だから、貴方を好きになる

「自分の人生が完成することなどあり得ない。
例えば定年を迎えたからといって、それは人生の完成でも何でもない。
双六の「あがり」ではないのです。
サラリーマンだった経験を生かして、自分の人生の完成を目指していく。
その過程にこそ生きる熱と幸福感が生まれてくると私は思っています」
   ----- 桂文枝 (6代目)
       (日本人、落語家、1943年7月16日生まれ)


料理ブログ読書ブログ、月イチ更新しております。


お嬢はただ今、初の日本の大学の期末試験真っ最中。
そんなアナタに面白Tweetを。

「一夜漬け:試験勉強を一晩で済ませること。
あさ漬け:試験勉強を当日の朝に済ませること。
ぬか漬け:ある程度の期間を設け、こまめに手入れしながら勉強すること。
お茶漬け:お茶のカフェインを摂取して目を覚ましながら勉強すること。
福神漬け:勉強せず神頼みすること。」

せめて、福神漬けはやめておけ。

* * * * *

【読書】

        ミステリー中毒

我が家の本棚を見たことのあるお友達や、読書ブログをご覧になったことのある方はおわかりと思いますが、私の本の趣味は、大層偏っておりまして。
今現在、我が家の蔵書(除マンガ)が約1,900冊あるうち、
ミステリーが1,100冊と、6割を占めている上、
その全冊が、翻訳された海外ミステリーなのでございます。

あとはSF、ファンタジー、エッセイ、ノンフィクション、時代劇などですが、どれも1割か、それ以下。
日本人作家の本は、エッセイと時代劇、ノンフィクションあたりのみ。
本屋大賞とか、お薦め本情報を漁る時も、海外ミステリー対象ばかりチェックして、国内ミステリーは一切検索せず。

なので、常に活字に飢えているものの、日本でブームになった小説や、人気の作家さんの本も全然読まないので、こちらの図書館の日本書籍コーナーに行ったり、日本語本の古本市を訪れても、読みたいと思う本にあまり出会えないのですよ……
せいぜい、エッセイや時代劇ぐらい。ハウツー本や自己啓発系は、相当苦手ですし。

しかも、海外ミステリーが好きなら、こちらで原書を読めばいいではないか、と自らへの怒りにかられながら、強く思うのですが。
重度の英語アレルギーである為、それも叶わず。残念無念でございます。うん、ワタシ、逝っていい。

活字中毒どころか、ただのちょーーー偏食。好き嫌いはイケマセン、って給食の時間に言われたのに。
こんなにダメダメでどうしようもなくても、それでも冷めることのない、海外ミステリー好きの熱。
どうして国内ではなく海外版なのか、ということについて、ぼんやりと答えというか、言い訳は持っていたのですが。

先日読んだ、養老孟司先生の「ミステリー中毒」という本で、そうです、そうです、そうなんです!ということが書かれていたので、調子にのって、この際、言葉にしてみようと思います。
以下は、あくまで私がこう感じている、というだけのタワゴトであり、国内作品をけなそうという意図はカケラもありませんので、その点はどうぞご了承くださいませ。




IMG_4708

養老先生は、その読書量でも有名ですが、海外ミステリーが大好きであられるということを知ったのは、実は結構最近のこと。
スティーブン・キングなどのホラー系もお好き、というところは、残念ながら重なりませんが、なぜ海外ミステリーか、という分析的な一言一言に、逐一喜んだり、頷いたり。
ますますファンになってしまって、どうしましょう。(どうもしない)

勝手に先生に励ましていただいて、述べてみようとするならば。
私が海外ミステリーを読んで楽しいのは、それが「娯楽」であるから、です。
日常は日常で過ごし、その合間の息抜きは、日常と全然関係のないことを味わいたい。
完全に離れた事柄を、しかも楽しめれば楽しむほど、日常からの健全な”逸脱”を果たし、心身のリフレッシュになるのでございます。
ですから、日常がせっぱつまっている時ほど、本が読みたくなったりするのです。別名・現実逃避です。

そういう意味で、海外が舞台の方が良いんですよ。名前も、いっそカタカナ名の方がありがたい。
日本が舞台ですと、どうしても自分の日常や、過去の思い出がよみがえったりして、あまりよろしくないのです。

加えて、ユーモアの好み、というのもございます。
ウィットに溢れた、丁々発止のやりとり。P・G・ウッドハウスやクレイグ・ライスなんか、最高です。
wetではなく、dryな方が好き。日本式の笑いも勿論楽しいのですけど、こればっかりは好みとしか言い様がないのでありますね。

あとは、構成力、と言ったら失礼になるでしょうか。
日本の小説は、私には”水”や”流れ”というイメージがあって、ウェットな人間関係や事件が、連想式に進行していくように感じられるのですが。
海外作品の方が、もっと骨格が堅固で、石造りの建物が作り上げられていくイメージがあり。
どれだけ波乱万丈な筋立てでも、その広がる風呂敷の広大さとか、それが畳まれていく時の見事さとか、爽快さを感じる作品が多いのが、また好きなのでございます。


IMG_4710

結局私は、何か事件や出来事が起こった時、その原因や経過は勿論のこと、それに関わる人達の心情を知りたいのですね。
ニュースを見ても、読んでも、出来事としての概略はわかったとして、当事者の方々の考えや思いが知りたくて、でも、それは叶わない。
報道されたとしても、それは必ず、誰かのバイアスがかかった見方です。
ですから日常では、そういったものには距離を置いて接するクセがついてます。

推理小説では、それがない。
書き手が語らなかったところでは、わからない部分もあるにしても、
少なくとも主役が思ったこと・感じたことは述べられているので、それを知ることができた、という満足感を味わえます。

そして、これは養老先生も書かれてましたが、登場人物の、つまりは登場人物を通して作者の、「倫理感」や「価値観」といったもの。
これらに触れられるのが、また楽しくて。
私がミステリーの次に読むのが、エッセイなのですが、その理由はここにも在る、と思います。
勿論、自分から見て、お説教色が感じられる作品は苦手でありますけれど、
娯楽という面を満たしつつ、その裏にそういったものがどれほどうかがえるか、というところにも、作者の力量が表れますよね。

日本人作家さんの作品は、現代小説より、むしろ時代劇が好きで、池波正太郎や藤沢周平はかなり読んだのですが。
面白いことに養老先生が、
実生活から距離があるから、面倒が起こりにくく、倫理・道徳を直截に語りつつ、娯楽として読ませるもの、
として、これらのジャンルは重なる、と分析されていらっしゃって。
今まで何も考えず、ただ「好みだから」ということで選んできたジャンルに、こういった共通性があるらしい、ということに、ほほぉ、と目を開いたのでございました。


     IMG_4712

ちょっと横道に逸れますが、私は特定の芸能人にハマることが、ほとんどありません。
や、あの俳優さん好きー、とか、あの人の音楽好きー、とかは勿論ありますが、追っかけるほど好きになることがないんですね。
本やネットは大好きでも、TVを見られないという、これまたちょーー偏食(変食)体質である為、
「ハマるほど、その人のことを知る術がない」というのが、大きな理由であるようです。

ドラマで見て、かっこいい!と思ったところで、それは役柄の上のこと。
インタビューを見て、感じの良い人だなー、と思っても、それは一部分のこと。
実際に頻繁に会う人でさえ、わからないことが沢山あるのに、話したこともない人のことを把握しようというのは、大変難しいものでございます。
というか、私に判断する力量がないだけ、とも言います。(身も蓋も)

その点、小説では、それが結構できちゃうんですよ。
考えていることや、価値観や倫理観が提示されているから、その「人」が人間として好ましいかどうか、自分自身の価値観に照らし合わせて、自分なりの判断ができる。
かといって、別に二次元キャラにはまったりはしませんが(そういう年齢は過ぎました……)、
ルフィのような息子が欲しー、とか、理想の男性は秋山小兵衛とダンブルドア校長、とかぐらいは言っちゃえるわけでございますよ。


考えること、感じること、諸々に対する思い、良しとすること、嫌なこと、事件の裏、裏の裏……
いろんな点をひっくるめて、その「人」を、「出来事」を知りたい、という気持ち。
現実では成し得ないそれが、とある出来事を中心にして、様々な側面を照らしていく過程で、
人物と事件を理解するだけの手がかりをもらえる、という理由で、ミステリーが好ましく、
また、娯楽性に長け、ユーモアのセンスやストーリーの進行法、構成といった面で、海外作品が望ましい。
国内作品ならば、エッセイでその人に触れるか、もしくは、わかりやすい時代劇で遊ぶのが楽しい。

例外も多々ありますし、いいトシして偏食はやめねばいかん、と右往左往しつつ、
結局、こんな理由もあって、海外ミステリーが大好きなんだな自分、ということを確認してみたかったのでありました。
ま、ただの好み、ってだけのこと、なんですけどね。
[PR]
by senrufan | 2013-07-16 14:59 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/20747629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by こっぺ at 2013-07-19 22:03 x
なるほどそうでしたか~。私はほとんど読まない分野です~。私もかなり偏ってて、ここ数年はノンフィクションばかりです。ミステリーっていうとべったべたの横溝正史なんてよく読みましたが、美少年が出てくるとまったく関係ない芸能人を登場人物に当てはめて好きになっちゃうという、妄想もいい加減にせえよなことをよくやりました。
Commented by ノンノン at 2013-07-19 22:57 x
なるほどなるほど、そういう意味で、お話の中の人物のファンにはなりますね。私の理想の人物は、ピーナッツのライナス君です。セキュリティブランケットを抱えてこそいますが(そして、同じくブランケット好きのスヌーピーとよく取り合いになりますが 笑)、考え深くて思いやりが深く、芯が強い男の子。ピーナッツの登場人物なので、当然ユーモアのセンスも上質で抜群。「小さな哲学者」と呼ばれています。

友達でミステリー好きな人は、「過去を舞台にしたミステリーだと、歴史的背景が時代考証をしっかりして描かれていることが多いから、いろんなことが学べるところも好き」と言っていました。なるほどな~、と思いました。
Commented by Miyuki at 2013-07-20 13:01 x
*こっぺさん
こっぺさんの読書量、すごいですよね! 専門分野の本もガンガン読んでいらっしゃるし、真剣に尊敬してます。私もちっとは勉強せーや、と思うんですが、勉強アレルギーでもあるらしく(ほんとに逝っていい)
あはは、さすが芸能通でもあるこっぺさんらしい! 横溝作品はあの表紙の絵にひいてしまって、ほとんど読んだことがないんですよねえ。江戸川乱歩は結構読んだ、と友達に言ったら、横溝は江戸川よりホラーじゃないから読め、と言われたんですけどね。美少年が出てくるなら読もうかしら。カバーをかけて。
Commented by Miyuki at 2013-07-20 13:39 x
*ノンノンさん
わあ、ライナスは私も大好きですよー! こんなに小さいのに、私をしびれさせてどうするの、みたいな!(聞いてねーよ) ノンノンさんと共通してて嬉しいです♪

それそれ、そのご意見に大賛成でございます! 私は歴史ミステリーも大好きなのですけど、正にその理由。ほかにも知らない世界を垣間見せてもらえるのが小説の楽しいところですよね~。
Commented by tomi at 2013-07-20 14:43 x
miyukiさん;こんばんは;
貴女も本を沢山集めて、私も本好きですが 16歳 「大地ーパールバック著」を読み、それから 「風とともに去りぬを」読み
未だ 高校生の時に 「ガス灯」を読みと本当におませな子でした、今ではもうムリです外国語の本は名前が覚えられない、(英語名はたやすいけれどーあたりまえか)ロシア文学は駄目ですこの人はなんだっけと前のとじょう人物欄をめくって先に進みません、この頃は恋愛小説が好き と 時代物 あさの あつこさん、など北原亜以さん、この方先日亡くなったですね。
剣客商売、鬼兵犯科帳、スリラーは余り好きでなく それに犯人探しの前に最後を先に読むといいます悪い癖。
私の 友人はパトリシア コーンウエル の大フアンで私に
Book Off で買ってと注文が来ます、彼女はシカゴ在住だから
Book Off が無いんです、私も Book Off の常連さんですよ。
Commented by Miyuki at 2013-07-22 11:18 x
*tomiさん
おおお、tomiさんも読書家でいらっしゃるのですね!(尊敬) しかも「ガス灯」を本で読まれたとは、くー、なんてかっこいい高校生♪ ロシア文学は確かに、英文学と比べて名前が一段覚えにくいですよね。どうしても馴染みが薄くて、と言い訳。
あさのあつこさん、私も好きです! 最初はジュブナイルから好きになったので、まさか時代劇に手を広げられるとは、と嬉しい驚きでした。
あはは、うちの父も、ミステリーは最期を読んでから、という派ですよ~。
ブックオフ、こちらにもないんですよお(涙) LAにはあるのに、なんでこちらに来てくれないのか。在ベイエリア日本人の悲願です(嘘)
Commented by 阿梨 at 2013-07-22 15:15 x
私、みゆきさんの本ブログでは読みたい本がいっぱいです。でもアメリカの紀伊国屋は高いので海外ミステリーまで手が回らない><
国内ミステリーで手一杯(涙)歴史物とか大好きなんです。
ダンブルドア校長素敵ですよね。ひねくれ者な私はスナイプ先生が大好きですが、、w(これは映画版でスナイプ先生を演じた俳優が好きな事もあり好きな気持が倍増w)藤沢周平さんや司馬さんは高校生の頃、父が持っている本を読みあさった記憶が、、、。藤沢さんは切ない話が多かった記憶です。今度みゆきさんにお会い出来る事があったら本の話を沢山したいなと思いました〜。
Commented by Miyuki at 2013-07-23 04:11 x
*阿梨ちゃん
あの中で読んでみたい本があったら、いつでも貸すからゆって、ゆって。日本のブックオフやアマゾンからの古本ばかりだけど(笑)
歴史物、いいよねえ♪ 実家にある司馬遼太郎とかが恋しいわ。
あはは、アラン・リックマン、私も好きよー。スネイプはアンチヒーローなヒーローで、彼も捨てがたし。
藤沢作品、そうそう、切なくて、しっとりとした肌触りと真面目さが同居する感じ。うん、今度また話そうね!
Commented by ノンノン at 2013-07-25 01:12 x
歴史「ミステリー」ではないのですが、そういえばNHKで歴史「ドキュメンタリー」でよくこんなのあったなぁと思い出しました。そうかぁ、松平アナウンサーのナレーションってこんな面白かったのか(笑)。

http://www.youtube.com/watch?v=ausU_e2KyeE
Commented by Miyuki at 2013-07-25 12:01 x
*ノンノンさん
いやー、全部観てしまったではないですかー! 懐かしいというか笑えるというか、あはははは!
松平さん、”ま”にアクセントのこだわりは良く覚えてます。例の事件後、この歴史ドキュメンタリーを担当された時は、がんばれ~、とこっそり声援を送っておりました(笑)


<< 入出力の品質は 維持継続には訳がある >>