重ねる慶事は幸福の

「自信の上には奢りがあり謙遜の下には卑屈がある。決して、自信に堕ちるな。謙遜に満ちるな」
   ----- 大滝秀治
       (日本人、俳優、1925年6月6日生まれ)


     IMG_4389crop

先日、マクロビ仲間でベビーシャワーをして、安産を祈願していたerinちゃん。
無事に、元気な赤ちゃんを出産、という偉業を成し遂げられましたです。
仲間全員で万歳三唱、あーんど、感動の涙が溢れまくりましたとも。(うるうるうるうる)

菜食中心のご夫妻らしく、完全自然分娩、しかもActive Birthを選択されたので、色々楽しい&珍しい体験談が目白押し。
助産師さん(Midwife)やドゥーラとのお話に始まって、出産後の胎盤処置や、病院からおうちまで届けてくれる、身体に優しいご飯のケータリングサービスなど、
そばにいた私まで、おおおお、と思うことが沢山。

落ち着いてきたら、ぜひこのあたりのお話を、ブログなりで書いていただきたく。
ベイエリアの病院で自然出産をのぞむお母様方に、素晴らしいガイドとなるでありましょう。
子守は引き受けますから、何卒、なにとぞ。
なんなら、材料をくれれば、私が代わりに書くからねー。

* * * * *

【個人的事情】

     IMG_4113

erinちゃんの出産前に、5月のtamachanレストラン。
Natsukoさん、Mikaさん、erinちゃんと、いつもの仲間でおじゃまだよ。

今月も、旬の素材がてんこ盛り。
tamachanのアイディアが溢れてる。




IMG_4115

この季節だけの限定、葉ニンニクとポテトのポタージュ
ガーリックの香り豊かなスープ、どきどきしながら口に入れてみたら、んまあ、なんて爽やかな風味なの。

これは、ニンニクとは言わないでいただきたい。Green Garlicと横文字で呼んでいただきたい。
そんなことを力説したくなるような、ちょっと特別なガーリックスープ。


IMG_4116

どーん!と力強いメインの一皿は、タケノコのバルサミコステーキのサラダ添え。
見た目にかなりのボリュームだけど、これがぺろっ、といけちゃうんだな。


IMG_4119

ゴールデンビーツとグリーンリーフサラダは、tamachanの下ごしらえが生きている。
果物の風味が優しいドレッシングに、歯応えばっちりのビーツは、いついただいても美味しいね。


IMG_4118

生筍を使いたかったところ、もう姿を消してしまったので、茹で筍を使ったそう。
だけど、tamahanにかかれば、そんなの無問題。
ムニエルにした筍に、酸味が程好いバルサミコ。上から、貴重な山椒をグラインド。
筍とバルサミコって、こんなに合うんだねー、と嬉しい驚き。


IMG_4123

そら豆のリゾットは、味わいと香りが豊かでね。
玉ねぎと出汁、そしてベジチーズを使っていて、甘味とコクのバランスがすんばらしい。
いつもながらtamachanの味付けは、私にとって、Just Right、なんだよなあ。


IMG_4127

食後のデザートは、苺のタルト
わははは、いちごがおっきいねー。

ココナッツ風味のクリームに、上からかかったココナッツパウダー。
さらりと優しく、すうっ、と身体に溶けていく。
ヴィーガンクラストはなかなか難しいのだけど、やっぱりさすがの仕上がりでした。


     IMG_4111

実はこの日、tamachanのお誕生日当日だったの。
誕生日に働かせるって、どんな罰ゲームだよ、って感じで、ジャンピング土下座。

でも、私達にはラッキーだよ。だって、たまたま予約した日が、誕生日。
貴重な当日に、一緒にいられるなんて、こんな嬉しいことはないんだな。

ということで、ささやかなお祝いを用意して、ドアを開けたtamachanに、
「サプラーイズ!!」
とやったのさ。
あの時のtamachanの顔ったら、鳩豆そのものだったよねえ。(にまにま)

素晴らしいご馳走を、ありがとう。
お祝いさせてくれて、ありがとう。
今度このメンバーで集まる時は、erinちゃんの天使も一緒にね。

まずはその前に、6月のメニューを楽しみにしております。(予約済み)

 
 tamachanレストラン訪問記録 : グランドオープニング
[PR]
by senrufan | 2013-06-06 09:49 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/20565727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< その地図は多彩な色に満ち 小さな足が、海を越え (4) >>