「ほっ」と。キャンペーン

本来の自分に戻る場所

「原因と結果は、空間的にも時間的にもかけはなれている。
病気や死亡の原因をつきとめようと思えば、見た目には関係もない、
いろんな分野の研究成果を集めて、はじめてわかることが多い」
   ----- レイチェル・カーソン
       (アメリカ人、生物学者・作家、1907年5月27日生まれ)


IMG_3698

IMG_3700

4月2日に新規開場した、歌舞伎座。
その数日前に、ちょうどすぐ近くに行ったので、外からつらつらと眺めてまいりました。

あら、白い。というのが、正直な第一印象、って、まんまじゃん。
強い感動やがっかりもないというか、へえ、こうなったんだー、と素直に眺めてきたですよ。
高層建築が立ち並ぶ銀座という街中で、新入りの建物は、意外と浮くこともなく、落ち着いた佇まいであるように見えました。


IMG_3679

IMG_3680

面白かったのが、地下鉄の東銀座駅から直通になったこと。
しかも、いつもの通り、何も調べないで行ったので、改札を出てから気づいたこと、ですね。(にっこり)

「歌舞伎座」の巨大提灯やお土産物屋さんもあって、観客以外としても楽しめるところ。
歌舞伎がまた一段、身近になる働きをしてくれるかもしれません。

舞台の大きさは、日本一。舞台装置も、日本一。
座席も少々広くなって、座席の前には字幕ガイドもあるそうです。
いつかここで、観劇できる日が来ればいいのになあ。


歌舞伎座
〒104-0061 東京都中央区銀座4-12-15

* * * * *

【レストラン】

IMG_3684

実はこの日、歌舞伎座を見に行ったわけではなく。
向かったレストランが、たまたま歌舞伎座の裏だった、というわけで。

ずっと前から気になっていた、銀座のヴィーガンレストラン。
大尊敬する先輩との嬉しい再会の場に、こちらを選ばせていただいたの。




IMG_3685

レストランの客席は、1~3階に分かれてる。
開店すぐの時間に入って、2階に行ってみたら、ちょうど撮影の真っ最中。
うわあ、寄っていって、コツをうかがいたい……(我慢)

数年ぶりの再会で、ソッコーで怒涛のおしゃべりに突入したかったけれど、まずはオーダーしなければ。
ランチメニューの中から、2人でスープランチを選んだよ。
それに、サラダパフェなるものを追加した。
お店の方の薦め方が、ああ、好きなんだなあ、と大変良い感じであったので。


     IMG_3690

最初に、その那須高原のサラダパフェが運ばれて。
ヴィーガンチーズディップとドレッシングが添えてあって、好みでつけて食べられる。

このお野菜、本当に美味だった。
しゃきしゃき・ぱりっ、と歯応えも素敵で、何より味が濃いんだなあ。
ディップもとってもんまかったけど、そのままで食べても、ぐっどだよ。

こちらは、有機循環農法で育てられているんだって。
農家さんのご努力に、そして購入されるお店の方々に、ありがたや、と手を合わせたくなっちゃうね。


IMG_3691

サラダがほとんどなくなった頃を見計らって、ランチプレートが運ばれて。
今日のメニューは、トマトスープでありました。


IMG_3692

色鮮やかなトマトスープは、トマトだけじゃない、沢山の野菜が入ってる。
それぞれの味が濃いからこそ、野菜だけでも濃厚な味わいに。
食べ応え十分、心までほっこり、な円やかさ。


IMG_3693

玄米ご飯は、尾形なつさんの玄米だって。
程好くもっちりと、適度にあっさりと。炊き加減も良い具合。

本日のデリは、マスタード風味っぽい青菜のホットサラダ
ご飯に良く合って、こちらも嬉しい一品だね。


     IMG_3696

そして、最後のデザート&飲み物。
今日は、ブラウニーのヴィーガンホイップクリーム&チョコレートソース添え
濃厚な甘さなのに、後味がすっきりなのが良いところ。
クリームもさらっとしてて、うん、美味である。


美味しいお料理がはずませてくれるのは、先輩との楽しい、楽しい、ひと時で。
数年分の空白を埋める必要もなく、ただ現在のあれこれをうかがったり、話したりするだけで、あっという間に過ぎてゆく。

NYに7年住んでいらっしゃって、帰国子女の事情も詳しくご存知でいらっしゃる先輩は、
私の中から、形になりきらない疑問や悩みまでも引き出してくださっただけでなく、
全然気づかなかったこと、知らなかったことをも、沢山たくさん、教えていただいた。

いろんな人に甘えっぱなしの私だけれど、改めて、不安でたまらない時に、先輩に甘えられる心地良さ、泣きたくなるほどの安心感。
学生の時に味わった気持ちに、また巡り会えた幸せを、美味なお料理と一緒に噛み締めながら、しみじみと味わってきたんだよ。


IMG_3697

お料理も素敵で、お店の方もナイスで、お店の中も心地良い。
4~6階は、予約制の完全個室となってるそうで、パーティやお座敷も楽しめる。

菜食を意識することなく、美味しいお料理をいただけるこちらは、ベジィへの気持ちを新たにしてくれるお店であるんだよ。


AIN SOPH.GINZA (アインソフ ギンザ)
〒104-0061 東京都中央区銀座4-12-1

*-*-*-*-*-*-*-*-*

     IMG_3819

実はこの日のしばらく後、友人母娘と一緒に、新宿にあるアインソフにも行ったんだ。
そちらも同様に良い感じであったので、駆け足だけど、記録だけ残しておくんだよ。


     IMG_3813

IMG_3815

IMG_3818

美味しかったサラダパフェは、今度はヴィーガンバーニャカウダソース添えで、またもや美味。
尾形なつさんの玄米ご飯に、トマトベースのハヤシライス
好みよりは甘さと味が濃かったけれど、喜ぶ人も多いだろうなー、というお味。
抹茶のしっとりケーキも、悪くなかったです。


     IMG_3809

新宿三丁目駅の出口すぐのところにあるので、あちこち行くにも便利な場所。
こおゆうところに菜食レストランがあるというのは、ベジィな身には、ありがたいことこの上なし、でありました。


AIN SOPH.JOURNEY (アインソフ ジャーニー)
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-8-9 新宿Qビル1F. 2F. B1F
[PR]
by senrufan | 2013-05-27 03:10 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/20510221
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Rogi at 2013-05-30 09:32 x
Miyukiさん、ご無沙汰です!アインソフのお食事、美味しかったぁ。次は母娘4人でぜひ!!歌舞伎とセットで、なんていうのも素敵かも~。首を長くして待っていますよ。
Commented by 阿梨 at 2013-05-30 15:06 x
わあ〜、ここのご飯も食べてみたい!日本に帰国時は前回のお店と会わせて行ってみたいな。やっぱり一人だとお野菜や果物が圧倒的にとれてないなと反省の今日この頃です。
Commented by Miyuki at 2013-05-31 11:26 x
*Rogiさん
お久しぶりです~! この時はお付き合いくださって、本当にありがとうございました。気に入っていただけたなら何より。うん、今度は4人で行きたいね~♪ 歌舞伎とセット、おおお、素敵すぎて身震い。
今、一段とRogiさんに会いたいですよ……こちらに来られる時がありましたら、どうかご連絡をば!(懇願)
Commented by Miyuki at 2013-05-31 11:28 x
*阿梨ちゃん
うふふ、こちらもお薦めよ~vv お店の内部も素敵だし、女性客多しで華やか。機会があったらぜひ! 私は逆に野菜と果物しか摂ってないから、これはこれでヤバいかも(汗)


<< 後発でも後追いとなるなかれ 小さな足が、海を越え (3) >>