小さな足が、海を越え (4)

「人生はマラソンなんだから、100メートルで一等をもらったってしょうがない」
   ----- 石坂泰三
       (日本人、経営者、1886年6月3日生まれ)


     IMG_4228

庭にあるフェイジョアの木に、白とピンクの花が咲きました。
こちらだと、パイナップルグアバと呼ぶほうが一般的かな?

花に気づいて、へえ、初めて見た、と思った後で、あれ、なんで初めて? と考えるに、
そうでした、ちょうど一年前に、この家に引っ越してきたのでした。
入居した時に咲いていたのかもしれませんが、引越し・お嬢の卒業・日本行き、と怒涛のような日々で、庭をのんびり眺める暇もなかったのですね。

帰国子女受験の始まりから、一年を経て。
終わった後で、なんでここまで、と自分でもイヤになるほど、色々考えては、ぐるぐると周ってしまっているのです。

* * * * *

【学校】

IMG_3984

ぐだぐだシリーズ、第4回。
えーとえーと、今回は……面接について少し、だけ。
踏み込むと、これまた泥沼なテーマです……

さて、帰国子女受験では、面接を入試項目に挙げている大学が多いわけですが。
日本の大学で面接、と言えば、推薦入試やAO入試などぐらいかなー、と思っておりましたら、今では国公立でも行われているんですね。




お嬢が大学に通い始めて、いろんなクラスでお友達が増えてきて、驚いたことの一つのは、推薦入試やAO入試で入った子が、予想以上に多かったことだそうです。
彼女が通っているのは私立大なので、そういった新しい形の入試を導入しやすく、また言い方はアレですが、国公立より受験が早い分、「学生の青田買い」がしやすいのかもしれません。

アメリカの大学も、面接は大学によって色々で、日米大学のどちらも、面接をする目的としては、
「どんな子であるか」を見極め、「欲しいかどうか」について答えを決める、ということにあると思うのですが。
やっぱり、なんとなーく両者の印象は、微妙に異なるように感じます。


     IMG_4015

お嬢のこちらの塾の同期で、大変優秀な子がいたんですよ。
ほとんど海外で生まれ育ったような彼ですが、日本人が多い学校でずっときたので、むしろ英語の方に苦労が多く。
といっても、それは彼の中での話であって、傍から見れば、日本語も英語もネイティブ、どころか、両方ともかなりのレベルの成績を修めていた、素晴らしいバイリンガルなのでございます。(勝手に自慢)

それでも彼が言うには、英語だと自分を出せない、と。
日本語で、日本人といる時の方が、本当の自分なのだ、と。
様々な理由で、「アメリカが肌に合わない」という意識がある彼が、日本の大学を目指したのは、不思議でも何でもありません。

その彼は、日本の大学の前に、アメリカの大学も、少数ですが受けたのですね。
後日、お母さんから、彼の面接体験の話をうかがいましたら、
米国での第一志望だった大学の面接の時、彼は、自分がいかに努力してきたか、どれだけのことをやってきたかについて、一生懸命語ったのに、
自分はこういうことができて、大学に入ったら、こういうことがやりたい、ということについて、いっぱい話した学生の方が採用される結果になったのだそうです。

彼がアメリカが嫌い、と思う理由の一つが、「口が上手いヤツが勝つ」という傾向がある、ということだそうですが、彼にとっては、この面接も、その証。
改めて、自分の努力を重視してくれる、日本の大学を目指す意志を固めることになったようです。

このことについては、あくまでお母さんからの又聞きですので、実際、彼自身が語れば、どういう内容になったのか。
本人から聞けるチャンスがあれば良かったんですけど……残念だなあ。


     IMG_4011

このことをお嬢&仲間達に話したところ、一体何を言ってるの?という反応だったのですよ。
努力してきたなんてことは当たり前であって、話すまでもないことで。
それより、自分がどうしてその大学に入りたいのか、入ったらどういうことをしたいのかについて、
更には、自分がその大学にどういう貢献ができるか、ということが一番述べなきゃいけないことだ、というのが、彼女達の主張であったのです。

そういう感覚のお嬢が、日本の予備校で受けた、面接練習の際。
「私が大学から沢山学ぶと同様に、私自身も大学に貢献できるようになりたい」
と話しましたら、試験官役をつとめてくださった方から、
上から目線だから、やめたほうが良い。あくまで学ばせていただく、という姿勢を大切に」
と指導されたそうですよ。

まあ、これはあくまで、この時の試験官の方の感覚によるもので、
日本の大学が全部そう、などとは思っておりませんが。
それにしても、象徴的なエピソードだったな、とは感じます。


IMG_7741

アメリカの大学の選抜方法を聞いていると、日本の就職面接に近いようなイメージを持つんですね。
成績表も大事ですが、それ以上にエッセイや課外活動、そして先生からの推薦状を元に、
この生徒は一体どういう人間か、ということを吟味した後、その子が大学にとって有用な人材かどうか、に加えて、その大学と相性が良いかどうかについての考えが、大変に大きなポイントのように思います。

だから、SATや学業成績は、それほど大きなウエイトは占めてない、というと語弊がありますが、
ある程度のラインを突破すれば、課外活動の選び方や履歴、エッセイからうかがえる考え方や価値観が、非常にモノを言う。
なので、先生からの推薦状も、あくまで「Letter」でなければならないわけで。
日本のようなアンケートもどきから、一体どれだけその生徒の人間性がうかがえるというのでしょう。

またそれは、生徒側にも言えることで。
オープンキャンパスもだいぶ増えてきたようですから、どんどん訪問するべきだと思いますし、
興味のある本や記事を目にすれば、その著者である先生を追う、なんてことも良いでしょう。
ブランドではなく、大学や先生との相性を、自分なりに考えていけばいいのになあ、と思うのです。
一般受験で面接が取り入れられるようになってきたのなら、ますます、と思うのです。


お嬢は今回の受験で、3つ受けたのですが。
第一志望の前に受けた学校の面接が、大変楽しくて、笑顔で帰ってきたのですよ。

3人の先生方との面談だったのですが、どの方も博識でいらっしゃって。
お嬢の興味のある分野についても良くご存知な上、話の引き出し方がお上手だったので、
大いに話がはずんで、あっという間に時間が過ぎてしまったそうなのです。
第一志望が受かった後も、あんな先生方について学べるなら、と、その大学が捨て難く、しばらく悩んでいたほどでした。

面接とは、お見合いみたいなもの。
いくら学歴や肩書きが立派でも、相性が悪ければ、そこから進まない方が良い。
そういうところに行くより、お互いに両思いになれる場所を探した方が良い。
そんな風に思うのですけれど。

上述の彼に言わせれば、そういう、形にできないことで判断されるより、
努力の結果であるテストの点数で選抜される方が、よほど公平である、ということになるのでしょうか。
その「公平さへのこだわり」が、日本ならではの特色である、ということの発見と、
それについての感じ方が、私がここまで悶々とする理由の一つ、なのでございました。
[PR]
by senrufan | 2013-06-03 12:29 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/20549657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by さく at 2013-06-05 22:47 x
うーん、とても深い。これってほんと日本社会とアメリカ社会の違いでもあるよね。日本の会社に勤め始めた私は、やっぱりちょっと違和感というか、ああこれが日本社会だったなあと思い出させられることも。自分をきちんと表現できる人材なんて日本の会社には必要ない、と言い切ってしまってはいけないけれど、極端な話、企業も「働かせていただく」という謙虚な姿勢で、周囲にちゃんととけ込めて、まじめでいつも気配りがあり。。。って結局別に突出した人材でなくてもいいわけですね。
やはり優秀な日本企業はたくさんあるけれど、ばーんと力強いのはでてこない。確かな技術と地道な研究と信頼のもとに、というのが日本企業。驚くような発想でつぎつぎとアイディアを打ち出してくるのが米企業。どちらが優れているとかではないけれど、なんかどちらの教育を受ければそうなるのか、が何だかくっきり見えるような今日の内容でした。ありがとう。
Commented by Miyuki at 2013-06-06 10:20 x
*さくさん
うんうん、どこが、と明確に言葉にするのは難しいのだけど、「違う」んだよね。でもって、どっちが「えらい」とか「悪い」とかいう話じゃないんだよね。「外国かぶれ」とか「日本贔屓」とか、そういう論点で話すことでは絶対ない、ということをわかってもらえないと、先に進めないのだな。
今回の経験で、今の日本を日本たらしめたこととか、とにかくいろんなことがぐるぐる頭の中を回ってて、整理がつかなくて困ってます(涙) なんだけど、さくさんのように、実際にこちらで子育てしたお母さんには、わかってもらえることなのかも、と思ったら、少し元気が出たですよ。私こそ、ありがとう!
Commented by tomi at 2013-06-07 14:47 x
miyukiさん;コメント有難うございます。
本日の 「お題」 私の出る幕は無いんですね、子無しだから
長く住んでも友人の話と聞くだけで、後は一般論を聞いたり書物で読んだり、経験談を聞くだけだから。
でも 私の姪は 関西外語大に居て ユタ大学に1年留学して卒業したのです、3年前に、よく私に現況をメールできましたが
日本の大学の3年間より ユタ大 の1年間の方が中身が濃かったと言って居ましたね、それでどうしたかと言いますと日本人だから日本国で就職ですね、先日も会いましたが入社2年目で東京転勤、そうして今年は又大阪転勤となぜにこの子が培った経験は役立ててもらえないのかな と 思いました、アメリカだったらもっとチャンスがあったらろうにと思いましたよ。身びいきかな(笑)。 
Commented by Miyuki at 2013-06-08 10:02 x
*tomiさん
なにをおっしゃいますか、人生の大先輩として、tomiさんからいただくお言葉はとても嬉しいです!
姪御さん、そうでしたか~。良い経験をされましたのは、ご本人がそれだけ頑張られた証と思います。きっと必ず姪御さんの糧になっていることと信じます。
今アメリカも不況で、一流大学を出ても就職が見つからない人達も大勢いますよね……うちの娘の時も一体どうなっているやら。なので、今はひたすら、彼女自身を大きくしていってほしいと願うばかりです。


<< 重ねる慶事は幸福の 鞄に詰める思い出は、彩り鮮やか六の月 >>