後発でも後追いとなるなかれ

「人間の本質は変わらない。でも時代は変わる。だから、立ち止まるわけにはいかないと思います」
   ----- 中村勘三郎(18代目)
       (日本人、歌舞伎役者・俳優、1955年5月30日生まれ)


     IMG_4253

元・地元市(……)のファーマーズマーケット。
少々距離ができましたが、大好きなので、やはり時々通ってます。

日曜の市の方に出店されている、King Oh Mushroomsさん。
日本人のJiroさんのこちらの屋台は、そのお名前通りにきのこがメインですが、その横で日本の方々が喜ぶ野菜も売ってくださっているのですよ。
かぼすと柚子が販売されていた時は、大喜びで買い込んで、酵素ジュースを作ったり、ジャムを作ったり。
先週おじゃました際には、梅を買わせていただきましたですよ。(嬉)

マクロビ仲間の間で人気なのは、こちらの里芋です。日本の里芋と同じ種類なんですよー。
カリフォルニアに来て以来、ずっとタロ芋で代用していたので、これまた大喜びで買ったです。

きれいに洗って、皮をこそげとっていく最中に、いやもう、手が痒いのなんのって。
そうだった、里芋ってそおゆうものだった、と、ようやく思い出したです。遅いっつーの。

こちらのお芋が、本物である証拠だなあ。
ひりひりと痒い手を酢で洗いながら、涙目で喜んだのでありました。(いいこと探し)

* * * * *

【レストラン】

IMG_3952

合間に挟む、現在日記。
グルメ師匠のやまばとさんが、ずっと気になっていた、とおっしゃるお店。
対岸のオークランドまで、運転手まで勤めて、連れて行ってくださったのだよ。(感謝!)
不肖の弟子のくせして、恐縮至極。おかげで、道中まで楽しかったのなんのって。

オークランドのJack London Squareに来たのは、ほんとに久しぶり。
というより、今まで2~3回しか来たことないじゃんね。(殴)
とっても天気が良かったので、JLS内を散歩するだけでも楽しかった日に、美味しいものまで食べられるとなれば、気分は上々を超えちゃうね。




IMG_3963

IMG_3959

店内は相当広くて、テーブル数もかなりのもの。おまけに、外テーブルも結構な数。
天井から下がる、沢山のガラスのライトもとても素敵だけど、この手の内装には、だいぶ慣れてしまったな。

2人でメニューを見ながら、野菜系メニューをあれこれ物色する。
一般的なオードブル・サラダ・メイン、と言った分類ではないところが面白い。
ということで、From the Pantry(オードブル)から1品と、From the Garden(サラダなど)から2品、そしてFrom the Oven(焼き物メニュー)から1品を選んで、注文だ。


IMG_3975

Mushroom Escabecheは、CreminiとKing Oyster、Pippiniというきのこを調理して、オリーブオイルとシラントロで和えたもの。
オードブルメニューからだったから、量は小ぶり。

エスカベッシュという名前から、甘酸っぱいものを想像していたら、正にその通り、というか、想像以上に酸味が強かった。
きのこの調理具合が良い感じで、うむ、ビールが欲しくなる。


IMG_3972

Pea Tendril & Jicama Salad
旬のえんどう豆や空豆、その葉類、そしてヒカマを合わせて、オレンジ・ヴィネグレットで和えたサラダ。

ヒカマの歯応えと豆のほっこり感で、食べてて楽しいサラダだよ。
今年の春は、日本に行っていたせいもあって、大好物のFava leavesを買い損なったので、こおゆうところで味わってみる。(しくしく)
多めのドレッシングに、カイエンペッパー?と思う辛味もあって、これまたビールが欲しくなる。


IMG_3979

唯一の動物性ありメニューが、このQuinoa
それでもメニュー上は、From the Gardenのグループに入ってる。
キヌアに、チェリー、クレソン、鴨のコンフィを混ぜて、Marash chiliと白バルサミコヴィネガーで味付けしてあるんだって。

今回一番気に入ったメニューが、こちら。
キヌアの美味しさや鴨の柔らかさが良かったのもあるけど、味付けが一番穏やかだったから。(おい)
これはふんわりキヌアも、ところどころ甘いチェリーも、色々楽しめて美味かった。


IMG_3977

オーブンメニューから、Asparagus
アスパラガスやグリーンガーリック、Fava leavesに、レモンとハーブ(Epazote)、バターをつけて、じっくりグリルしたものっぽい。

香ばしさ、焼いたアスパラの甘さ、グリーンガーリックの爽やかさなど、とても良かったんだが、いかんせん、かなり油っこい。
これまた、ワインが欲しくなる。
個人好みでは、もっと調味料を減らして、野菜の味そのものを楽しみたかった、とは思うけど、この香ばしさは捨てがたい。


     IMG_3965

内装も外装も素敵で、お店の方々も親切で、メニューも工夫を凝らしてて。
噂には聞いていたけど、最近のオークランドは、ほんとにすごいよね。良い店がどんどん増えてるんだね。

ただ、この手の内装、この手のメニューのお店が増えている、ということで、どうしても先に行ったお店での感動が大きかった分、後のお店は不利だよなあ。
つか、それもたまたま私が行った順番が後だった、というだけだもんね。
まあ、私ごときに評価されなくても、何の問題もなかろうが。

というわけで、先発店達(勝手に)と比較して、個人的感動はやや下回ったものの、こちらのお店のファンは多いであろう、と思われる。
現に、かなりの席数にも関わらず、お昼にはほとんど満席になってたよ。
皆さん、ワイングラスやビールのグラスを片手に、という方々が多く、だったらさぞかし美味しいだろうなあ、と眺めたよ。う、うらやましくなんかないんだからねっ。

それにしても、結構な量のお水をいただいたお店でありました。


IMG_3980


Bocanova
55 Webster St
Oakland, CA 94607
[PR]
by senrufan | 2013-05-30 02:03 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/20525566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by さくちん at 2013-06-01 04:25 x
ソラマメの若いはっぱ、おいしいよね。まんごちゃんも大好きでした。また家庭菜園やりたいなあ。きのこもおいしそうだなあ。このカウンターのお兄さん、遠目で一瞬おやぢに似てるのでぎくっとしました。もっとおでぶで年取ってるけど。
Commented by Miyuki at 2013-06-01 13:11 x
*さくちん(うぷぷ)
美味しいよねえ、そらまめ葉♪ え、まんごちゃんが……これから涙なしには食べられなくなるじゃないですか。家庭菜園、ぜひ我が家の庭を使っていただきたく。緑の指のさくさんに大いに期待です。え、おやぢさん、そうなんだ! 今度写真を見せておくんなさい(真顔)
Commented by tomi at 2013-06-02 14:56 x
miyuki さん;
相変わらず 新しいレストランの発見ですね。
やっぱり 北は南より ベジタリアン が多いのか良いお店がありますね。
これの解説じっくり読んでいます 自分でもクックしようと思ってね。
豆は良いですね、いつも少量つつ分けて冷凍庫に入れています、一遍に煮てね。
夫は あづきが好きで沢山炊いておくと自分で少し冷凍庫から出しては 砂糖を入れてお汁粉を作って居ます、お餅などいれて 私はお汁粉は余り好きでなく、お餅も子供の頃から好きでなかったな。
こちらにも フリー マーケット は有りますが日曜日が多く
日曜日は教会に行く日でいつもチャンスを逃します、この間 フリー マーケットで買った 野菜がとても美味しかったですよ。
Commented by やまばと at 2013-06-03 02:00 x
ベイエリア出戻り組としては、「ウォーターフロント&ヨットハーバー!!」で
人混みもなく、オバトーク(by やまばと)可←若いカップルのお邪魔にならず
というそれだけで、その他は度外視、大甘採点の当日でした。

でも今思い起こせば、お水はもとより、パンと一緒で丁度な味付けだった
というまぎれもない事実が(笑)。
Commented by Miyuki at 2013-06-04 11:04 x
*tomiさん
はい、パターン化した日記でございます。(ニガワライ)
こちらのお店はベジタリアンではないのですが、ベジな人でも十分な数を注文できるだけのメニューがある、というのがありがたいですよね~。ぜひtomiさんオリジナルのメニューを作られてください♪
豆の小分け冷凍、大賛成です! 豆は一気にまとまった量を炊くほうが美味しいですものね。私も小豆の冷凍は欠かせません。
確かに日曜の市は、教会に行かれる方には難しいですね(汗) 私は土日もありがたいのですけど、できたら週半ばにも開催してほしいんですよねえ。車で4~50分のところに行けばあるんですけど(涙)
Commented by Miyuki at 2013-06-04 11:06 x
*やまばとさん
その節はお付き合いくださって、本当にありがとうございました!
あははは、感動ポイントが別なところにあったとは! いやいや、ベイエリア最先端の流行、みたいなお店でしたからね。お客様が多いのにも納得。

そでした、パンの存在を忘れておりました。私も、いつになくパンを食べる量が多かったのでした。(遠い目)


<< 鞄に詰める思い出は、彩り鮮やか六の月 本来の自分に戻る場所 >>