纏う鎧を脱ぎ捨てて (後)

「自分をごまかしてはいけない。
同時に、欠点を見つけても、自信を喪失させたり、自尊心を傷つけるまで自分を責めてはいけない」
   ----- アーノルド・シュワルツェネッガー
       (オーストリア→アメリカ人、俳優、1947年7月30日生まれ)


Stone Fruitsの旬の真っ最中。
毎週ファーマーズマーケットで、桃やネクタリンを買い込んでおります。ほくほくです。
オーガニックを選ぶので、お高くはなるのですが、桃は残留農薬の多さはトップクラスだそうなので、これはいたしかたない、ということで。
勿論、皮ごと食べますよー。

しかし、ずらりと並んだ桃の中で、どれが一体”当たり”であるのでしょう。
桃の買い方・保存の仕方について、こんな記事がありました。

 All About Peaches

香りが大事なんですねえ、なるほど。
んじゃ、これからマーケットで、一つ一つ手に取っては、犬のようにくんかくんかと(ヤメロ)

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_4521

さて、数回に渡ってNVCの勉強会に参加させていただいたおかげで、
いろんな方に会えたり、ご意見をうかがえたりして、楽しい学びの時間でございました。

ざっと概略を教えていただいたとはいえ、NVCでは実践とトレーニングがかなりのウェイトを占めていますので、あくまでその、概略に触れただけの段階での感想ですが。
これはアメリカの、そして心理学者のローゼンバーグ博士だから生み出されたメソッドなのだなあ、としみじみ思ったのでございます。




日本語でのNVCの勉強会でしたから、資料としていただいた「言葉リスト」も、当然日本語。
一通り拝読して、翻訳された方はご苦労されたのでは、と改めて感謝いたしました。
というのは、ご存知の通り、1英単語=1和単語、とはならないわけで。
加えて、英語では自然な「感情」言葉であっても、日本語ではやや不自然に思える言葉もあるわけで。
ぴったり重なる単語はない場合もある中で、極力近い言葉を選んでくださったのだと思うのですよ。

そういうところから始まって、アメリカで英語でやりとりする分にはいいかもしれないけれど、
日本語だったら、もっと言い方や、話のもちかけ方も考えていった方が良いのでは、と感じることが多かったこと。
そしてメソッドそのものも、多種多様な価値観が溢れるアメリカという国だからこそ、こういった、言葉という形をとったコミュニケーションが重要であるということ。
何十年も前から言われてきたことを、ここでもまた認識したのでございます。

人の気持ちを考えろ。 空気を読め。
その是非については、各自各様の考えがあるにせよ、そういう”風土”があるのが、日本という国で。
ですから、そこで育った私にとって、「評価」を交えずに「ニーズ」を見つけよう、ということ自体は、うん、そうだよね、と普通に受けとめられることなのですが。
それを、より普遍的な方法にするべく、考える・口にする「言葉」を、ここまで具体的に絞った、という点に、なるほどぉ、と感じ入ったのでございます。

また、自分自身の中を探ること。自分が本当に欲しているのは何か、常に見つける努力をはらうこと。
口で言うのは簡単でも、実はなかなか成し難いこれを、やはり「言葉」を用いることで、よりわかりやすくしたこと。
そして、その「言葉」で、「自己表現」と「要求」を試みようと呼びかけること。
ローゼンバーグ博士の様々な経験から作り出された、素晴らしい方法、と思います。


     IMG_4522

白状すると、なんでこんな理屈が必要なんだろう?という、身も蓋もない気持ちも覚えたりしたのでございますよ。
人の身になって考えようとするなら、自分の中を掘り起こして、似た経験がなかったか、思い起こそうとしたり、自分がそうだったら、と想像してみたり。
人の気持ちを知りたいと思うなら、個人的意見を口にせず、聞き手に徹しようとしてみたり。
それができている、とは口が裂けても言えないのが情けないですが(くそう)、それでも、そういうものだろう、と思ってきましたので。

そんな小難しいことを考えながら練習しなくても、できることがあるんじゃないかなあ、と感じたのも事実です。
これには、先述した通り、日本という国で育った、というのも大きいのかもしれませんが。


加えて、これはテクニックとして、はまるタイプの人がいるのでは、という、危惧めいた思いもあり。
上手く言えないのですが、決められた「言葉」内で、リスト化された「ニーズ」を見つける、という知的高揚感を味わうことを繰り返していくにつれ、これが真のコミュニケーションであって、これが真の私なんだ、と思ってしまう人がいるのではないかと。

そこに、相手に伝わる”共感”がないと意味がないのに、それこそ事務的なカウンセラーのように、表面的なものになってしまって、しかしそれに気づかない人。
もしくは、今まで「自己共感」や「自己表現」が上手くできなかったのが、この方法を知って開放された結果、別方向に傾いて、過大な期待と他人批判に流れていきそうな人。
NVCを、ディベートのテクニックとして使う人。

NVCとは、一つのツール。
ですから、その効果も価値も、取り入れ方も、それを使う人次第、であるのですよね。


     IMG_4519

ほんとに、人が心の奥底で何を考えているか、なんて、早々わかるものではありませぬ。
勉強会の間、参加者同士でペアを組んで、色々と練習もしたのですけれど。
私は、相手の人の望む「言葉」をなかなか見つけられず、相手の人も、私がぴんとくる「言葉」を示すことができなかったりしたものです。

人はそれぞれ、自分の「言葉」を持っているんだなあ、とつくづく感じます。
自分が抱く感情に気づいていて、「表すとすればこれ!」という言葉をぼんやりと持っているのに、
それが「リスト」になかった場合、ボールをピンそば5cmまでつけることはできても、ホールに入れることができないのですよね。
他の参加者の方々を見てても、「うーん……」と首をひねってる人が多かったのは、そういうことも原因ではないか、と勝手に思っておりました。

「私はトレーニングしているから、人のことも分かる」と言い切る方にお会いしたことがありますが。
その方が私の話を聞いて、要約されたり、「それは~ということですね」と推測されたりしたことが、全部斜め40度だったこともありましたなあ……(遠い目)

あと、些細なことですが、NVCに出てくる会話例で、「あなたは~と思ったのですね」という言い方が沢山出てくるのも、微妙に引いていた部分です。
まあこれは、英語から訳しているというのもあるのでしょうが。

思い出したのは、以前にやりとりしたことのある、カウンセラーさん。
「Miyukiさんは~と感じたのですね」とか、「~と思ったのですね」という言い方を良く使われていたのですが、正直、これがかなり苦手でありました。
大変ゴーマンで、自分のことは自分で探る、と思い込んでるワタシには、この手の言い方には「決めつけ」色を感じてしまって、かなり反発しちゃうんですよねー、あははー。(乾笑)
今思えば、心理学を学んだ方は、NVCとまでいかなくても、こういう言い方と手法を身に着けていかれるのかもしれませんね。

結局、自分と似た「言葉」を話す人達とは繋がりやすく、そうでない人達とは難しい
勿論、母国語が違っても、通じ合える人達は沢山いますから、不可能なんて全く思っておりませんが。
だったら、通じる人同士で楽しくやっていこう、と自分の身近なところでは、それで良いと思うのですけれど。


IMG_7677m

NVCが目指すのは、世界中のどんなところでも、人と人を繋げて、平和を広げていくこと。
だったら、「あの人とは考え方が合わない」、では済まされない。
「空気を読む」とか「常に人の気持ちを考えよう」とか、それだけでは到底無理でしょう。

Golden Ruleとして有名な、「自分が人にしてもらいたいことを、人にしなさい(自分がしてほしくないことは、人にもするな)」という一文が、様々な国に形を変えて存在するにもかかわらず、守られているとはとても言えない状況で。
NVCが目標の一つとするのは、「相手が望むことを、相手にしてあげる」という、その上をいく、プラチナルールでありますから。

「言葉」が通じないのが原因であれば、「共通語」を作るしかない。
それを使って、コミュニケーションできる相手の範囲を、もっと広げていくしかない。
NVCとは、そういう意味と目的を持った、新しい「言語」である、と個人的に解釈しております。

自分の欲求も満たしながら、相手の欲求も満たすことが可能な、魔法のようなコミュニケーションの方法。
そう聞いて、興味を持って参加させていただいたワークショップですが、実際NVCを、そういう言葉で表現しない方が良いのではないか、と思ってます。
むしろ、相手も自分も、自分と互いの気持ちに寄り添うように試みることで、一番良い落としどころを見つける為の方法、と考えています。

世界平和は、身近な平和の積み重ねから。
参加者の方も、悩みの例として挙げられたのは、ほとんどが家族との間の葛藤や不満でした。
機会があったら、インストラクターの方に張りついて、日々の実践を目の前で拝見したいなあ、と都合の良い願いを持っているのです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

もう一回だけ、脇道にそれた個人的な思いを、次回にて。
[PR]
by senrufan | 2013-07-30 14:28 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/20799992
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ノンノン at 2013-08-02 09:09 x
相手に何かしてあげたいときに、無意識に「たくさんしてあげたほうがいい」と思い込んでいたようなときがあったんですね。そしたら、友達が"Give just as much as they need; not more than that." と言いました。人によっては私に期待しているのはすれちがったときに「おはよう」とその人に笑顔であいさつすることだけで、それ以上の深いおつきあいは重いと思っているかもしれない。そのあたりのさじ加減も忘れがちだけど重要だよというようなことだったんですが、何だか深いな~と思って、ことあるごとに思い出します。
Commented at 2013-08-02 12:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Miyuki at 2013-08-03 11:09 x
*ノンノンさん
それは、すごく良いお話ですね~。私もこれから何度も繰り返して思い出すことになると思います、ありがとうございます!
さじ加減かあ……それなんですよね、本当に。望む反応を与えられても、それが相手にとって過剰であれば意味が半減してしまう。日々手探りですよねえ。
Commented by Miyuki at 2013-08-03 11:12 x
*非公開コメントNさん
お久しぶりです! 同意してくださって、すごく嬉しいです~。日本語ベースのNVCは、きっとこれから発展していくのではないか、と期待しているんですよね。従事してくださっている方々には、ほんとに頭が下がります。
私も、とってもお会いしたいですー! いつでもお声をかけてくださいませ。例の会も、メンバーがそろったところで仕切り直ししましょうね!
Commented by tomi at 2013-08-05 14:05 x
miyukiさん;
長い間の ワークッショプ ご苦労様でした。
色々と書かれています事わかりますよ、子なし の私でもね。

今は 私は老人介護の 方を進めていましてこの頃心底疲れましてね、 高齢者はご自分の今の力が分からないのですね、これは
今 のリーダーも言って居ます。
何時の場合も 一応は身内の居ない方は 私が 「Power of Attorney」 になり 最終的な金銭管理などの責任がありますと
これで中々難しいんですね、 と 今日は泣き言を書きましてすみません、10日ほど前に面倒見ている方がバックを無くしてね、それで1週間も彼女の行きそうな処を探して頼んでいたのですが見つからず、大事なものが入って居ますから、でもね彼女はどこかへ2日前に置いたと言いますのよ、まあー良いかと、探してね
そしたら事務所が(高齢者アパートメント)持って居まして知らせてくれないのですよ この様な事度々でこの方に限らず。
このボランテイア は10年間していますが 私はやはり自分の心が弱ったのかな~考えています。
Yeloowstone の間欠泉UP致しました。
Commented by tomi at 2013-08-06 03:12 x
miyukiさん;
先のグチは グチとして忘れてね。先の ノンノンさん が言われた事が頭に残って先の文章書いたので、自分で選んで携わっている事だから 弱音ははかない))))アリガトウ。
Commented by Miyuki at 2013-08-06 12:36 x
*tomiさん
私が自分でできないと思う仕事は星の数ほどありますが、中でも保母さん・先生・高齢者の方のケアは筆頭に上がります。
自分自身が先生方にお世話になり、将来的に世話をしてもらうことになるかもしれない立場でありながら、本当に情けないのですが、全く自信がありません。
ですから、tomiさんがされていることに、心から敬意を表します。それこそ、心が折れてしまいそうなことも沢山あると思います。理論理屈で押せることの方が少ないですもんね……(涙)

よろしければ、また経験なさったことを時々教えてくださいませ。愚痴だなんてとんでもないです。
そういうことが自分にも起こっていくんだ、ということを知らないといかん、とますます思うこの頃です。
Commented by Miyuki at 2013-08-06 12:38 x
*tomiさん再び
イエローストーンの記事、待ってました! これから早速おじゃまいたします♪
ノンノンさんが書いてくださったこと、素晴らしいですよね~~。ノンノンさんには、いつも貴重なコメントをいただいては感謝ばかりなのでございます。何も恩返ししてないじゃないか自分……!(悔し泣き)


<< 甘い宝を蓄えよう、次への備えの八の月 纏う鎧を脱ぎ捨てて (中) >>