言葉を、祈りを、託す先

「日本人は均一性を欲する。
大多数がやっていることが神聖であり、同時に脅迫である」
   ----- 司馬遼太郎
       (日本人、作家、1923年8月7日生まれ)


'Project 10:' Japan's rising son Nishikori feels weight of expectation

プロテニスプレーヤーの錦織圭君、アメリカのCNNでのインタビュー&動画です。

友達から教わったのですが、後で検索してみましたら、CNN Japanでの記事もありました。
ありがたや、ありがたや。

トッププレーヤー錦織圭、重圧への対処とテニスへの愛を語る

リラックスタイムには、TVで日本のお笑い番組を見る、という錦織君。
オバチャンは、力いっぱい応援するですよー。

* * * * *

【イベント】

     IMG_5021

溜まっている日記を押しのけて、リアルタイム記録を一つ、挟みます。
先日バークレーにて、Sarahさん&旦那様と、朝から晩まで遊んでいただいたのですが、
ちょうどその日の夜、とあるイベントがバークレーで行われていたので、足を運んでみたのでございます。

情報元は、悦ちゃんから。(ウルトラ感謝です!)
行われたのは、Peace Lantern Ceremony
日本流にいえば、灯篭流し、でございますね。

2002年から始まったというこちら、広島と長崎に原爆が落とされた日の近くに、
平和を祈るイベントとして、毎年開催されているそうです。




IMG_4994

IMG_4995

式は6時半開始で、被爆者の方のお話や音楽演奏が予定されていたのですが、私達が着いたのは、すでに夜8時頃。
あと少しで、灯篭を流し始める、という時間だったのですが、まだまだ沢山の方々が、灯篭作りに勤しんでいらっしゃいました。


     IMG_4997

私達も、早速参加です。
まずはボランティアの方に、灯篭の笠用の紙をもらいます。


IMG_4998

それから机に陣取って、用意されているマーカーやクレヨンで、思い思いの絵やメッセージを書いていきます。
子供達の書く絵が、華やかで可愛らしく。大人の真摯なメッセージが温かく。

私達もがんばったですよ。
お日様や木で明るいSarahさん灯篭、記憶で描くミッキーで勝負のSarah旦那様灯篭、
さらさらと字で埋められた旦那の灯篭、絵が薄すぎて全く見えないワタシの笠……


IMG_5003

描いた紙を、台・キャンドル・竹ひご4本で作られた灯篭本体につけて、出来上がり。
指定場所に置いて、一つ一つ灯を点して、いよいよ流し始めます。


IMG_5014

流すのは、ベイの北端というか、一端は川岸で行き止まりになっている場所。
風もなく、穏やかに漂う灯篭を、ボランティアの方々が、棒で押しやったり。

流れるのを見たくて、対岸に移って、皆で眺めました。


IMG_5018

カラフルな灯篭が楽しくて。日が暮れていくのに従って、キャンドルの灯も見えてきます。
ボートに乗ったボランティアの方がいらっしゃったのは、この後、回収する為なのかな、と思ったり。


IMG_5027

会場では、日本人らしい方は、2~3人見かけたぐらい。
現地の方々が、これだけ集まったというのは、さすがヒッピー発祥のベイエリアというべきか。

世界唯一の被爆国でありながら、原発を輸出する国でもある日本。
対岸で、これだけ平和を祈っている人達がいても尚。
アメリカという国自体の政策その他には、色々思うところ満載ですが、歴史教育も色々ですが、
それでもこのリベラル色の強いエリアで、衒いもなく「平和」「愛」と口にできる空気、子供達。
ありがたいなあ、としみじみ思います。


IMG_5028

知ること。 忘れないこと。 願うこと。
初めての灯篭流しが異国であったことも、自分にとっては意味のある経験でありました。


        IMG_4993


San Francisco Bay Area Annual Peace Lantern Ceremony
[PR]
by senrufan | 2013-08-07 11:44 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/20832077
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by KawazuKiyoshi at 2013-08-09 12:24
ランタンの精霊流し。
どこの国でも、気持ちに変わりはないことでしょう。
日本は、異常に暑いか、異常に豪雨か
多分、世界的に大変なときなのでしょう。
お元気で。
今日もスマイル
Commented by さく at 2013-08-10 02:51 x
毎年広島から長崎までの間の時期に、原爆関連の写真を眺めることにしています。灯篭流し、とってもとっても素敵だけど、平和を祈るだけではなく悲惨な現実をこの目に焼き付けたいと思っています。毎年勝手にこっそりとのマイ行事ですが、毎年写真を見て体験談を読んで、吐き気と涙です。1年に1回しか耐えられない、けど忘れちゃいけない。何の活動もしていない私ですが、ただ忘れないために繰り返しています。
Commented by 悦ちゃん at 2013-08-10 05:31 x
おお!!早い!。笑。ろくにアップもしていない、あたしのリンクまで貼って頂いて恐縮です。去年初めて参加して、棒でランタンを奥に押す矢切の渡しもどきの手伝いをしたのが楽しかったのですが、寒いし、お話と音楽は今年はいいかなーと思って8:30に行ったんですが、ランタン作りの道具もかたづけていて、2分で急いで作って流したら、すぐろうそく消えちゃった。。。。ボートに乗ってる人は寄せたり、あとで拾ってかたづける係りの人ですね。びっくりですよね。日本人なんて数人。皆現地の人たちだもんね。。でもあの明かりはほんとうにじーーーんときますよね。参加できてよかったですね。もしかしたら帰るみゆきさんとすれ違っていたかもしれませんね。
Commented by tomi at 2013-08-10 13:56 x
miyukiさん。
Bay Area では その様な行事が毎年あったんですね。
S。 California はその様な事は 日本人社会では仏教ではあるんですけれども残念ながら一般的ではないです、やはりこちらは カソリック が多いからかな、そちらは やはりヒッピー発祥の地ですね、北に行きますと空気と言いますか、感覚が違っています、南は メキシコが近いせいかキリスト文化とメキシコ文化が発達しているんです。

灯篭流しはきれいですね、ボランテイアの方達は最後の片づけをきっちりなさって ご苦労様です。

こちらも各お寺さんが お盆祭りを 致しています、この時は昔の日本に帰って皆浴衣なんかを着て 盆踊りに興じています、人種は色々です と 宗教についてはコムズカシイ事はなし と
言います感じ....、明日の土曜日と日曜日 は LA 最大のお祭り
「二世ウイーク」が始まります 一度ご覧になったら良いと思います、やはり日系人は日本文化を愛して止まないのでは(小難しい事言って笑)。
Commented by るる at 2013-08-10 20:25 x
バークレーでこんな行事があったんですね。徒歩で行ける所に住んでいるにもかかわらず、全く知りませんでした。灯籠流し、来年は是非参加してみたいです。灯籠流し、小さい頃を思い出します。そういえばバークレーでは毎年凧揚げのイベントもありますよ〜。
Commented by Miyuki at 2013-08-11 12:06 x
*Kawazuさん
昨日は特にすさまじい暑さだったそうですね……
地球がどうなるかを憂うと同時に、そこで生きる私達の在り方をも考えます。
良い機会に恵まれて、感謝のイベントでありました。
Commented by Miyuki at 2013-08-11 12:09 x
*さくさん
素晴らしいなあ~~(じ~~ん) うん、忘れないことが何より始めにあることで、行動も発言も変わってくるものね。
この時期、日本のマスコミが戦時中のことの報道を繰り返すのに批判もあるけれど、年月を経て、新しい子供が生まれ続けていく以上、やっぱり必要と思うよ。
Commented by Miyuki at 2013-08-11 12:12 x
*悦ちゃん
改めて、ありがとうございました! ほんとにお会いしたかったです、くう。リンクは、もっと更新してくださいというおねだりもこめてみました、なんつって。だって悦ちゃん情報、すごくありがたいものばかりなんですもーん。
おお、去年はボランディアもされたですか! 後片付けまで、本当にありがたいことであります。平和を願う気持ちは万国共通。それを実感できるのが、またあのイベントの良いところでありますね。
Commented by Miyuki at 2013-08-11 12:17 x
*tomiさん
なるほど、なるほど! やはりカリフォルニアは広いですねえ。それぞれの土地で、それぞれの形の平和を願う、それで良いんですよね。

本当に、こういう行事はボランティアの方々なくしては成り立たないので、ありがたい限りであります。

あ、お盆祭り、やっぱりありますか! こちらでもお寺さんごとに行われますよ~。そうそう、宗教じゃなくて、文化を楽しむ行事ですから(笑)
二世ウィークですと!? それは楽しそうじゃありませんかー♪ 一度ぜひ参加させていただきたいです! たとえ住んだことがなくても、自分のルーツを忘れない。アメリカという国は、アメリカ人になれというより、むしろルーツを忘れるな、と言い聞かせる国なんだな、と思います。
Commented by Miyuki at 2013-08-11 12:20 x
*るるさん
私も、イベント自体はぼんやりと知っていたのですけど、今回初めてちゃんと調べて参加してみました、というテイタラクで(恥) こじんまりとしたイベントで、温かい感じが良かったです。バークレー、やっぱり良い街でありますねえ♪ そうそう、その凧揚げイベントも、毎年行ってみたいと思いながら、いまだに果たせておりませぬー、くー。壮観な眺めなんでしょうねえ……(想像うっとり)
Commented by tomi at 2013-08-12 06:54 x
miyukiさん、二世 ウイーク のお祭りとイベントのリンクを貼り付けました。見て頂けるかな?。

http://www.niseiweek.org/page/2/
Commented by Miyuki at 2013-08-12 11:39 x
*tomiさん
ありがとうございます! 早速拝見してきました♪
9日間も続くということにびっくりです。さすが移民のメッカ、LA。イベントの内容も、名前だけで笑ってしまっていけません、いけません。こーれは一度おじゃましないと内容がわかりませんね~。行ってみたーい。(うずうず)


<< 一群去って、また一群 纏う鎧を脱ぎ捨てて (番外) >>