コツを掴むコツ

助詞の「は」と「が」の使い分けは、それだけでレポートが書けるほど沢山ルールがあります。
などと語らされた、本日のカレッジ。

b0059565_2244212.jpg
アスパラガスが余ったので、今日の夕食はアスパラのリゾット。
旦那がいるとどうしても和食、少なくともご飯&味噌汁は欠かせない、ということになるので、こういうのはせいぜい週末か、鬼の居ぬ間に。
リゾットを作る時にいつも思うのが、米の硬さ。スープなどで煮込みながら、どれだけ柔らかくなったかをチェックするのだけど、なかなか好みの硬さに仕上げるのが難しい。
芯がちょっと残ってて、でもシューシィというようになってくれれば文句なしなのに。
ま、要するにヘタということです。
パルメザンチーズを山盛り混ぜて出来上がり。

これを作っている時、白ワインの新しい瓶を開けようとした。
うちにあるコルク抜きは、スクリューをコルクにねじこんでいくにつれて両手が上がるあの形のもので、今まで失敗なし、正に私のようなall thumbs人間にふさわしき物であるのだが。
今回、ねじこみが足りなかったようで、両手を下に降ろしてコルクを抜こうとしても、半分ぐらいまでしか持ち上がっておらず、びくともしない。
仕方なく一旦栓抜きをはずし、再び同じ穴に差込み、今度は念入りに下までねじりきる。無事コルクはポンと抜けたものの、今度はスクリューの上までコルクがはまりこんでいて、栓抜き本体に隠れて指が届かず、コルクをはずせない。
結局ペンチを持ち出して、コルクを挟み、ぐいぐいと回しました。ちょっとコルクくずがこぼれるコルク栓の出来上がりでした。

……いいんだ。どうせ料理用として買った$1.99のワインだし。

以前、日本から後輩が遊びに来て、一緒にNapa Valleyに行った時、彼が買い求めたのは、ピンセットが広がったような形の栓抜き。薄く細長い金属板が2本あり、それを瓶とコルクの間に差し込んで引き出す、のかな。実際の現場を見てないから分からないが。
彼がレストランで、ウェイターがそれで素早く抜いたのを見て感動し、ずっと探していたそうだ。確かに小さく薄く、カードサイズでお土産にも良さそうだったけど。
さて、「サルでも抜ける栓抜き」と言ったら、一体どのタイプのものが最適なのかな。
[PR]
by senrufan | 2005-02-16 02:19 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/2050582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ぱんな at 2005-02-18 14:14 x
あたしも「万歳」スクリューよー。「はい、下にー」と下げるとき、気持ちいいよねえ。リゾットうちの父ちゃん、大好きなんだよー。南イタリアに行ったとき、レモンリゾットっていうのを食べたんだけど、美味しかったあ。シンプルリゾットなの。出来上がりにレモン汁じゅわっと入れて、ちょっとレモンの皮を削ったのを上にかけてね、で、チーズをしこたまかけて食べる。お嬢さま、好きそうでしょ?
Commented by Miyuki at 2005-02-19 02:00 x
万歳スクリュー、やはし人気だなあ。それで失敗する私って一体(遠い目) レモンリゾット! 名前を聞いただけでよだれが。具は何が入ってるのだろー、食べてみたいよー、お嬢もだよー。
Commented by pannaGO at 2005-02-19 02:25
具はチキンがいいかもなあ~。レモンとチキンの取り合わせって大好きなの(と、押し付けてみる、、汗)。
Commented by senrufan at 2005-02-19 02:32
お、ニアミス~vv 私もその取り合わせは大好きですvv


<< 思い続ければいつか 騒いだ後は >>