG_5105   IMG_5106

前回日記のThe Plant Cafeですが、昨日、念願(?)のテイクアウトコーナーで買い物してまいりました。
訪問記録を書くのに2ヶ月かけたくせに、思い出したら早かった。

わくわくさんとご一緒して、2人ともフレッシュジュースを頼んだです。
私がいただいた、にんじん、セロリ、スイカなどで作られたSkin Refresherという名のジュース、大変美味しゅうございました。

数種類あるジュースは、カップの大きさが3通り。
一番小さいSサイズは8oz(252ml)と小ぶりですが、これだけのジュースを絞るのに、どれだけ野菜を使うことか。
しかもオーガニック野菜ですから、$4.75というお値段は、決して不当ではないのでございます。

テイクアウトコーナーですが、レストランの方のメニューも置いてあって、同じものを頼んで持ち帰ることもできる模様。
事前に電話でオーダーして、受け取りだけに来た方も多く、とにかくお客さんが途切れることがない繁盛振り。
好きなお店がはやっているのを見ると、それだけで嬉しくなるですねえ。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_4662

先月は、2つのお料理ワークショップに参加した。
共にMikaさん先生のWSで、種々のお惣菜と、ローチーズ。
まずは、お惣菜のクラスの記録から。

西の出身のMikaさんらしく、「おばんざいクラス」という名での開催。
気心の知れたメンバーと一緒に、わいわいとにぎやかに行われたのだよ。




IMG_4665

今回はベジオンリーではなく、動物性の食材もアリ。
だけど圧倒的に多い、野菜の量。ある種、理想的なバランスかもしれぬ。


IMG_4669

ドレッシングやソースも、全てイチから手作り。
「自分の好みに合わせて調節してくださいね」
と、何度もMikaさんが繰り返してくれるのだけど、いやほんと、それが大事なんですよ。

そのソース類をかける前に、まずは素材の味を引き出すところから。
マクロビオティックでも、このポイントやコツを身につけるのが、最も大切なことかもしれないね。


IMG_4670

切ったり混ぜたり、というお手伝いもあったけど、大部分がデモ形式。
きちんと段取りしてくださっていたおかげで、こんなに沢山のメニューが、こんな短時間でできちゃった。


IMG_4673

まずは、タイ風ケルプヌードルサラダから。
色とりどりの夏野菜を使って、ごまダレ風味のドレッシングで。

いつ食べても美味しいケルプヌードルだけど、味が上手く染み込んでくれる時と、そうでない時があるんだよね。
なので、ついついヌードルの方ばかりをケアしがちだが、野菜の下ごしらえも忘れずに、と教わった。


IMG_4675

こちらもローフードメニューで、カリフラワーのクスクス仕立てとポータベロ・マシュルーム
チコリにのせて盛るところが、さすがのセンス。
生カリフラワーが美味しいなんて、ローフードと会ってから、初めて知ったよなあ。


IMG_4676

夏野菜のマリネ。今の季節にぴったりな。
きゅうりやセロリは生で、茄子は調理して。
タコのスライスも加わって、歯応えの違いまでご馳走だ。


IMG_4678

前にMikaさんにいただいて、すっかり気に入ったこちらは、懐かしのきゅうりのQちゃん。の、自家製版だよ、勿論ね。
生姜と青紫蘇が良い仕事をしてくれて、いくらでも食べてしまえそう。


IMG_4687

里芋のマッシュサラダも、以前にいただいて美味しかったメニュー。
梅風味が良く合って、さっぱり・ねっとりと旨いのだ。
これで、いつでも自分で作れるよ。(にんまり)


IMG_4695

豪華なメインの1つは、筍ステーキ
じっくり炒めたリークのソースを絡めて、食べ応え十分な一品。


IMG_4693

もう1つは、グリルドサーモンのサルサソースがけ
しかも上のサルサは、パイナップルサルサときたもんだ。
塩糀で旨味を増したサーモンは、サルサで夏仕様のおしゃれだね。


IMG_4690

豪華メニューの数々のそばに、そっと置かれたのは、自家製のりたまふりかけ
これまた懐かしい限りのこちらを、いつしか自分で作ることを考えるようになるなんて、幼かった私に言ってやりたいね。(しみじみ)


IMG_4702

ぎっしりと並んだおかずに狂喜しながら、待望の試食タイム。
ストウブで炊かれた玄米ご飯と一緒に、いただきます!

どのメニューも、美味すぃいいい、と叫びながらのひと時。
ちゃちゃっ、と作れて、気取らず調理、そして好みの味となれば、何の文句がありましょう。(いや、ない)

美味しいものが一緒なら、いつもの楽しいおしゃべりも、更に盛り上がり。
最後にとどめをさしたのは、「あまちゃん」話であったよね。
好きな俳優さん、イコール、抱かれたい俳優さんとは限らない。(腹イタイ)(内輪ネタですまぬ)


IMG_4704

そだよね、昔は買っていたアレコレ、今なら色々レシピも出ているかもしれないし、ちょっと記憶を辿って、食べたいものを探してみよう。
以前は冷蔵庫に並んでた、市販のソース類や漬物など。
材料を選んで作ってみるのは、理科の実験のような面白さ。
それで「安心」と「好みの味」になるのなら、何の文句がありましょう。(いや、ない)

さて、お次はローチーズのワークショップだよ。
[PR]
by senrufan | 2013-08-21 13:42 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/20887432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ノンノン at 2013-08-23 22:10 x
「懐かしのきゅうりのQちゃん」っていう表現わかりますわん。
日本にいるときは普通のきゅうりのQちゃん(笑)ですが、こちらにいると「きゅうりのQちゃんが食べたい!!」となるのですよね。
私も今年は庭できゅうりができたのでこれで何を作ろうと思ったときにQちゃんのレシピを見つけて、「これだわ!」と思って作りました。
いつもは食べるものにあまり感想を言わないエンジニアさんもわざわざ「きゅうりのQちゃんうまい!」と言いにきました(笑)。
きゅうりのQちゃんは偉大だ。

サトイモのマッシュサラダ、おいしそう~。食べたいです。
Commented by Miyuki at 2013-08-24 12:59 x
*ノンノンさん
そうですよねえ、日本にいる頃は当たり前だったもののありがたさ、こちらに来てじわ~んと、ねえ。
おお、庭生りのきゅうり、素晴らしい! そして早々に作られているところが、またさすがvv
理系も文系も区別なく魅了されますね、Qちゃんに(笑)

サトイモマッシュもおいしかったですよー♪ あのねっとり感がたまりませぬ。


<< 目には見えない生命が 所変わっても、品変えず >>