その行動は誰の為

「あらゆる誘惑のなかでいちばん強い誘惑は、要するに本来の自分とはまるで異なったものでありたいと望み、かつ自分の到達できない、また到達してはならないような規範や理想を追うことです」
   ----- ヘルマン・ヘッセ
       (ドイツ人、作家、1877年7月2日生まれ)


震災復興支援チャリティーイベントのお知らせです。
日本からいらしてくださる、インド舞踊のグループ「むゆうじゅ」の皆様に、ベイエリアのアーティストが加わって、2箇所でコンサートを開いてくださいます。


mayumi-fukushima-and-hitomi-kiriyama-of-muyuju

・The Heart Sutra 般若心経 (Web
   7月13日(土) 午後2時~、San Mateo Buddhist Temple (FB
   7月14日(日) 午後2時~、Berkeley Piano Club (FB

  
  ・チケット:一般 $20/5~18歳 $10
  ・収益金は、宮城県南三陸町の曹洞宗津龍院に送られます
  ・お問い合わせは、friendsofasako@gmail.com まで

私も13日のイベントの方で、少しだけお手伝いさせていただきます。
近くなりましたら、もう一回こちらでお知らせ予定。
どうぞよろしくお願い致します。(ぺこり)

東日本大震災の為のチャリティー@ベイエリア

* * * * *

【イベント】

IMG_4261

チャリティーイベント繋がりで、先日友人達&旦那が参加した、チャリティーマラソンイベントの記録をば。
インドとアメリカに拠点を置く非営利団体・Vibraが主催するこちらは、白血病や悪性リンパ腫などの病気治療の為、資金を集めるイベントでございます。

旦那は若かりし頃から、時折ジョギングしていたのですが、ここ1~2年、それが加速して、
今では平日も週末も、時間を見て、ジョギングを楽しむ生活です。
高まっていく彼のジョギング熱と、生野菜&果物好きのカーブが正比例していることに、勝手にほくそ笑む妻です。
でも、絶対一緒には走らない、長距離走が死ぬほど嫌いな妻です。つか、走ったら死ぬから。

我々のお友達のDr. Hoshiは、フルマラソンの経験者。
奥様もDr.に励まされて、昨年ハーフマラソンを見事完走されたのですよ。
そんなご夫妻と、もう一人のお友達のMさんが、今年もどこかで走ろう、となった時、うちの旦那を引っ張り出してくださったのでございます。

それは大変光栄なのですが、皆様と旦那の間には、20歳という年齢の差が。
大丈夫かああぁぁ、と青くなる私を尻目に、盛り上がった彼らが申し込んだのが、こちらのイベントでございました。




IMG_4264

つーても、決めたのが遅めだったので、ハーフマラソンではなく、10kmレースにエントリー。
以来、週末は一緒に練習したり、その後に宴会したり(……)しているうちに、いよいよ本番がやってまいりました。

場所は、San Joseの南にある、Hellyer County Parkにて。
大きな池の周りを、ぐるっと周るコースです。
おー、水鳥が沢山いるいる、と喜んだのですが、その分、芝生に彼らの落し物があちこちに。


IMG_4284

テーマカラーがグリーンだそうで、緑色のシャツなどを身に着けてきてくださいね、という呼びかけがサイトにあったので、グリーン率が非常に高し。
ゼッケンと一緒に、グリーンのTシャツももらえるので、そのまま身に着けた方々も多かったみたいですね。

チームHoshi(勝手に)は、奥様だけが自前のグリーンTシャツで、あとは全員、別な色。
おかげで、どこにいるか見つけられやすかったので、それはそれで無問題。
レース前に、スタッフの号令に合わせて、皆でストレッチですよ。


IMG_4290

時間になって、一斉にスタート!
……なんだけど、スタート地点にたどり着けるのはいつ頃なのだ、というぐらいの長蛇の列。
皆さん、えらいなー、がんばれー。


IMG_4302

タイムや順位をターゲットにする方々がいらっしゃる一方で、楽しく完走することを目指す方々もおられるのが、こういうレースの楽しいところ。
小さいお子さんも意外と沢山いて、彼らのはしゃぎっぷりも可愛らしいったら。

でも、実際に走ったチームメンバーによれば、道が狭かったので、子供達が意外な邪魔になったとか。あらあら。
やっぱり子供ですからね、別なものに気をひかれて立ち止まったり、ぐずったり、というのが所々であったのに、抜こうにも抜けなかったりして、なかなか辛かったそうですよ。


     IMG_4313

レースの間、私は車の中で、友達に借りたマンガを夢中になって読んでおりまして。てへぺろ。
1時間半が目標、と奥様がおっしゃっていたので、もうすぐ1時間、という頃に、ゴールに向かったのですよ。

そしたら、すでにDr.とMさんはゴールされてて、大慌て。
奥様と旦那もすぐゴールして、いやー、皆さん、すごいわー!
私ときたら、「全員のゴール写真を撮る」という目標すら達せられませんでした……最低だ。

その後は、食事が用意されていたので、皆でのんびり休憩&ご飯。
インドらしく、インド料理が盛られた一皿と、ベーグルやコーヒーケーキ、オレンジやバナナがずらりと並べられておりました。
お土産にエコバッグをもらって、撤収です。


     IMG_4287

夜は楽しく、我が家で打ち上げ宴会を。
これが楽しみなんだよねー、とは全員一致の意見でありました。

次なるイベントを物色中の彼ら、果たして再び10kmか、それともハーフに挑戦するのか、それは決まってからのお楽しみ。
チームHoshiの全員に惚れ直した私、次回こそゴールで張ってやる、とささやかな野望を胸に刻みつけたのでありました。


     IMG_4346


Vibha Dream Mile 5k/10k/Half Marathon
Hellyer County Park
San Jose, CA 95111
[PR]
by senrufan | 2013-07-02 13:04 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/20681323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< くぐる暖簾を掲げたら (11) 大輪の笑顔で迎えよう、夏到来の七の月 >>